ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

ドラム・バンド・音楽・機材そのた雑感をダラダラ書いています。
更新は不定期です。

ハードウェアの扱い方

 スタジオへ入ってスタンドやホルダーが傷んでいて困る事が多々あります。


 打痕などは何かしら機材同士が当たった事が原因だと思います。
 これ自体で僕若しくは他の利用者が困る事は少ないと思います。
 わざとぶつける人もいないでしょうから、事故でしょう・・・事故はある程度は仕方がないです。


 もっとも困るのがチルトやホールド部分など調整部分の傷みや故障です。
 傷む最大の原因は過度な締結です。
 簡単に言うと「締めすぎ」です。
 手で緩まない程の締め付けはNGです。
 軽く締めたはずなのに手で緩まないモノは壊れかけ(おかしな歪みが出ています)ですので、スタッフへ報告しておきましょう。


 締めすぎがNGな理由を説明すると・・・
 楽器も工業製品です。
 工業製品は設計段階でその部分にかかる負荷を計算した上で部品の太さ・厚さなど強度計算し、それらを固定するに必要な締めつけの力を求めます。
 その上で締め付ける力に十分なネジの太さや種類を選択します。


 もちろん永遠に維持できるものではありません。
 樹脂製品も金属製品も消耗します。


 そしてウィングボルト(蝶ネジのようなボルト)を普通に手で締めれば固定に必要な締めつけ力が出るように作られています。


 その部分を必要以上の力で締めると、まずネジが傷みます。
 ネジは太さや材質によって発揮できる能力と締め付け力(締め付けトルク)への耐久性が決まっています。
 必要以上の力で締めるとネジの芯が伸び、ネジ山が減ります
 結果・・・緩みやすくなります
 で、緩みやすくなると「緩まないように!」と更に締め付ける人が出てきます。
 ・・・・これが悪循環①


 そして、ネジではなく締め付ける側と締め付けられる側・・・ホルダーのシャフト部も傷みます。
 締め付け部を見ると分かる通り、締め付ける側は真円(均等な円形状)に力が加わる訳ではありません。
 大抵は楕円、若しくはごく一部が押し付けられる形で押さえる仕組みになっています。
 そこに想定外の力がかかれば、締め付けられる側のシャフトや球が変形します。
 締め付け(固定)は摩擦力を利用していますので、変形によって接触する面積が減ると摩擦力も低下します。
 その結果・・・・また緩みやすくなります
 そしてまた「緩まないように!」と猛者が締めます。
 ・・・・これが悪循環②


 「そんな事言ったってシンバルを叩いたら斜めになる!」って人はセッティングがダメな可能性があります。
 シンバルは自分に対してまっすぐにブームスタンドが倒れるようにセットし、チルター(シンバルを乗せる部分)もまっすぐに自分へ向かうようにするのが基本です。
 セットするキットの数にもよりますが、普通にスタジオ据え置きの機材で済ますなら基本通りにセットできるはずです。
 そうじゃなかったとしても、シンバルを鳴らすのに必要な力で叩いている分には傾く事は無いはずです(既に壊れているスタンド類は別です)。
 シンバルの耐性以上の力で叩いている場合は傾くでしょうね。
 シンバルも楽器ではありますが、工業製品なので・・・以下略。


 これらはタムホルダーやハイハットスタンドにも言えます。


 みんなで使う機材ですので、お互いに長く使えるような使い方を心掛けましょう。

大阪の地震

 まず・・・・。
 今日の朝、大阪地方を中心に大きな地震がありました。
 幸い僕の街には影響がなく報道で被害と影響の大きさを知りました。
 被災地域の方々の無事と安全を祈ります。
 運悪く被災され、亡くなられた方のご冥福をお祈りします。
 また、ケガなど受傷された方の一日も早い回復をお祈りします。
 今現在無事で過ごされている方々は交通やライフライン等不便も多いかと思いますが、気持ちを強く持って今日を生きてください。


 2018年6月18日に大きな地震があった事、被災された方がいた事を忘れないようブログに残しておきます。
 復旧支援などを見かけた時には協力します。
 
 こんな大きなニュースがあり、ココに書いた後でドラムの事を書くのは不謹慎かと思いますので、今日はドラムブログはお休みします。
 
 明日からまた書きます。

日曜日

 最近チャリンコの前輪の空気が少しずつ減る。
 2~3日で1/3くらい減る。
 パンクかな?と思い近所のチャリンコ屋に相談に行ってみた。
 多分虫ゴムの劣化が原因との予想。
 確かに劣化して引っ掛かり側が断裂していました。
 心配ならチューブ他の点検をするが、点検料800円かかるとの事。
 あんま惜しい金額でもないけど、虫ゴムの交換で様子見を勧められたので今日は虫ゴム交換のみで終了・・・闇雲にお金のかかる作業を勧めない良心的なお店です。


 最近とても運動不足です。
 体型が細いので誰かに運動不足を察しられる事は無いですが、自覚はあります。
 ドラムと同じくらい「カメラ」も趣味で風景や建物・寺社仏閣・城を撮って楽しでます。
 撮影に出ると「とにかく歩きます」。
 そして近場ならほぼチャリで移動します。
 なので下半身はそこそこ運動していますが、上半身がダメですね。


 最近は新しい職場の事に追われて帰宅後はグッタリしつつも引っ越し後の後始末に追われる毎日です・・・。
 で、ペットボトル柔軟もしていませんでした。
 一念発起して「運動再開!」と思いました。
 ただ、いきなり運動するのは非常に危険な年頃なので「まずは柔軟から」です。


 「何の話?」と思うでしょうね。
 ここの所ドラムを叩いていて左手がイマイチなんですよ。
 何か「硬い」。
 思い返して「運動不足=柔軟性の欠如」にたどり着いた訳です。


 で、まずは手首の柔軟から始めました。
 最初は「苦手な動き」を探す所からです。
 方法は簡単で、手首パタパタです。
 子供とかが鳥の真似をする時に手首から先をパタパタ動かすアレです。
 ドラムセットに座ってスネアを叩く角度と同じように腕を準備してパタパタします。
 この時あまり勢いを付けるとケガの原因になるので適度な速度でやります。
 関節が硬くなっているとぎこちない動きになります。
 手首の力を抜いて最初は手の甲を上に向けパタパタ。
 次は手の甲を外側に向けて横方向にパタパタ。
 最後に手の甲を下にしてパタパタ。
 1周目は両手を同じ動きでやります。
 2周目は交互の動きになるようにやります。


 苦手な動きの時は手が真っ直ぐに動かずブレたり斜めになったりします。


 苦手な動きが見つかったらその部分だけ長くやるようにしてパタパタを繰り返します。
 これが柔軟体操になります。


 あ!パタパタ柔軟の直後はスティックを使った練習は避けましょう
 多分、握力が無くなっていると思います。


 無理な力や動き、余計な道具を使わなくても手首の柔軟はできます。


 ※痛みや違和感を感じたらやめましょう。
 ※手首や肘などに日常生活に支障が出るくらいのケガの既往歴や何らかの障害がある人はやらないでください。


 スティックを使った柔軟(打楽器奏者がやっているヤツ)もやりたいトコですが、五十肩の為できません(^-^;


 運動再開・・・な日曜日でした。

解説の解説

 ブログでスティックやシンバル・スネアなどのレビューと説明を書いたりしていますが、イマイチ分かりづらい・・・と言われました。


 出来る限り分かり易く・・・を心掛けていますが、まだ不十分な所があるようです。


 で、補足してみます。


 Q
 スティックレビューでサイズ・材質の次に書いている「ピッチ」「トーン」って何?
 A
 スティック自身の音の事です。
 長さや太さ、材質や形状でスティック自身の出音が変わります。
 出音が変わればドラムキットの音も変わります。
 例えば1つのタムを別のスティックで叩くと違う音がします。
 音量の大小だけではなく、音の高低も変わります。


 ・・・と言ってもイマイチ分かりづらいかも知れませんね。
 では、同じスネア、同じスティックで試した例を・・・。
 オープンリムショットで叩いた時、センター付近を叩いた時(スティックを深めに入れた時)と手前側のリム近くを叩いた時(スティックを浅く入れた時)では音が違います。
 センター付近では「タン!」とか「バン!」って感じの音がしますが、リム付近だと「カン!」って感じの甲高い音がします。


 オープンリムショットではスティックのリムに当たっている部分からチップまでの音が鳴ります。
 センター付近を叩く時はおおよそスティックの半分の長さが鳴っている事になります。
 一般的なスティックなら20cm前後ってトコでしょう。
 対してリム付近を叩く時はせいぜい4~10cmくらいの長さが鳴っています。
 木琴などを想像すると分かりますが、鳴っている木の部分が短い方が高い音がします。
 スティックも又然りで、鳴っている部分が短い方が高い音がします。
 なのでスティックを浅く入れた(リム付近)の方が高い音で鳴ります。
 ・・・こんな感じでスティックのトーンがドラムキットの音に影響する事が分かります。
 あ!リムに近い所を叩くから甲高い音って考えた人もいるでしょう。
 それは残念ながら外れです。
 試しに長いスティックのグリップエンド端ギリギリを持って奥側のリム近くを叩いてみると分かります・・・甲高い音は全然しません。


 ↑ の話は極端にトーンを変えた例ですが、少なからずスティックがドラムの出音に影響する事が分かると思います。


 Q
 ドラムメーカーによって音の違いってありますか?
 A
 ↑ はスネアのレビューやスタジオで叩いたドラムセットの感想からの質問です。
 答えは「あります」
 胴の素材やプライ数、フープ・ヘッドの種類の組み合わせで音が変わります。
 メーカーによって材質の産地や音作りのコンセプトも違うので違いがあって当然です。
 但し、スタジオのドラムセットは傷み方がヒドイ物もありますし、ヘッドがスタジオ毎に違ったりしているので同じ条件での比較をして書いている訳ではありません。
 それでも胴の鳴り方や響き方でおおよその傾向が分かります。
 また、同じメーカーでも違う材質やプライ数のモデルがあるので当然同じメーカーでも音の傾向が違うドラムキットがあります。
 但し、実際の演奏で胴鳴りまで活かせる演奏が出来るか?って現実問題もあります。
 実際にライブやレコーディングでは「ほぼ」ヘッドの打音だけを拾ってエコーやリバーブで残響を作っている事が多いです。
 なのでホントの出音は叩いている本人の好みと満足だけのモノになりがちです。
 そこを理解した上で自分の好きなドラムキットやスネアを選ぶのが吉です。
 

 ↑ はTAMA の Starclassic(スタークラシック)です。
 直近で一番好きな鳴り方をしてくれたドラムです。
 TAMA はタム類のセッティングの自由度が高い所が好きです。


 ・・・・とりあえず、今日は2点のみの補足でした。
 機会があれば他のもしてみます。
 質問等々あればお気軽にコメントください。
 


・・・・雑談・・・・


 いつもブログを書き終えるのは深夜です。
 中々大変・・・・。
 夜も更けて一人の部屋でコーヒー牛乳を飲みつつ「明日も仕事だぁ」とか考えながら誤字チェックとか変な文章じゃないか?とか考えてます・・・それでも変な文章になってたりします。
 書いている最中は一切の情報から遮断しています。
 テレビも消し、音楽も聴いていません。
 テレビが気が散って書き終わらなくなるし、音楽もノっちゃってダメですね。
 今日もあと少しで明日になります。
 明日は日曜日・・・もう少し夜更かししようか・・・それとも寝て明日は早起きして何かしようか・・・と思案の最中です。

スティックの握り方

 世間的(ドラムが世間一般の常識か?は置いておいて)に大別して2通りの握り方があります。
 1つはトラディショナルグリップ(レギュラーグリップ)と呼ばれるモノ。
 もう1つはマッチドグリップと呼ばれるモノです。


 トラディショナルグリップというのは「マーチング」などで多用されている左手の甲が下側になる持ち方です・・・ジャズのドラマーさんにも多いです。


 マッチドグリップは更に微細化されていて・・・。
 ・ジャーマングリップ(手の甲が上になる持ち方)
 ・フレンチグリップ(親指の爪が上になる持ち方)
 ・アメリカングリップ(↑ 2つの中間)
 ・・・・・です。


 ポップスやロックでセットドラミングをする人にはマッチドグリップが一般的のようです。
 トラディショナルグリップが一般的ではない理由は諸説あります。


 で、マッチドグリップを3通りの持ち方に分けましたが、厳密なルールや規定がある訳ではありません。
 アメリカングリップの幅が広い(手の甲や親指の爪の角度は個人差があります)ですからね・・・微妙に上じゃなかったらどうなの?ってなるし。


 まぁ・・・そんな感じで握り方が分かれています。


 では、握る位置は?
 僕の時代の教則本ではグリップエンド(根元=チップの反対側)から1/3くらいの位置を人差し指と親指で握り、残りの指は添える程度・・・と書かれていた気がします(^-^;
 確かにスティックが反発しやすい位置です。


 パワーヒッターの人はグリップエンドぎりぎりを握る人が多いです。
 メリットとしてはスティックの全長を使えるのでチップに遠心力がかけやすく大きな音が出しやすいです。
 デメリットはステックの反発を抑える持ち方になるので、速いパッセージやダブルやトリプルがしづらいです。
 ※例外的な人も稀にいます。


 速いパッセージやスティックワークを駆使する人は↑ の教則に近い位置を握る人が多いです。
 メリットはそのまんまです。
 デメリットはパワーが出しづらいです。


 先日ブログに書いた 川口千里さんはリズムを叩いている時はグリップ側を握って、速いフレーズを叩く時は短めの位置へ握りを移すそうです。


 昔の僕はグリップエンドぎりぎりを持っていました。
 ダブルとかは使わなかったですし、どうしてもって時は「フンッ!」って気合を入れて速いシングルを叩きこんでいました。
 今は1/4くらい・・・上に書いた中間くらいの位置を握っています。
 フレーズや速さで握る位置を変えたりはしません。
  
 どういう握り方で、どこを握るか?は目標にするスタイルで選択すると良いでしょう。


 ※上記の解説は目処や理論であって必ずしも実行してすぐに体感できるという訳ではありませんのでご理解ください。

 握り方について詳しく書かれているページを紹介します。

 ↑ のページはドラム・パーカッションについて総合的な解説などをしているサイトです。
 基礎練習のメニューなども楽譜付き(時には動画もアリ)で紹介されていますので、時間がある時にでも見てみる事をお勧めします(^^)