ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

デモ映像作り

 今日はクラウドナインスタジオ横浜西口店でデモ用の動画を撮ってきました。

 ペダルが変わって何かが変わってないかな?
 良くなってるかな?ダメになってるところは無いかな?ってチェックも兼ねてです。


 撮ると言っても特別な事はなく、曲を叩いてデジカメで撮影するだけです。
 帰宅後に叩いた原曲を重ねればYouTubeの「叩いてみた」の動画になります。
 しかし、原曲をそのまま使っているのでYouTubeにアップはしません。
 ※原曲を使ってのデモをそのまま公開するのは違法のようです。
  ただし、全部のパートを演奏してのアップロードは合法のようです。


 クラウドナインスタジオは室内が明るいのでデジカメは使わずZOOMのQ3で撮りました。
 ZOOMのQシリーズは演奏の録音に向いていて、ゲインの調整(2段階+ノーマライズ)で音割れしないで撮れるので便利です。
 ただしスタジオが暗い場合は映像が荒れるので、そういう環境ではQ4以降がお勧めです。
 僕はQ3しか持っていないのでスタジオが暗い場合はデジカメで映像を撮って後から音と重ねています。


 そんな感じで撮っています。
 プロのように何台もカメラを用意して、ドラムキットにマイクをセットして・・・って事ではありません。


 ただいま編集作業中です。


 あと、個人的にお勧めなデジカメはPENTAXのMX-1です。
 音はノーマライズの一点しかありませんが、音割れしないしレンズが明るいので暗いスタジオでも平気です。
 ただし・・音がノーマライズされるので抑揚は効きづらいです。


 


今日のスタジオです。
明るくキレイなスタジオでした。
前回同様スタッフの対応も親切丁寧で良いスタジオでした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。