ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

自分の楽器は持つべきか?

 持つ(買う)べきか? 無くても良いのか? 買う必要は無いのか?についてです。
 多分長文になると思います。


 やっぱ楽器を始める、続けると自分のが楽器が欲しくなるものです(多分)。
 何を選ぶ?ってテーマは以前にやったので、今回はその前段階のテーマで書いてみます。


 楽器・・・楽器・・・楽器?・・・範囲が広いので本筋をドラムに絞りますね(^-^;


 まぁスティックは無きゃダメです、絶対に用意してください。


 それ以外の機材についてですが、スティックの次に必要性を感じるのはペダルかスネアだと思います(稀にシンバルって人もいますが、後で書きます)。


 まずペダルについてです。
 購入するメリット
 ・いつも同じコンディション(踏み心地)でプレイできる。
 ・自分好みのセッティングが作れる(調整や部品交換などで)。
 ・トラブルに備えて予備のパーツの準備ができる。
 ・・・・ってトコでしょう。


 デメリット
 ・慣れすぎると他のペダルで違和感を感じる事がある。
 ・プレイする際に常時使うとなると運搬が案外大変。
 ・買わない事と比較すると出費がある。
 ・自分でメンテナンスしなきゃならない。
 ・・・・まだ有るのかな?・・・多分ここいら辺でしょう。


 最初に頭に入れて欲しい部分ですが、ペダルを持ったからと言って上手くなる訳ではありません。
 常に同じ感触で踏めるので足の使い方のイメージはしやすくなります。
 そのイメージ通りに足が使えれば思い通りのプレイになりやすいです。
 ペダルはイメージ通り足が使えた時に、そのイメージを音として具体的に表現できるように調整します。
 そういう調整にしたい、若しくは調整を覚えたいって人は是非購入すべきです。
 その為に調整機能が付いたペダルが販売されている訳ですから。
 そうじゃ無くても、バネの張りやビーター・フットボードの角度など、慣れた踏み心地で演奏したいって事も十分な購入動機になると思います。


 時々ペダルを選ばないでもプレイできる技術を身に付けるべき、故にどのペダルでも同じプレイが出来るべき、なので購入の必要は無い・・・って極端な意見を見かけます。
 前半のペダルを選ばない技術については同意できますが、その話と自分のペダルを購入する事は別の話です。(キチンと切り分けて説明している方もおります)
 「踏んで音が出りゃ何でもイイ」って物でもありませんからね。


 雑にまとめると不要と思う人は買わなくても良いですし、どういう動機であれ欲しいと思う人は購入すれば良いでしょう。
 特に趣味の人は自分の機材を持つ事も気持ちを充実させる要因になりますからね。


 反対に最近のスタジオは普通の演奏に支障がでるような傷んだペダルを据え置きにしているトコは余程じゃない限りは無いです。
 ペダルを持っていなくても困る事はあまりないです。
 ツインペダルだって無償有償問わずレンタルしているスタジオは多いですしね。


 ただ、購入を迷っている人は買っちゃダメです。
 買うならキチンと決めてから買うべきです。
 


 スネアについて
 メリット
 ・自分の好みの音が作れる
 ・チューニングの勉強になる
 ・ヘッドやシェルの種類による音の違いが分かる
 ・その他いろいろ・・・触ってみて理解できる事が多い。


 デメリット
 ・移動の時重い。
 ・購入コスト(非購入との比較で)
 ・メンテ自分
 ・・・ペダルと一緒ですね。


 これこそ考えちゃうモノかも知れません。
 スタジオ練習でスネアの音に拘るってとても稀だと思います。
 殆どのアマチュアバンドはスネアというか、スナッピーが鳴ってさえいれば問題なく練習ができます。
 何ならスネアが違ったとしても気づかないメンバーすらいます。
 なので「ある意味自己満足」でしかない事が多いです。
 でも、それで良いんです。
 自分が満足できる音で演奏できるのは楽しいですから。


 技術的に見ても、自宅でドラムセットを叩ける環境の人じゃない限りはスネアを使った練習は現実的ではないので「演奏の技術的な上達とは無関係」と言えます。


 コッチも雑にまとめると(雑にしかまとめられません)
 持ちたい理由が明確なら(内容は何であれ)買うべきです。
 購入を迷っている段階では買っちゃダメです。


 シンバル
 主に使うシンバルはスタジオに据え置きであります。
 クラッシュシンバルやライドシンバルなどです。
 音に拘りがあって敢えて買いたい人は買っちゃってください・・・何も言う事はありません。
 そうじゃ無い人が購入を考えるのは大抵エフェクトシンバルの類でしょう。
 スプラッシュやチャイナシンバル、トラッシュ系のシンバルなど・・・。


 エフェクトシンバルは主にアクセントに使いますが、それって「主張」なんですよね。
 その音が印象に残りやすい・・・プレイを印象に残したいっていう意味の「主張」です。


 メリット
 ・音に変化が付けやすい
 ・フレーズのバリエーションが増える
 ・見た目がチョット良くなる(見る人次第ですが)


 デメリット
 ・使い方をしくじるとうるさくなる
 ・アタッチメントが案外重い
 ・メンテ自分
 ・曲を選ぶ


 使い方のセンスによって曲が華やぐ事もあれば緊張感を持たせる事もできたりします。
 なので、「そういう音」に必要性を感じない人は興味すら持たないでしょう。
 エフェクトシンバルを使う事だけが主張ではありませんし。
 更にエフェクトシンバルが絶対に必要な音楽って稀だと思います。


 それでも自分の演奏にエフェクトシンバルの音が必要だと考える人は購入すべきでしょう。


 ただし、バンドの音・曲に必要なドラミングが最優先だと考えてください。
 闇雲にトラッシーな音やエフェクトシンバルをぶち込むと曲想を壊す事になります。


 超雑にまとめると
 本気で必要と考える人以外は不要でしょう。
 


 ~~結局~~
 どの機材についても言えますが、要は使う本人が必要性をどこまで感じているか?
 それと、購入後の使い方やメンテを含めた持ち続ける為の努力などをイメージして購入すべきか?をキチンと考えましょう。
 買ったは良いが、出番が殆どないって楽器は悲しいですからね。
 
 まぁ・・・僕が考える購入の必要性ってこんな感じです。
 あと、機材楽器って持っていて手入れしているだけでも楽しいし嬉しいですから。
 もしも購入される方は愛着を持って使ってくださいね(^^)

左手と反射神経の強化

 何だろ・・・何だか忙しいです。
 仕事はほぼ毎日残業なんですが、それは置いておいて帰宅してからの時間が「あっ!」と言う間に過ぎてしまいます。


 細々と色々やっていて気が付けば23時オーバー・・・。
 それからブログを書いています。


 ん~・・・前はもっと早い時間に書いていた気がするんですよねぇ・・・何やってるんでしょ・・・僕。


 左手と反射神経の強化の為、自宅でタカタカ叩いています。
 スティックでパッドや太ももを叩く音(打音)てアタック音しかしません。
 なので打音を言葉に見立ててニュースや誰かのブログ・商品のレビュー他を黙読しながら言葉の音数に合わせて叩く練習をしています。
 その中で濁点や半濁点の部分をアクセントショットに、長音(伸ばすやつ)は3連にと置き換えて叩くと規則性のないアクセントや打数を叩く事になり反射神経のトレーニングになります。
 句読点は休符にしています。
 テンポは黙読のペース次第です。


 例)
 今朝、  新  宿  駅 のホームから
 タカン   タカタカタカタカタカタカ タ
 ・・・そんな感じです。


 昔、曲に合わせて16分音符を叩きっぱなしで歌メロディーに合わせて抑揚をつけて叩いて練習していた事があったんですが、それの類似練習です。


 初見の文章は音の並びに予測がつかないので反射神経を鍛えるには持って来いです(^^)


 あるページは右手からスタート、違うページは左手からスタートと言う感じでランダムにやっています。
 まだ抑揚がイマイチだったり反射神経が追い付かない部分が多いです。


 思い出したんですが、ドラムを再開して以来何かしらのイメージが浮かんで曲中に叩きたいと思っても一瞬手が出ない事が何度もありました。
 「あれ?前なら自然と手が出たのにな・・・」と戸惑いました。
 それって、頭(脳)がイメージを音として具体化したりそのフレーズを構成する手順に置き換えたりって作業が出来ていなかったようです。
 なので色んなイメージをフレーズに置き換える為に必要な経験値を積む為に言葉叩き遊びを始めてみました。


 面白そうだ・・・と思う方・・・・是非チャレンジを(^^)

告知です

 BABY METAL のバックバンド「神バンド」のギタリストだった(故)藤岡 幹大さんの追悼ライブの告知です。
 生前親交の深かったバンドやミュージシャンが出演します。
 音楽はHR/HM ビジュアル系です。

 藤岡さんが亡くなった後で、神バンドのメンバーを中心にご遺族(奥さんと子供さん)の精神的・金銭的支援の為にライブ他様々な活動をしています。


 こういう助け合いはとても貴重で希少で応援したいです。


 また生前に録った音源を基にしたCDも発売されています。

 もしもお近く・・・じゃなくても興味のある方は淡路島(藤岡氏縁の地)まで出向くか、DVDやCDを購入してください。


 ・・・と珍しく告知ですが、仮バンド・・・マジで上手いです。
 特にロックギターやっている人は音作りやメロディーの良さは必聴です。
 ドラムは前田氏です。
 ベースはBOH氏・・・最近は浜田麻里さんのライブサポートで弾いてます。
 音はハードロック系のインスト(フュージョン)です。


 ちなみに仮バンドは神ではなく人間の容姿です(^^)


 ↓ の動画は大村孝佳バンドです。

 メンバー全員神バンドです・・・素顔をさらしてますね(^^)
 音はさすがです。


 -----------
 <HR/HMに思う>
 僕が高校生の頃日本はヘビメタブームが席巻していてHR/HMバンドが出演しないようなバラエティ番組にも顔を出したり、NHKですらMusicWaveって番組でHR/HMバンドのライブを放送したくらいです。
 同時にバンドブームが始まった頃で、周りはHR/HMバンドがすごく多かったです。
 LOUDNESSやEarthshakerのコピーバンドはそこら中にありました。


 時が流れてバンドブームが残り音楽の流行がロックへと変わってもHR/HMを続けるバンドは多く、以前のようにメディアへの露出は減りましたが脈々と続いていました。


 更に時を経てビジュアル系ブームが来ました。
 X-JapanをはじめとしてLuna Sea、L'Arc~en~Cielなどが人気でした。 


 ぶっちゃけね・・・この辺までは日本のHR/HM路線って認識があったんですよ。
 洋楽のHR/HMの影響もそこかしこに見えましたが・・・日本のバンドって感覚です。
 それと上手いミュージシャンが増えたなぁ・・・とも感じていました。
 
 それが神バンドの演奏を見た時に「時代が変わった」と感じました。
 別のベクトルなのか別の次元なのかは分かりませんが、今までの日本のバンドの概念とは違う演奏を感じました。
 今までとは違うHR/HMが来たんだ・・・と。
 
 なので、この人達・・・少し・・もっとかも知れませんが見ていたいんです。
 
 応援しましょ・・・。
 
 あ、僕は間違ってもHR/HMの人じゃないです(^-^;
 
 それと僕のLINEアカウントは「神!」ですが、このバンドの影響を受けた訳ではありません・・・歳も歳なのでそういうアカウントの決め方はしません(^-^;
 とある事情にて友人につけられたアカウントです。

最近気づいた「左」

 何となく気になっていたんですが、左手の動きと言うか反応が悪くなっていました。


 病気とかじゃないですよ(多分)!


 加齢(^-^;・・・かな・・・。


 以前は音をイメージすると特に意識しなくてもその音の並びを両手が叩いてくれていたんですよ。
 その音の並びが最近「何か変!」と気づきました。


 手癖フレーズは特に変わりないですが、思い付きのフレーズとかだと左手がモタる・・・おまけに強弱の幅が狭い・・・です。
 速い16分音符も弱っています。


 幸い最近の音楽は強弱があまりない曲が多いので扁平な叩き方で誤魔化しが効きますが、少し古い感じの曲を叩こうものなら・・・。
 
 多忙にかまけてスタジオ以外(自宅)でスティックを握る時間が極端に減ったせいだと思います。
 
 そんな訳で「左手強化月間」と気合を入れて帰宅後に基礎打ちの特訓をしています。


 目標は「加齢に逆らう」でも「復活」でもなく「もうひと伸びの進化!」です(^^)
 

Facebookでの出会い。

 台湾の女の子ドラマー 于喬ちゃん(小学生)と繋がったんですが、超上手いです。
 さっき動画を見ましたがビックリです。


 手数バリバリ、変拍子バリバリ・・・いるんですねぇ・・・世界は広いです。


 パソコンでウダウダと調べものをしていたらメッセンジャーで話しかけてきて、さっきまでドラム談議をしていました。
 会話は英語です(僕は翻訳とか使っていました・・・分からない言葉が多いので)


 台湾でドラムコンテストに出て賞は逃しましたが、川口千里さんと共演(?)したようです。
 ん~~頑張って欲しいです・・・ってか頑張っているんですけどね・・・既に。


 今後の活躍に期待したいです。


 若いドラマー・・・素晴らしいです。
 応援します。