ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

ドラム・バンド・音楽・機材そのた雑感をダラダラ書いています。
更新は不定期です。

新学期が始まりましたねぇ・・・

 朝の通勤電車の混雑が始まりました。


 昔から思っていたんですが、ナゼ同じ時間帯なんでしょうかね?


 私立に限りませんが小中学校・高校・大学・専門学校・おおよその企業の通学と通勤時間が割とガッチリかぶってますよね。


 どれかが時間をずらせば朝の混雑はだいぶ解消されると思うんですが・・・。
 例えば学生さんが30分前倒して社会人が30分遅く(逆でも良いですが)すると1時間のズレがだせると思うんですがねぇ。


 遠方からの通勤・通学の人が被るのは仕方ないですが、絶対数は減りますよね。


 都心では乗車率200%超えたりしているよりは少し早く(遅く)して通いやすくする方が疲労も含めて良いんじゃないかなぁ・・・。
 


 ・・・・・・・・今日のドラム日和・・・・・・
 今日は帰宅後にスプラッシュシンバルメンテナンスをしました。
 PAISTE PST 7シリーズ10インチです。

 見ての通り青いヤツです(表側だけ青いです)。
 音が少々重いんですよ・・・コレ。
 で!音を軽く(&明るく)なるように調整しました。
 簡単に言うと「削り」作業です。
 表側は色が着いているので削ると無残な姿になるのが目に見えているので、裏側を削りました。
 削ると言ってもヤスリゴリゴリするわけでは無くコンパウンドで擦り続ける地味な作業です。
 削りムラがあると変な倍音が出るので、少しずつ均一に削って行きます。
 研磨剤がコンパウンドなので目に見えて削れる訳ではありません・・・なのでテレビを見ながら時間をかけてじっくり・・・です。


 軽く叩いた感じではだいぶ抜けが良くなって太い倍音が減少しました。
 あとはスタジオで実際のドラムセットに組み込んで確認です。


 電動工具で削る手もありますが、固定が難しい事と、無理に押さえるとテーパーが狂うのでやりませんし、お勧めもしません。


 ウチのO-ZONEシンバル(SABIAN B8PRO) もこの方法で以前よりもトラッシーな音に変えてサイドシンバルと音の差別化をしています。


 しかし・・・シンバルは弄りに失敗するとほぼ完璧に修復不可能ですので、もしもチャレンジする方は完全自己責任で・・・です。


 それとシンバルは手を入れる場所と方法によって効果が変わりますので、もしも不要になったシンバルがあれば色々試してみると楽しいですよ。

音楽プレーヤーで音が変わるんですね(^-^;

 最近レビューしているイヤフォン OC-HR1
 普段はスマホ(京セラ製)で音楽を聴いています。
 前回の練習の際、スタジオまでの音楽鑑賞でiPodを使ってみたら音が全然違いました(+_+)!!


 ちなみにスマホには音楽再生アプリを2種類入れていますが、特にイコライジングなしで聴くとほぼ変わりの無い音で聴けます。
 iPodはiTunesでイコライジングの設定をしなければ素の音で聴ける(と思います)はずですが低音の広がりが全然違いました。


 物理的にサウンドチップが違う事もあるでしょうが、音の厚さの違いに驚きました。
 ※ちなみにハイレゾ音源ではありません・・普通のMP3です・・と言うか同じメディアファイルです。


 音の好みもあるのでどちらが良いとは言えませんが、同じファイルでも再生機器が違うだけで音が大きく変わるのであれば高級オーディオプレーヤーを購入する人の気持ちが少し解りました。
 あ・・・買いませんよ・・・通勤と移動のみしか使いませんから。


 思えば・・・ですがイヤモニではなく普通のイヤフォンでドラムモニターをして叩いていた頃。
 曲を流しながらの個人練習でiPodではなくiPod nanoを使った日に音量が足りなくてドラムの音量に負けるって事がありました。


 ん~~再生機器の影響って大きいんですね。

歌もの再認識

 度々歌ものが好きだと書いていますが、やっぱり好きです(しつこい)。


 聴いていてピンとくる曲ってのがありまして、歌(詞:言葉)に想いがのっている曲を聴いた時は嬉しくなるし演奏したくなります。


 言葉の力や伝えようとする気持ちって聴いている側に伝わるものです。


 歌詞にメッセージを込めていない曲はほぼ無いと思いますが、歌(メロディー)に込めて歌っていると感じる曲って思ったほど多くないです(個人の感想です(^-^;)
 そして伝わらない歌うたいの曲は1度聴いたらほぼ聴かなくなります


 で、「伝えたい!」とか「私(僕)はこうなんだ!」というのが伝わる曲は良いですよね。


 歌い手さんて芸事という広い目で見た時、演者なんですよね。
 演者とは芸事を人前で披露する人達で、役者さんも歌い手もバンドも楽団もパフォーマーもマジシャンも全部ひっくるめての代名詞的な言葉です。


 歌い手さんは心から詞の内容を思って歌っていれば当然メッセージは伝わるでしょう。
 そうじゃない人、本心は違うところにある人でも演じるのが上手な人が歌えば伝わるものです。


 演じる・・・・これって難しいですね。


 音楽では言葉とメロディーで伝えなきゃならない。
 メロディーに載せる以上はイントネーションに制限があり、顔の表情だって音源からは見えないです。


 メロディーを奏でる事「だけ」が上手でも伝わりません。
 滑舌が良い「だけ」でも伝わりません。
 理屈で説明は難しいですが、人の心を動かす「何か」が無ければ曲(メッセージ)は残らないです。


 流行りの曲が、ブームが去った後でメロディーしか思い出せないとか歌詞が浮かばない・・・これはメッセージが伝わっていない最たる結果です。


 インディーズでも言葉が残るシンガーさんは沢山います。
 バンドボーカルでもソロでもユニットでも。
 オリジナル曲、カバー曲関係なくホントに上手い人っているんです。


 そんなボーカルさんと演ってみたいです。
 どれ程楽しくて気持ち良い演奏が出来るでしょうか・・・想像しただけで嬉しくなってきます。


 来たれ魂のボーカリストさん!
 年齢性別経験不問です。
 アマ指向でもキチンと演りたい人。
 只今絶賛サポート及び勧誘受付中です(^^)


 っていうか、OURSOUNDSで連絡取り合ってナシのつぶてになる人多すぎです。
 雑談したいならそれなりで良いですが、冷やかしで声掛けするのはダメですよ!
 人を大切にできない人は音楽も大切にできません
 なぜなら、音楽は人が作って人に聴かせるものだからです。


 あぁ・・良い歌い手さんに会えないかな・・・。

スタジオ練習・・・スタジオ・・・

 今日は・・・というか今日も横浜セーラスタジオで叩いて来ました。
 日々(ほど頻繁じゃないですが)鍛錬です・・・楽しいですからね。
 


 今日のセットです。
 今日はチャイナではなくスプラッシュを登場させました。
 面白いのはシンバルがSABIANYAMAHA(Zildjan)PAISTEとメーカーがバラバラだった事です。
 ひと月ばかり前からセッティングを変えました。
 タムの高さと角度を。
 高さを少し上げて角度を(以前よりも)水平に近くしました。
 以前はあまり好きじゃなかったんですよね、タムを高くするのって。
 肘が上がるし、脇が広がり気味になるので・・・。
 しかし Pearl のセットだと深めの胴が多いので、どうしても高くセットせざるを得ない事が多いです。
 で、水平については元々水平が理想なんですよね。
 スティックの軌道を考えれば一番素直なヒットしますし、素直にヒットすれば跳ね返りも当然良くなります。


 なので、タムの高さを上げたついでに角度も変えようと・・・。
 フォームも少し変わりましたが、コレに慣れればセッティングが苦手な Pearl のドラムにも対応できるようになります。
 

 
 今日も Gibraltar はご機嫌な使い心地でした。
 セッティング変更の時期に使い始めたMJC4もバッチリでした。


 スタジオと言えば・・・ですが。


 OURSOUNDSで声掛けてもらった人がブログを読んでくれたようで、ゲートウェイスタジオが終わった事をメッセージに書いていました。
 ゲートウェイスタジオを使っていた人達は今どうしているんでしょうか。
 クラウドナインスタジオへ移ったんでしょうか・・・。
 クラウドナインスタジオは以前からネット予約などで比較的早い段階で予定が埋まっていたんですが、使えているんでしょうかね。


 横浜は人口の割に練習スタジオが少ない感じなんですよね。
 それでも近隣の街に大きくないですが所々にあったりするんで、そっちに移ったのかな?


 重ね重ねゲートウェイスタジオが無くなったのは残念ですね・・・都内には数か所あるようですが、都内での音合わせはペンタを使っている人が多いし自分で選ぶならノアを使っているので中々足が向かないです(^-^;


 ↓ は僕がお世話になっているスタジオです。
 機会があったら利用してみてください。



 個人的に利用する機会は少ないです。
 都内で音合わせをする時の利用頻度は高いです。
 どこのスタジオも混んでいる印象で、それだけ使いやすいのかも知れません。
 ドラムの手入れは普通・・・かな。



 凄く手入れの行き届いたキレイなスタジオです。
 アキバ店ではドラムの横の壁にマイクロミキサーとメトロノームがセットされていて個人でもバンドでも打ち込み同期でも普段通りの荷物量で済むのは便利です。
 ドラムの手入れはチューニングも含めて良いです。
 ※前の利用者が妙なチューニングをしていない場合のみ(^-^;
 


 横浜店でお世話になっていました。
 都内のテンポは利用していません。
 同じ感じの手入れ状況であればキレイで使いやすいと思われます。



 主に個人練習で利用しています。
 桜木町駅に近いので便利です。
 野口さん(菅沼さんのトコで講師やっていた方)から豆知識を得る事が多いです。
 現在もスクール講師をやっています。
 若手女性ドラマーの「むらたたむさん」も講師をやっているようです。
 昔ながらのスタジオの雰囲気です。
 ドラムの手入れは、経年なりの傷みなどありますが、音はシッカリ作っています。
 ※前の利用者が妙なチューニングをしていない場合のみ(^-^;


 川崎に住んでいた時に個人練習でお世話になっていました。
 ココも昔ながらの佇まいです。
 川崎では老舗の音楽スタジオのようです。
 駅からのアクセスも良くて便利なスタジオです。
 ドラムの手入れは・・・普通です。

杏子さんは詞の天才

 歌モノが大好きです。
 しっかりと言葉がのった曲は憧れてしまいます・


 そんな曲が何曲かありますが、杏子さん(元バービーボーイズ)の歌詞はとても魅かれます。


 特に好きな曲に「遺伝子の宿命」があります。


 所謂ラブソング(敢えて言うとですが)圧倒的なスケール感がありながら、芯の部分は人間の中にありながら誰にも変えられない・逆らえない宿命だという哲学的な歌詞です。


 この世界観は一発でやられました。


 もう一曲 「未来世紀(秘)クラブ」です。


 これもある意味ラブソングです。
 打算や駆け引きばかりで見失った真っすぐな愛は人の中にきっとある・・・的な歌詞です。


 風刺なのか自身が実感している事なのかはわかりませんが、心とか計算の前に人として・・・もしくは生き物としての本能が愛になるって思考(発想)は目からうろこでした。


 (ある意味)ラブソングを2曲紹介しましたが、杏子さんのスゴイ所は本能だったり宿命だったりするが故に理屈や倫理的にはダメになる恋や愛もある事をキチンと歌っている(そういう曲もある)事です。


 杏子さんの歌から垣間見える人の弱さ(凄さ)。


 人も動物です。
 しかし理性や倫理があり本能のままには行動できません。
 けれど人同士が向き合い・触れ合う時には稀に理性や倫理観を超えた行動をしてしまう事もあります。
 それは気持ちなのか?打算なのか?それとも本能なのか?宿命なのか?
 誰にも分かりませんが、誰にも起こりうる事です。
 それは強い人でも弱い人でもありえます。
 そういう部分までひっくるめて誰かを想う気持ちや触れ合う嬉しさを歌っている所(キレイ事ばかりじゃない事実)がスゴイなぁ・・・と感心してしまいます。


 飾ったり作ったりした世界観も良いですが、人間という生き物に踏み込んだ世界観に圧倒される事が多いです。


 最近はあまり聴かなくなりましたが、時々思い出したように聴きたくなる杏子さんでした。