ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

スティックワークをサポートするグッズ

 昨日の予告通り紹介します。
 スティックのリバウンドをサポートするグッズです。
 市販品ではありません・・・多分そんなの無いと思います。
 リバウンド・・・でチト考えたんですよ。
 んで思い付いたのが支点・力点・作用点の関係で、行き着いたのが・・・


 ↓ コレです。

 ゴムのリングです。
 正体は PROMARK の Active Grip シリーズについて来るスティック同士が干渉しない(表面処理の保護用)為のゴムリングです。

 リングの直径は1~1.5mmくらいで円環です。
 ゴム製のワッシャーやパッキンでも代用できるでしょう
 代用する場合は内径がスティックの直径よりも少し小さい物であればOKでしょう。


 このリングをスティックに取り付けます。

 スティックのグリップエンド側1/3~1/4の位置です。
 

 ↑ の画像のように普段握る位置の人差し指と中指の間に取り付けます。
 この画像は人差し指と中指の間の位置に親指の腹が来る持ち方の場合。


 ↑ の画像は親指の腹が中指寄りな持ち方の場合。


 つまり人差し指と中指の間であればOKです。


 コレでリングのセットと握り方はOK。


 で、叩く際に親指でゴムリングを感じながらショットするする事を心掛ければいつも以上にリバウンドするはずです。
 

 指の腹がゴムリングにかかる握り方の例です。
 親指の腹でゴムリングを感じるように注意します。
 この時に強く握り過ぎないようにします。
 人差し指と中指はいつも通り、親指はゴムリングを押さえる程度の力で十分です。
 薬指と小指は触れる程度・・・スティックのブレを抑えるのとリバウンドを感じる為のみに添えるだけでショットします。
 

 親指が中指に寄った持ち方の例です。
 人差し指と中指は従来通りでOKです。
 親指は指先でゴムリングとスティックの接点を感じるように握ります。
 薬指と小指は上と同じで触れる程度にします。


 コレはリバウンドを感じる為のサポートで使えるはずです(僕はいつも以上にリバウンドの感覚が伝わりました)。
 リバウンドが掴めたらリング無しでも感覚が分かり易いはずです。
 リバウンドが使える利点として、ダブルストロークやトリプルストロークが楽になるだけではなく、速いシングルストロークも楽になります。


 パッド練習のみの使用で実際のセットドラミングで試していません。
 というか、セットドラミングでの実用とは考えていないので(個人練習などでは使えるでしょう)音合わせで試すとどうなるか?は不明です。


 興味のある方はお試しあれ(^^)


 ちなみに画像のスティックは最近お気に入りの Vater 8A のメイプルモデルです。

 カラッとした音で気持ち良く使えるスティックです(^^)


-----------


 そして・・・雪です。

 北国出身者としては少し嬉しい雪が降りました・・・あ、今も降っています。
 今朝はアチコチの屋根や山の上の方に少しだけ積もっていました。
 昼には溶けてしまいましたが、雪(^^)でした。


 明日は今日以上の雪予報なのでもう少し雪らしい写真が撮れそうです(^^)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。