ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

ドラム・バンド・音楽・機材そのた雑感をダラダラ書いています。
更新は不定期です。

ペダルの違い・・・ペダル選びの参考に

スティックの次に買うパーツはペダル!と言い切って譲りません。
やはり人が直接コントロールする物をコロコロ変えないのが安定したプレイに繋がると考えているからです。
スタジオやライブハウスが変わる度にペダルが変わるのはよろしくないです。
 
しかしペダルって意外と多くの種類があったりします。
メーカーの違い、価格帯の違い、動作の違い・・・どれが良いの?となるでしょう。
初心者さん応援の思いを含めてその辺を書いてみます。
 
●メーカーによる違い
 ほぼ無い・・・好きなメーカーを選んでよいです。
 以前はメーカーごとにコンセプトの違いがあってプレイスタイルによって選択肢が変わっていましたが、最近は各メーカーが複数のコンセプト商品を販売しているので、メーカーによる違いはほぼ考えなくても良いでしょう。
 極端に流通量が少ない海外製品などを使いたい場合は別です。
 
●価格による違い
 おおよそハイエンド品→メインストリーム→廉価製品の順で価格設定されています。
 コンセプトによる価格に違いが出る場合もあります。
 ハイエンド品は部品の精度が高かったり、回転部分にベアリングが使用されていたりと基本性能の高い以外に調整機能が豊富な製品が多いです。
 廉価製品はハイエンド品の高精度な部分が省略されていたり(部品の使用箇所や製品によって変わります)調整機能がほぼ無い製品になります。
 色々省略された分シンプルな動作や扱いになった部分を好んで使う上級者さんもいます。
 メインストリーム製品はそれらの中間です。
 
 最初に買うペダルはどの価格帯でも良いです。
 ハイエンド品を買って調整機能を持て余したり、調整がうまく行かずに使いづらいペダルになる可能性もあります。
 廉価版と言っても恐ろしく使いづらいなんて事はありません。
 自分に必要な性能や調整機能を見極める為に使う・・・と割り切って買った方が良いです。


 そしていよいよ動作の違いです。
 
 ●チェーンドライブ

 
 フットボード(踏み込む板の部分)とカム(ビーターの付け根の回転部分)の連結が金属チェーンのタイプです。
メリット
 力やスピードの伝達ロスが少ない。
 ボードの左右ブレが少ない。
 多分スタジオやライブハウスなどで置きペダルとして最も多いので、万が一のトラブルでペダルが使用不可になった時に置きペダルを借りる際、比較的近い環境でプレイできます。
デメリット
 踏み込みや戻りが重く(遅く)なりがち。
 ペダル全体の重量が重くなる(携行がキツくなるかも)
 
 画像はダブルチェーン(チェーンが2本)タイプですが、シングルチェーン(1本)のタイプもあります。
 シングルチェーンはダブルチェーンと比較すると動作が軽いというメリットがありますが、左右の振れが発生しやすいのでパワーロスに繋がる場合があります。
 
 
●ベルトドライブ

 
 フットボードとカムの連結がベルトタイプのペダルです。
 チェーンタイプと比較すると挙動が軽いです。
メリット
 踏み込み、戻り共に軽くて速いです。
 打面にヒットした際の衝撃をベルトが若干吸収するので打感がソフトです。
デメリット
 打面にヒットした際、踏み込んだパワーをベルトが若干吸収するのでチェーンタイプと比較するとパワーの伝達が良くないです。
 
 
●ダイレクトドライブ
 

 
 フットボードとカムの連結が金属製のバーやブロックのタイプです。
 カムの部分に踏み込みを回転に変えるローラーが無いのでパワーが直線的に伝わります。
 その分遊びが無く、ボリュームやショットのタイミングなどすべてのコントロールがプレーヤー次第になります。
メリット
 踏み込みと戻りが軽い場合が多い。
デメリット
 チェーンタイプやベルトドライブとは踏み込む感覚が違うので、慣れが必要。
 
 ・・・・ココまでがドライブの違いです。
 文中に「重い」「軽い」「速い」など書いていますが、あくまで比較の問題で、物理的にプレイに影響する物ではありません。
 プレイスタイルによって扱いづらいとかは有るでしょうが・・・。
 
 次にボードの違いです。
 
●レギュラータイプ

 
 ありがちなフットボードです。
 パワーが出しやすいです。
 
●ロングボード

 
 フットボードが長いタイプです。
 速いプレイに向いている・・・と言われています。
 
 以上ペダルの簡単な説明でした。
 ペダル選びの参考になればと思います。