ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

唸った!!

 NTTドコモのCMで高畑充希さんが歌う「紅」がホントに上手くて唸りました。
 ってか、上手過ぎて・・・ねぇ。
 ブレスの間とか発声の終わりの声の切れ方を聴くと粗っぽさがありますが、この曲は粗っぽいくらいが丁度よいですよね。
 それと同時にエコー(リバーブ)無し(生声)の歌声だという事がわかります。
 生声でこれだけ安定して声が出せるって、バンドボーカルの手本のようです。
 フルコーラス聴いてみたいです。



 最近最も唸ったのが ↓ です。

 SHOW-YA の HOWEVER (GLAY のカバー)です。
 GLAYの原曲は知っていました・・・というか聴いたことが有る程度の「知ってた」です。
 あまり入って来なかったんですよね。
 メロディーとかはすごく良くてカッコいいのは承知の上でしたが。
 ドラム仲間に教えてもらってSHOW-YAのカバーを見て「こういう曲だったんだ!」って一気に入ってきました。
 SHOW-YA がすごく分かり易くカバーしている事もありますが、歌の説得力がスゴく増したんですよね。(テルのファンの方とテルさん本人ごめんなさい・・・僕にとってって意味です)


 それにしても原曲のすばらしさは目を見張ります。


 バンドでもボーカルバンドの曲はボーカル + バックバンド な音になります。
 バンドらしいバンドの曲はボーカルの後ろで楽器隊がうるさくなりがちです。
 この曲はボーカルがシッカリとたっていて、楽器が出るところはキッチリ出ていて(出過ぎずに)ボーカルとバッキングのバランスがマッチしています。


 割とゆっくりなテンポながらも、お客さんを乗せてステージと客席との一体感が演出されています(この動画では)。
 ロックバンドにありがちな「乗せる=速い曲、もしくはビートの効いた曲」って絵図の欠片も無く乗せている所がスゴイですね。


 SHOW-YAのカバーではオリジナルには無い華やいだ感じや明るさが溢れていて(一応オリジナルPVも見てみましたよ・・・)すごく楽しい気持ちにさせてくれました。


 客前で演奏する時に、あんなに楽しんでリラックスした雰囲気で演奏できて、更にお客さんも楽しくノッてくれたら・・・素晴らしいですね(^^)

今日は質問に答えてみる

 質問のメッセージが Facebook や Twitter などで時々届きます。
 折を見て返信していますが、面白そう(違:ネタになりそう)な質問があったのでココに書いてみます。
 というか、メッセージやコメントって文字数が限られたり書き込み欄が小さくて読み返しづらかったりで思うような事が書けないケースが多いので・・・。


 Q.1
  マイスネアを買おうと思うんですが、スネアってモデルによって音が違うんですか?(だいぶ要約しています)


 A.1
 違います。
 物理学的に考えると違う素材、違う口径、違う深さのシェル(胴)の中での空気の振動(音)が同じ訳がありません。
 ただし、違いを聴き分けられる「耳」は必要です。


 あと、マイクを通してイコライジングされ、時にはエフェクトされた音に明確な違いが出るか?というと、そうでもないです。
 何より音楽を聴く人がその違いに気づくか?となると余程じゃない限りは違いを感じてはくれないでしょう。
 なので、気にする人は拘って選べば良いですし、そうじゃない人は予算や外観、〇〇モデルなどシグネチャー、ブランド名をなどを優先しても良いと思います。
 大切なのは「叩いている自分が納得して気持ち良くプレイできる機材である」って事です。
 ちなみに、ウチの MMX1440 ST/C (メイプル材)とチャドスミスモデル(スチール)では音が全然違います。


 Q.2
 ダイレクトドライブのペダルを使用しているようですが、時々練習でチェーンドライブのペダルを使って使いづらさは無いですか?


 A.2
 無いです。
 ダイレクトドライブを使う前はベルトドライブでしたが、その前はチェーンドライブを使っていましたから。
 ペダルは「慣れ」です。
 僕はどのタイプのペダルも慣れるまで使っていたので、叩けば感触を思い出します。
 それよりも調子が悪いペダルの方が大敵です(^-^;


 Q.3
 上手いな~と思うドラマーは誰ですか?


 A.3
 海外だと断トツで(故)ジェフ・ポカーロです。次点でヴィニー・カリウタです。
 国内ではやっぱ(故)青純さん、それとカースケさん。
 テクニカルなプレイをする人はたくさん居ますが、曲に沿うドラムとなると・・・。


 3問答えた今日でした。

ライブの音作り

 ライブでの音は練習とは全く違います。
 スネアのチューニングからドラムキット・シンバルの叩き方まで変わる事があります。
 それは会場に合わせた音を出すためです。


 例外として、「生音が通用しない会場」があります。
 平たく言うとP.A.がシッカリ音を作って出してくれる会場・・・〇〇会館とかの中ホール以上とか(席数400以上くらい)です。
 そのクラスになるとフロントスピーカーからの出音が完全に生音を上回って客席にドラムキットの生音が届く事は無いでしょう。
 そういう時は「マイクに載りづらい音」以外であれば P.A.さんが音をまとめてくれます。
 ※ちなみに野外ライブでフロントスピーカー4段積み以上になるとフロント出力が2000Wを超えたりします・・・その時のドラム横のモニターは中ホールクラスのライブでフロントスピーカーに使う物だったりします。
 ミキサーさんがしくじると、とてつもなくウルサイ事になりヒドイ目に遭います(^-^;


 難しいのは P.A.が(あまり)あてにならない会場(主に小規模なホール・ライブハウス)です。
 ボーカルはさすがにフロント出力で持ち上げて出してくれます。
 エレキギター・エレキベース・キーボードなどはアンプの出力が高ければ音量調整はほぼ思い通りになります(P.A.出力が小さくても)。
 しかし、ドラムは少々やっかいです。
 会場が狭すぎるとシンバルとスネアがうるさい割にタム類の音が通らなかったりバスドラムがぼやけたり・・・。


 小さめの会場で演奏する時はチューニングと叩き方にすごく気を遣います。


 なので当日会場に入ったら、まず音のチェックから始めます。


 大抵の会場ではリハ前に何かしらの音楽を流して音響設備のチェックをしています。
 最初は、そのBGMを使った出音のチェックです。
 スピーカーからの出音(P.A.さんの音のバランスの好みが分かります)は勿論ですが、その音が会場内でどんな風に聴こえるか?響くのか?廻るのか?高い方が出るのか?低い方が出るのか?あたりからチェックします。


 次はドラムの設置位置の音場。
 ドラムセットに座ってクラップ音(手を叩いた音)を出して響き方を聴きます。
 前後左右の響き、天井や床の響きなどなど。
 ドラムの音は一定のチューニングではない事が多いので、自分の手の音を基準にしています。
 会場据え置きのドラムセットの場合は音作りに限りがありますが(時間的な制約もありますので)、スネアの音はこの時の響き方を基準に作ります。
 


 練習(音合わせ)での音作りは演奏でのバランスも含めておとなしめにしています。
 全体のバランスや進行の確認なので、鳴っている事が分かれば良いです。
 シンバルもスネアも控えめな演奏だしチューニングです。
 ライブではお客さんに音を届けなければならないので、鳴らす所はシッカリ鳴らしてスネアもアタックが聴こえる音にします。


 そのドラムキットを叩く事が演奏ではなく、聴いてくれる人に届いて初めて楽曲として成立する演奏・・・が信条です。
 聴いてくれる人を無視する音ならライブなんてやる必要ないですし。


 肝心の音作りについてですが、お客さんの入りによって音が変わるので一概な基準を書く事は出来ませんが、ドラム周りを含めて響きが大きな会場では余計なミュートはせずにスナッピーが響く感じの音にしています。
 音が響かない会場では、ややミュートをして響きづらい音にしています。


 「逆じゃん?」て思うかも知れませんが、スネアはミュートをすると余韻が消えると同時に音量も下がります。
 で、スネアの響きも通らなくなるので、アタックがキッチリ通る音を作ります。


 響く会場で、響く音を叩くと余韻は他の楽器に埋もれたり、お客さんが多い場合は人に吸収されるので自然とアタック音が通ります。
 この時、逆にミュートをするとスネアの音が詰まった感じになりがちです。


 常に同じチューニングで演奏すると会場によって出音が変わってしまい、結果として同じ音では鳴らない事になります。


 ・・・・こだわり過ぎじゃね?と思うでしょう。
 初めてのライブ(商業施設の催事場)を見てくれたオバちゃんが楽しんでくれて声までかけてくれた事が「ライブは大切」「お客さんは大切」って想いのきっかけで、それが今でも変わらずに僕の中に存在しているんです。


 キャパ数十人の会場、千人オーバーな会場、野外のデカイ会場・・・環境が変わっても僕が変わる事が無い・・・それが僕のドラムなんです(上手い下手は置いといて(^-^;)

バンドに色々思う・・・。

 最近急に勧誘の話が増えています。
 僕の実力とかじゃなく、ネット上のメン募サイトからの「とりあえず音合わせから」的なモノなので今後については互いの判断しだいって所です。


 過去にもいくつか勧誘の話があり、音合わせをしてきました。


 そこで色々思う所があったので、参考までに書き出しておきます。


 まず心得ておくべきことです。


 ・ネット上のメン募、SNSからの声掛けは決め打ちしていない。
  ご存知の通りネット上は不特定多数の登録があるので、自分の事を分かった上で声を掛けてくる人はごく一部です。
  「声がかかる=認められている」という認識は一切不要です。
  せいぜい音楽ジャンルやアーティストの嗜好が近いから・・・って事での声掛けです。
  中には全く縁のない音楽性の人からの誘いもあります。


 ・楽器歴や肩書きは全く関係ない。
  それぞれにキャリアがあり、個性がある世界です。
  楽器歴が短くても素晴らしい演奏をする人もいれば反対の人もいます。


  特に「元プロ」って人は極力一緒したくない人が多いです。
  最初のアクセスでの互いの音源確認の部分で、コチラの音源は確認したがる割に自分の音源は「プロの時代のモノだから」と版権を理由に公開しない人。
  肩書でバンド内でのイニシアチブを持ちたがり、他人のプレイを評価したがるが自身は自分の音でしかプレイしていない人もいました。
  
 ・本当に自分の音が必要か?を考えて加入を決めましょう。
  特にドラムに関して言える事です。
  ぶっちゃけ、ドラマー(人間)じゃない方が良いんじゃないの?と思うバンドはたくさんありました。
  それはドラマーの個性を殺すようなアレンジやアプローチを求めるバンド(バンマス)があったり、どう叩いても無反応なバンドとか・・・。
  前者はドラマーが考えてのアプローチを排除して細かな所まで指示が入る・・・って事です。
  ノリとかリズムの原点を無視したようなアレンジ。
  敢えてのミスマッチを狙っているのかと思いきや聴き直しても違和感しかない。
  どうなの?と思っていると簡単に違ったアレンジへと直しを入れて・・・しかしこれも・・・の繰り返しとか。
  それならドラマーを入れるよりも好きなように打ち込みをする方がバンマスにもドラマーにも良いと思いました。


  この経験で得たのは、自分が楽しく叩けるか?その音がこのバンドに必要か?を考えるべきだ!です。


  ハイハットとバスドラとスネアの音だけが必要ってだけなら、ココを読んでいるあなたや僕じゃなくても良いです。


 ・どうせやるなら互いに納得ずくのメンバーを探しましょう。
  上手くできても失敗しても「このメンバーでの結果なら仕方ない」と思えるバンドが理想です。
  なので、バンドを組む、加入する、勧誘する、それぞれの場面ではシッカリ音と人柄を見極めましょう。


  
  楽しく音を出したいですね(^^)


山野楽器のチューニングキー

 今日は所用で厚木まで行ってきました。
 昼少し前にフォークギターを持った先輩(年齢が)達がたくさん歩いていましたが何かあったんでしょうかね??
 用事のあと厚木ミロードにある山野楽器を覗いて来ました。



 初めてのお店でした。


 品揃えについてはL.M.楽器は薄い印象です。


 ドラムに関してはスティックと小物のみの販売でした。


 スネアもペダルもシンバルも展示品すら無かったです。


 吹奏楽部向けな品揃え・・・な割にコンサートスティックなんかは置いてませんでした。


 木管楽器のマウスピースがたくさん有りました。


 それとウクレレもたくさんありました。


 そこで「激安」と販売されているチューニングキーを発見しました。


 


 ↑ の右側のキーです。
 メーカー不詳。
 同じ形のキーを見た事がないので、どこかのO.E.M.販売品とかでは無さそうです。
 1個216円(税込み)でした。
 Pearl のキーと比較すると高さはほぼ同じです。
 幅は小さいですが、回転時に指がかかりやすいラウンド形状になっているので強めに締めたい時も問題なさそうです。
 ちなみに216円という価格は左側の Pearl のキーの半値以下です。


 それにしても・・・安いですね。
 幅が小さいので、演奏中にスネアのボルトに立てておいても邪魔にならなそうですし、ポケットが小さいスティックバッグ(TAMAのTSB12シリーズとか)でも大丈夫そうです。


 山野楽器・・・面白いですね。
 クラシック(とか吹奏楽)楽器を扱っているお店のドラムコーナーってワクワクします。