ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

今年のドラムが始まりました(^^)

 今日はスタジオが取れたので長岡まで叩きに行ってきました(^^)
 柏崎の今朝は雨。
 起き抜けの空を見て「うわぁ・・・」でしたが、超早く天候が変わり出かける時には晴れてました。
 電車の窓の外、景色が段々白くなって道中は完全な雪国・・・というか雪山。
 長岡も昨夜から今朝にかけて雪だったようで到着した時には晴れていましたが、残雪がアチコチにありました。

 雪です・・・・。
 寒そうですよね?
 けど案外寒く無かったんですよ。


 去年の暮れ近くに買ったPearlのショルダー型スティクバッグ&だいぶ角のトコがくたびれてきたペダルケースです。
 どちらも使い勝手の良い素晴らしいツールですが・・・中身の Pearl 製品はチューニングキーしか入っていません(^-^;
 ペダルもビーターもスティックもハイハットドロップクラッチも全部他社です。


 で、スタジオ・・・。

 今日もマイペダルは大活躍してくれました。
 いかんせんケースに入れて持ち運ぶのが重いので、毎回の練習で使ってはいません。
 スタジオレンタルのツインペダルを利用する機会が多いんですが、持ち込んだマイペダルを踏むと「コレコレ!この感じ♡」ってなります(^^)
 ホント僕の理想通りのペダルです。


 今日の練習は年始めって事もあり、景気づけに曲をガンガン流して楽しく叩きました(^^)
 今日の練習テーマは「宇多田ヒカルさんの曲を叩く」です。
 割と古めの曲が多かったんですが traveling くらいから Goodbye Happiness くらいまでの曲を叩きました。
 前半は「カッチリオンタイム」を目標に「超ジャスト」狙いで。
 後半は「自分のバンドで演るならこう叩く」ってお題で打ち込み感を無くしてツーバスありで(といってもメタルっぽくじゃないですよ)自分流のアレンジで叩きました。
 いずれも動画を録って来たので明日からチェックしてみようと思います。


 後半に感じたんですが、やはり歌が良いと余計な音は入れたくなくなりますね。
 自分流とか言うと持てる技術をフル動員して手数入れまくりを想像するかも知れませんが、ホントに歌が良いと好きに叩けても叩かないのが僕流です。


 練習後はウロウロせずに直帰して、海を見に行きました。
 柏崎に来てから雨率8割くらいなので、晴天は貴重なんです。
 散歩チャンス到来です(^^)

 一休みしてから出かけたのですっかり夕方。
 海を目指して歩いていた時が最高の夕陽だったんですが、道中は建物が案外多くて写真どころじゃなかったです。
 で、海へ到着した時には夕陽も終わりかけ。
 海風は気持ち良かったです。


 海辺を歩いていて、チト厄介な事がありました。
 それは後日・・・事の詳細が分かり次第書きますね。
-----------


 <今日の課題>
 スタジオ前半の「カッチリオンタイム」で曲をモニターしながら叩いていて感じたんですが・・・・「難しい・・・」です。
 叩いていて「どうだっけ?」って迷った部分は多少遅くなったのは体感しましたが、そうじゃ無い部分で「オンタイム」を狙って叩くのは当然として両手両足が必要な強さや弱さを自分で解釈して一打もムダや惰性を無くして叩くってスゲー難しいなぁ・・・と。


 普段は何となく刻んでいるハイハットですら音数や音の位置だけじゃなくダイナミクス(強弱)まで気をつけて一打一打叩かなきゃニュアンスが前に出ないんだなぁ・・・と。
 
 というのも強弱を無頓着にしてジャストで叩くと打ち込みと変わらないんですよね。
 まぁ打ち込みほど全部の音の粒が統一されている訳でもないですが。


 って事で当面の課題は「キレイなリズムを叩く」にしました。


 考えてみたら上手い人が叩く8ビートって聴いているだけで気持ち良くなりますよね・・・それです!それが目標です。
 (故)青純さんやカースケさんとか則竹さんみたいなキレーな8ビート叩きたいです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。