ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

新潟での週末。

 明日は久しぶりにスタジオです。
 新潟デビューです(^^)
 
 仕事から帰ってスタジオの予約や場所などを確認して、持ち込む機材の準備していました。
 明日は雨の予報なのでペダルは留守番にして、スタジオレンタルする事にしました。
 
 明日の演奏はインプロと現場で話して共通して出来そうな曲の即興インストで音出しする予定です。
 ってか、曲とか話を詰めてないので流れ次第です。
 
 ワクワクしています(^^)
 
 スタジオのレビューなども明日書きますね。

ドラムの「ド」

 「ドラム、なぜ叩くの?」と自問自答する事があります。
 基礎練習やスタジオの個人練習で難題を抱えた時、も~スゲー大変で「あれ?どうだっけ?」とか「いやいや何か違う!」・・・ならまだしも、「も~足が限界!」とか「手の甲がつりそう!」って身体的な限界を感じた時に「なんでこうまでした叩くんだろ?」と。
 歳も歳だし、そろそろ出来る事だけやって落ち着くって手だってあります。
 速さだって難易度だって楽に出来る曲はいくらでもあります。


 それでも挑んでしまいます。


 自分のどこかで「叩けるようになりたい!」って欲というか気持ちがずーっとあるんです。


 苦もなく叩いていると誤解している人もいますが、苦も無く出来る程簡単な事はやっていません。
 叩けば叩くほど、音的に単純なら単純なほど難しく思えます。


 年齢と共に無意識で出来ていた事が意識しなきゃ出来なくもなっています。
 そうなると意識と思考を次へ次へと先送っていなければ曲に置いて行かれます。


 何となくノれて叩けていた曲に全然ノれなくなったりもしています。
 ノれない曲をリズムマシーンやメトロノームのように叩くのは結構苦痛で難しいです。


 それでも叩くんですよね・・・僕は。


 自分のドラムの伸びしろも見えていますが、だからと言って妥協したり諦めるくらいならドラムの一切合切を辞めます。


 ドラムを叩く事、曲を演奏する事が好きで続けているので、そこを諦めたらドラムに関わる意味が全く無くなるんですよね。


 そんな事を考えていて気付くんですが、ホントに好きなモノってズルズルと引き摺るんじゃなく、キチンとカタを付けたくなるんだな・・・と。
 もちろん個人差はあるし、ズルズルって表現では無くライフワークのようにユックリと継続するのもスタイルです。


 でも僕は「叩く事」「鳴らす事」「奏でる事」がドラムの全てで、音楽とガッツリ向き合う事が楽しさの原点なので演奏を諦める状態になるなら終わっても良いかな・・・。


 そういう事を全部ひっくるめて、練習パッドやドラムセットに向かって叩く「その一打」と「叩きだされる音」がとても楽しみで尊いモノだったりします。


 週末には新潟のスタジオデビューです(^^)
 どういう一打を叩く事ができるのか?がとても楽しみです。


 世間的な評価が「下手くそ」でも「プロ級」でも一打を叩く瞬間の気持ちは変わらないはずです。
 その瞬間の気持ちはキラキラだったりワクワクだったりドキドキだったり(^^)
 そういう気持ちを持ち続けていたいし、それがドラムの原点です。


 難問にぶつかって何度失敗しても諦めていない今はまだ「原点」が残っているんだと思います。


 「原点」・・・持ち続けましょう(^^)


シングルストロークの練習

 最近ネタ切れを誤魔化すための練習メニューが多いですが、今日も楽譜です(^-^;


 今日はシングルストロークのアクセント練習メニューです。
 まずはオーソドックスなアクセントの移動から。

 アクセントの位置が16分音符1つずつ後ろ移動するパターンです。


 次は・・・

 アクセントを16分音符2連打にしてコチラも1つずつ後ろへ移動するパターンです。


 そして今日の最後は ↑ を複合するパターンです。

 アクセントが1つから2つへ、そしてまた1つから2つ・・・・と後ろへ移動するパターンです。
 1打アクセント・2打アクセントそれぞれ繰り返しての練習では「慣れ」「惰性」で叩いてしまいがちで、その中には無意識に甘い所も出やすくなります。
 交互に混ぜて、その中に規則性を持たせると適度に頭を使うので多分新鮮に叩けると思います。
 叩きながら次の事を考えるクセがつき、そのクセはセットドラミングの際のフィルインなどでも活用できるのでお勧めの練習です。


 今日のまとめ楽譜はココからダウンロードできます。
 ダウンロード期限は1週間です。
 ダウンロードパスワードは「0101」です。


-----------
 今月も残すところ約半月になりました。
 チト早い気がしますが、年末年始休暇などが始まるので今年を実感できるのはそれくらいじゃないかと・・・・。
 平成最後のクリスマス・年末・年始がやってきます。
 今は平和な時代なので年号に強烈な印象はイマイチないかなぁ・・・。
 個人的に平成って不景気だった事くらいしか印象にありません。
 ※バブル景気が崩壊したのが平成3年の2月説なので、その後庶民レベルで好景気ってなかった印象なので。
 来年は~と言う前に今年の残りの日も精一杯自分らしく生きましょう!


 それにしても・・・昭和生まれは3つめの年号を迎えるわけですか・・・。 

スティックのレビューの事

 スティックについて書いてみます。


 チップの形状や各部の名前についてはアチコチのサイトに上がっているので割愛してスティックレビューに書いている言葉などについてです。


 例えば・・・・・


 


 径: 13.5mm
 全長: 403mm
 チップ材質: Wood
 チップ形状: Barrel
 材質:メイプル
 トーン:高め
 バランス:中心寄り
 ・・・って書いたりしています。
 径は直径です。


 全長は読んで字のごとく長さです。


 チップ材質は最近ではナイロンチップ・アルミなど金属系があります。

 特に表記の無いモノは本体と同じ材質のモデルです。


 チップの形状はアチコチにあるので割愛します。


 材質はオーク材・ヒッコリー材・メイプル材などが主流ですが、カーボンや金属製品などもあります。


 トーンはスティックそのものの鳴り(音)の高低の事です。
 あまり着目されない項目ですが、録音する際などには微妙に影響する事もあります。
 ただし、スティックのトーンによってドラムキットの音が劇的に変化する事はありません。
 判断基準は一つの練習パッドを数種類のスティックで叩いた時に音が違うはずです。
 その「違い」です。


 バランスにつては、スティックの重心がどの辺りにある(感じがする)か?です。
 同じ長さと太さ・チップ形状であればショルダーが短いモデルの方が重心が先端寄りになりパワーが出やすい傾向になります。
 


 この中でトーンとバランスについては、同じモデルでもバラつきがあったりします。
 バラつきの理由はスティックを切り出す際に使われている原木の部位による違いが大きいです。
 木を切った際に切り株(若しくは断面)には年輪が見えます。
 年輪の輪の間隔が短い方が重くて硬い材質になり、広い方が軽くて比較的柔らかい材質になります。
 たまたまスティックに使われる為に切り出された部位が年輪の中心寄り(芯材)と外側(辺材)では重さが変わります。
 重くて硬い材質と軽くて柔らかい材質の木を叩いた時に出る音は当然違います・・・コレがトーンの違いです。
 そしてバランスも然りで、木の年輪は真っ直ぐに貫かれている訳ではありません。
 成長過程での日照時間の違いや太陽の高さによって微妙に波打ちながら伸びています。
 芯材と辺材の大きな違いは密度が違います。
 その中で密度の濃い部分がチップやショルダーに多く含まれると先端寄りなバランスになり、密度の薄い部分が真ん中からグリップ側に多く含まれるとスティックの長さの中心よりの重心になります。
 先端側に重心がある個体はパワーが出しやすく、中心側にある個体はリバウンドしやすい傾向にあります。


 PROMARK の Select Balance シリーズは機械で重さとバランスの近い個体をマッチングしているので予め好みのバランスのセットを選ぶことができる上にセットになっている2本でのバラつきはほぼ無かったりします。

デジカメの中(ドラムネタなしです)

 以前使っていて一時期手放したコンパクトデジカメ 富士フィルムの F900EXR の使い勝手がスゴク良く、1年前に再度購入しました。
 既にディスコンだったので中古でしたが。
 
 街中のスナップやズーム機能を使った遠景の撮影(月とか)でとても重宝しています。
 
 昨日の事ですが、雪山を撮影して帰宅。
 SDカードをPCへ挿し込んでデータを取り込みました。
 カードをデジカメへ戻し忘れて窓からの風景を数枚撮って再度PCへデータ移行しようとするとデジカメのカードスロットが空!
 
 PCに挿していたSDカードをデジカメへ挿し直してデジカメのメモリからSDへデータを全部移して再度PCへ。
 
 PCに取り込んだ画像に見慣れない景色が数枚・・・。
 
 よく見るとどこかのお店のバックヤードの景色。
 棚が並んでいて壁には注意事項とか方針的な事が羅列されています。
 
 見た事のない景色・・・。
 ショップの店員さんがテスト撮影したモノだと思われます。
 
 ただ・・・・このデジカメ購入したのはカメラのキ〇ムラですが、バックヤードの景色は明らかにソフ〇ップ(壁に貼られた紙に店名がありました)。
 
 一体何人のオーナーが使ったデジカメなんだろう?
 ってか・・・・そういうデータは残してちゃダメでしょ(^-^;