ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

遅ればせ レビュー PURESOUND P1424

 すっかりレビューを書くのを忘れていました。



 BABA KINg2のライブの後でスナッピーを換えました。


 以前は Pearl の Ultra-Sound Snappy シリーズの SN-1420D を使用していました。

 スネアとのマッチングも良く、音の歯切れも良いし妙な倍音も出ない申し分ないスナッピーでした。


 練習やライブなどで長い付き合いのスナッピーでしたが、今回のライブ後のメンテナンスで見ると少々くたびれていました。
 ・・・長い付き合いなので仕方のない事です。


 そして今回は少し出音を変えてみようと PURESOUND のカスタムシリーズにしてみました。

 

 型番はP-1424 (14インチ用24本ワイヤー)です。
 ワイヤーの数が4本増えました・・・多けりゃ良い物でもないですよ・・・コレは。
 出したい音で材質やワイヤーの数を選びます。


 で、前回のスタジオで使って来ました。
 コレも素晴らしかったです。
 最初に感じたのは「音が太くなった」です。
 と言ってもシェルの鳴りが太くなる事はありません。
 スナッピーを利かせた時のスネア独特の音(バズ音と言う人もいます)に太さが出ました。


 多分ね・・・。
 ウチのスネアは深さ4インチ。
 人によってはピッコロスネアとしてメインで使う事は避け、サブスネアやパーカッシブな使い方を考えると思うんですよね。
 ピッコロスネアのイメージとして「音が薄い」「音が軽い」「音が浅い」「抜けばかりで鳴りが乏しい」ってのはあると思います。
 でもね、このスナッピーを付けた音のみを聴いて「ピッコロだ」とか「メインは無理」と思う人は少ないと思います。
 それくらいの太さが出ました。


 音が太くなると他の楽器に埋もれてしまいそうですが、そういう事は全くなく、レスポンスが速く粒立ちが良いので楽しく音が出せました。


 張り方はテンションを弱めにしてもルーズな鳴りがしないの緩めにして太目の音を狙う事も可、少々張り気味にして歯切れを良くしても使える音が出ます。


 正直な所、スナッピーでここまで音と叩いた感触に違いが出るとは思っていませんでした。
 最初、標準スナッピーから Pearl の Ultra-Sound Snappy に交換した時も音の歯切れと粒立ちが良くなったんですが、今回は更に違いを感じる事が出来ました。


 今回の2種類を比較すると・・・
 Pearl SN-1420D はシャープ感と抜けがやや勝っています。
 PURESOUND P-1424 は音量・音の太さ・粒の明瞭感が際立っています。
 どちらが上って比較は難しいです・・・好みの差でしょうか。


 標準スナッピーからの分かり易い変化を求めているのでしたら P-1424 は勧めのスナッピーです。 


 ・・・スナッピーと言えば・・・


 一時期スナッピーの固定にテープ(フィルム)を使うのが一般的でしたよね。
 最近はワイヤー(紐)が復活してきていますね。


 何故?
  
 個人的な感覚ではワイヤーの方が繊細な音が出る感じがします。
 ただ、耐久力に欠ける部分は否めません。


 テープはその反対ですね。


 僕はワイヤーを使っています。
 何かの際の予備と「いつか試そう!」と考えているCanopus の CNB(ナイロン繊維のベルト)も用意していますが、たまに取り付けてみるんですが・・・結局ワイヤーに戻してしまいます(慣れと安定に身を委ねます)。


 そういえば昔、「試してみて」と戴いたテープが良かったんですよね。
 糸を何本も横に並べて薄いナイロンテープ(透明)でサンドした感じのヤツでした。
 メーカーとか型番とか覚えていませんが、最近見かけないですね。
 廃盤になったんでしょうかね?
 あったら欲しいです(^^)


 

パーツや色々の交換時期

 色々な物の交換時期について書いてみます。


 〇ドラムヘッド〇
 ・大きく凹んだ時
 ・傷がついた時
 ・相当張らなければ平らにならない位伸びた時
 ・チップの形の凹みがたくさんついた時


 期間的な交換時期(〇カ月に一度とか)はありません。
 練習などなら破けなければ使っていて問題ありません。
 良い音で鳴らす為の交換なので必要以上に神経質になる必要はありません。


 〇スティック〇
 ・折れた時(当たり前ですね)
 ・チップが欠けた時
 ・芯が折れた時(※)
 ・ショルダーなどが割れ(裂け)始めた時


 見た目で分かる損傷が多いです。
 ※気にならなければ使っていても大丈夫です。


 〇ボルト〇(スネアやタム・スタンド類など)
 ・曲がった時
 ・サビが出た時
 ・ネジ山が変形した時


 曲がりやネジ山の変形はボルトを回した時に特定の角度の所だけ重くなるので分かり易いです。
 曲がったりネジ山が壊れたボルトを使い続けるとナット側のネジ山を壊すので早めの交換がお勧めです。
 ※タム・スネアのネジを回す時に重さを感じたとしてもボルトが原因ではない事があります。
  一旦フープを外してボルトを取り付けてみて重さを感じない場合はフープが変形してフープのボルト穴とラグのナット部がずれている事になります。
  その場合はフープを交換するか、一時しのぎでフープのボルト用の穴を広げる方法があります。

 〇バネ〇(ペダル)
 ・サビが発生した時
 ・メッキ剥がれが発生した時
 ・最も縮んだ時コイル間に隙間が出来た時
 ・取り付けフック(リング部)が広がった時


 スタジオの据え置きペダルのバネは結構傷んだモノが多いですね。
 ダメなバネで踏み続けると、そっちに慣れてしまい正常なバネで違和感を感じるようになりますので、そうなる前に交換すべきです。


 〇チェーンやベルト〇(ペダル)
 ・切れた時(当たり前ですね)
 ・チェーンを止めるCリングが飛んだ時(チェーン)
 ・サビが出た時(チェーン)
 ・動作時に異音が発生した時(チェーン)
 ・打痕や目立つ傷がついた時(チェーン)
 ・側端面に傷やささくれが出来た時(ベルト)
 ・カムやベルトへの固定穴(ボルト使用)が伸びた時(ベルト)
 ・部分的に薄くなった時(ベルト)
 ・横幅が細くなった時(伸び始めた時)(ベルト)


 チェーンもベルトも丈夫に作られているパーツですが、丈夫さが故普段のダメージが少しずつ溜っていたりします。
 気づかないダメージが増えると、チョットした事で一気に壊れる事もあります。
 大切な場面で痛い目を見ないように日頃からメンテナンスや清掃・チェックをする事を習慣にしましょう。


 〇シンバルフェルト〇
 ・ちぎれた時
 ・潰れて硬くなった時
 ・少しずつ減って薄くなった時


 薄くなっても大丈夫な気がしますが、薄くなった分シンバルの揺れが大きくなってしまいセンターホール(穴)の変形に繋がります。
 シンバルの寿命を左右する可能性のあるパーツなので注意しましょう。


 〇スナッピー(スネアワイヤー)〇
 ・伸び(一部・全体)が発生した時。
 ・左右の固定部が平行にズレた時
 ・ワイヤーが切れた時(気になる人)


 伸びが発生すると、ビーンとかザーンのような無駄な残響がします。
 ワイヤーが切れたら僕は交換しますが、数本なら気にならない・・・って人はワイヤーの切り口がボトムヘッドを傷めないようにヤスリなどで出っ張りを削りましょう。


 ・・・・この辺が交換機会の多いパーツなのでは?と思います。


 他にも交換可能なパーツはたくさんあります。
 楽器店のサイトなどでドラムパーツなどを探して見ると面白いですよ。
 
 ちなみに都内の楽器店のジャンク品箱を覗いたら・・・・。
 ・DWのペダル用フットボード
 ・DWのハイハットドロップクラッチの「上の部分だけ」
 ・メーカー不詳のフープ各種(プレスフープだけでした)
 ・メーカー不詳シンバルナット(シンバルを留める樹脂製ナット)
 ・チェーン(多分ペダル用・・・メーカー不詳)
 ・卓球のボールサイズのマラカス
 ・ボルト(何用か不明)
 ・スナッピー(メーカー不詳・・・傷多)
 ・・・・・・などなど。
  
 飽きませんね・・・ドラム(^^)

樹木希林さん逝く

 あ~・・・・残念でなりません・・・・また寂しくなるなぁ。
 でも、天寿を全うしたんでしょうね。


 あの人の生き方にはとても共感させられる部分と勉強させられる部分が多かったです。


 希林さん。


 決して大好きな女優としては名前は挙げなかったでしょう。
 好きではありましたが、主演を張ってもらいたいとも思わなかったです。


 あの人は、あの人の在るべき場所に、あの人らしい佇まいでただ生きただけに思います。


 心中は分かりませんが、見る限り「どう見られる」とか「どう思われる」「どう言われる」という事は度外視して、「自分」をどう全うするか・・という生き方をしていたように思えます。


 世間・社会・俗世に慣れると、そういう生き方はとても難しいでしょう。


 夫が問題児(児?)だったりすると世間は色眼鏡で見たり、ありもしない同情の目で見がちですが、希林さんにはそういった事が無かったと思います。
 旦那の事で謝罪した事もありますが、不思議とマスコミの引きも速かったと思います。


 飄々としているようで他人を全く見ていない訳でもない、さりとて余計な口出しもせず誰かに何かを言う事も無い・・・そんなスタンスで長い間芸能の世界を走ってきた人です。


 強い人なんでしょうね。
 自分の在り方、歩き方にストイックだったんでしょう。
 さすがロックローラーの妻です。
  
 僕なんか弱いからすぐ逆らうし(上司に)、時に愚痴をこぼしそうになります。
 考えてみたらそういう大人になりたかった自分は過去にいないです。


 さすがに陰口や噂に混ざるほど落ちぶれてはいませんが・・・あまりね、他人をとやかく言うのも好きじゃないし・・・たまに言う事もあるけど・・・ホントたまに(^-^;。


 ・・・・って考えると気高かったんでしょうね・・・希林さん。


 お疲れさまでした。
 心よりご冥福をお祈りいたします。 
 

メンテナンスの日

 3連休最後の今日はメンテナンスの日にしました。


 まずは自分のメンテナンスをすべく出かけてきました。

 天気が良かったので小田原散策してきました。
 

 小田原城です。
 城と寺社仏閣は大好きです。
 もうテンションがメッチャ上がります。
 仕事でアチコチ行っていますが、ご当地の城と寺社仏閣は必ず見に行きます(^^)
 

 天守から見た伊豆方面です。
 眺望がすばらしかったです。


 街ブラして夕方に帰宅しました。


 


 その後、スネアのメンテナンスをしていました。
 先日ヘッドを張り替えましたが、その時はヘッドの入れ替えだけだったので夏を乗り切った(と思う・・・もう暑いのはイヤです)ので中の清掃も含めて全バラして調整し直しました。


 夢中でやっていたので画像はありませんが、一応解説します。
 この通りやるとテキトーに扱っているスネアの鳴りが増す事間違いなしです。


 <バラシ>
 僕はボトムからバラします。
 まずストレイナーからスナッピー(スネアワイヤー)を外します。
 次にボトムヘッドを外します。
 外すときも取り付ける時の逆順で少しずつボルトを緩めて取り外します。
 フープとヘッドが外れたらトップ側のヘッドも同様の手順で外します。


 続いてラグを外します。
 上下2本のボルトで止まっていますので、均等に少しずつ緩めて外します。


 ストレイナーも同じ要領で外します。


 -----------ここまででバラシは終了です。


 <清掃>
 シェルの中のホコリ(有れば)を取り除いて乾拭きします。
 シェルの外側も乾拭きします。
 もしも何かしらの汚れがこびり付いていた時は薄めた中性洗剤などを含んだ布などで優しく拭き取ります。
 ※ギターのフレット用のクリーナーでも良いかも知れません(予測です)。


 ラグの中(ナット部)とボルト(有ればバネも)をパーツクリーナーで清掃します。
 ラグのナット部はパーツクリーナーを綿棒に含ませて清掃します。
 ボルトはパーツクリーナーを直接噴霧して歯ブラシなどでネジ山を清掃します。
 ※金属製のブラシはメッキに傷を付けるのでお勧めしません。
 ※ボルトに錆が出ている時は交換をお勧めします。
  サビとりを使用してサビを除去してもネジ山が痩せるので緩みやすくなります。
 清掃後はそれぞれのパーツを良く乾かしておきます。


 フープの裏側やヘッドのフープ部などを乾拭きして細かなゴミを除去します。


 ストレイナーのパッド(ワイヤーやテープを固定する部分)の中をパーツクリーナーで清掃し、良く乾かします。
 ※もしもストレイナーに歪み・破損・サビが有った時は交換がお勧めです。
  交換は楽器店に依頼する以外にも、パーツ単位で取り寄せもできるので自分で交換できます。

 -----------ここまでで清掃は完了です。


 <組み立て>
 ラグから取り付けます。
 シェルにはラグを取り付ける為のネジ(若しくはネジ受け)が通る穴が開いています。
 出来る限り穴の中心を通るように位置合わせをしながらユックリとネジを締めて行きます。
 床など平らな場所にシェルをベタ置きして直角定規などをあててネジの中心が垂直に鳴るように調整しながら締め付けて行きます。
 この時、ネジの締め方が緩いと使用中に緩む原因になります。
 また、締めすぎるとシェルを痛めたり変形させる事になるので加減が大切です。
 ↑ の手順で全部のラグを取り付けます。


 ストレイナーも同様に垂直を目処に取り付けます。


 コレはチューニングの際にボルトを締める力が真っ直ぐに掛かるようにする為です。


 トップのヘッドをボルトが指で締められる程度(だいぶ緩い)張って、ボトムヘッドを取り付けてチューニングします。


 ボトムヘッドのチューニングが出来たら、トップ側のチューニングもしてしまいます。


 最後にスナッピー(スネアワイヤー)を取り付けて完了です。


 -----------


 ヘッドのチューニングについて細かく書いていませんが、それはチューニング方法は多種あり、自分が最もやりやすい(音を作りやすい)チューニングを行うのが効率的だと考えているからです。


 ただ、どういう方法でチューニングするにしても「フープ」「ヘッド」「シェル」の中心が一致するよう偏りなく取り付ける事を忘れずに~(^^)です。
 ※雑に重ねてしまうと「絶対に良い鳴りはしません」。

 それと、スネアに限らずタムやバスドラムにも言える事ですが、ボトムヘッドのチューニングで残響の音が決まってトップのチューニングでアタックの音が決まります。
 どういう音程(ピッチ)のアタックが出したいか?残響音はどういう音程にしたいか?をイメージして音を作ると良いです。


 出音はアタックと残響音のマッチングで決まります。
 そこがキチンとバランスの取れている音じゃないと気持ち悪い響きになります。
 俗に言う不協和音のピッチ調整では音が前へ出ないし、響きません。
 基本になるような合わせ方も知る限りありません。


 ある意味完全にセンスの世界です。


 センスを磨くためには場数をこなして経験を積むしかありません。
 チューニングして音を作るのは大変で面倒くさい作業ですが、繰り返して身に付けると貴重な知識と財産になります。
 プロドラマーでもチューニングが苦手な人はいます。
 キャリアや肩書き無関係で通用する人は通用するし、そうじゃない人はそれなりの音しか作れません。
 たくさん経験を積んで身に付けましょう(^^)

今日からスタート

 暗譜した12曲の音合わせが今日から始まりました。
 ライブ翌日ですが町田のクラウドナインスタジオで音合わせしてきました。


 曲は二代目アニメタルの数曲とBABYMETALの数曲です。
 どちらも速いツーバスがついて来る曲ばかりです。


 メンバーは最終的に都内の大学の軽音の生徒さんと20代のメンバーになったようです。
 オッサン一人奮闘してきました。


 曲が速くてツーバス込みとなれば疲れそうな感じがしますが、音量が大きな人達なので抑え無しで叩けるので実は楽だったりします(^^)
 ・・・それでも速いと疲れますがね・・・それよりも抑えて叩くってすごく疲れるんですよ・・・実は。


 それとノリがシッカリと明確な曲が多いので、あんま色々考えなくてもフレーズの組み立ても自然にできるし。


 今回は2時間の練習で3曲を演りました。
 ・・・「3曲だけ?」と思うでしょう。


 後半の30分間は音遊びをしていました。


 メンバーの一人が「何か面白い練習方法は無いですかね?」って言いだしたので、コード展開をブルース進行のループにして 7/8 拍子や 9/8 拍子の変拍子で「アドリブを演る!」という遊びに興じてました。
 メンバーは新鮮な遊びだったようです。


 7/8拍子って何?って方の為に動画を・・・


 上原ひろみさんの Delusion です。

 この曲は7/8拍子と8/8拍子が入り混じっています。


 Gavin Harrison19Days 

 この曲は全般に渡って7/8拍子です。


 平たく言うと7/8拍子は1小節に8分音符が7個しか入らないリズムです。
 Delusionではイントロや途中のアドリブの部分、それとアウトロの手前がそうです。


 7/8拍子は8分音符が7個なので、9/8拍子は1小節に8分音符が9個入るリズムです。


 7/8拍子・9/8拍子どちらもバックビートの位置に規定のような物はありません。
 普通の8ビートなら2拍目と4拍目の頭・・・8分音符の3つ目と7つ目に入るのが一般的ですが、それはポップスやロックの「ある意味常識的なリズム構成」でしかありません。
 もちろんボサノバなどはポップスやロックではありませんので、バックビートの位置が違います。


 で、今日の音遊びはミスもズレも込みで遊びまくりました(^^)
 メンバーは相当楽しかったようで、今後は後半の30分間を何かしらで「遊ぶ」がルーティンになりそうです。



 ちなみに StingSeven Days って曲は5/4拍子です。
 


 プログレッシというジャンルの曲は色々な拍子が入り混じっていてとても複雑なリズム構成になっています。
 バンド構成も大人数から少人数まであり、楽器も様々です。
 楽器の編成からロック(プログレッシブロック)と呼ばれる物とジャズ(プログレッシブジャズ)と呼ばれる物があります。 
 ・・・でも、クラシックなんて曲中で拍子が変わるのなんて、割りと当たり前なんですよね。


 ・・・・あ、脱線しましたが、今日からスタートしたバンド(ではないけど・・・何なんだろ?加入とか組んだとか無いですからね)の初音合わせをした今日でした。


 昨日のライブを終えたご褒美。
 自分は・・・特に無いかな・・・あまり欲とか無いんで・・・。
 あ、新しいデジカメでも・・・いや、それは勿体ない(^-^;


 で、ペダル(!?)にご褒美(^^)

 フットボードの足跡(シール)を付けました。
 いつでもネコが踏んでいます。
 ライブではネコTの僕が踏みます(^^)


 この足跡・・・・

 暗闇で光るんです!(^^)
 面白いですねぇ(*^^*)


 またドラムがチョット楽しくなりました。