ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

スネアワークを使おう!と久々遊びネタ

 スネアワーク(スティックワーク)は指や手首を使ったトレーニングですが、単に手指のトレーニングではなく実際にフレーズを組み立てる音の並びの基礎でもあります。


 なのでスネアでタカタカ~だけじゃなく実際のセットドラミングに組み込んで叩いたトレーニングもやった方が実践的です。
 パラディドルやダブルストローク・チェンジアップをスネアで練習していても、リズムを叩いている中、フィルインで使おう!となると混乱すると思います。
 普段からセットドラミングに混ぜ込んで叩いておくと、「いざ!」って時に迷いなくスティックが出せるはずです。


 チェンジアップ(手数を増やす)フレーズを8ビートに混ぜてみます。

 4拍目のスネアが1個ずつ増える練習です(主にフィルイン用です)。
 ホントは5連符や7連符もあるんですが、実用範囲が狭いので省きました。
 全部を通しで叩けなくても1小節ずつを繰り返してみてください。
 譜面上はスネアですが、叩くドラムキットを変えてタムやシンバルを混ぜての練習が効果的です。
 7~8小節目が16分の3連と2連がつながったフレーズになります。
 コレ、叩けるとフレーズの幅が広がるのでお勧めです。


 って事で、16分2連(4連)と3連の練習パターンです。

 コッチも1小節ずつ練習してOKです。
 スネア(練習パッド)で叩けるようになったら、↑ のように実際のリズムパターンに組み込んだり、フィルインで使うなどセットドラミングに使ってみましょう。


 今回の練習ネタはココまでです。
 パラディドルも ↑ と同じようにリズムに混ぜて叩いてみる事をお勧めします。


-----------


 久々に<遊びのコーナー>
 遊びながらドラムの上達に役立つ事・・・を目標にネタを出してみます。
 多分ですが、スクール等々ではやらないであろう・・・ってかやらなきゃやらないで問題ないっていう薄いドラム遊びのコーナーです。


 では・・・・

 今日の<遊び>頭の体操です。
 難しい手数や手順は必要ありません。
 譜面通り8ビートの所謂ゴールデンリズムを叩きます。
 で、1拍ごとにカウントを1,2,3の繰り返しで入れて行きます。
 譜面では「イチ・ニイ・サン」ですが「ワン・ツー・スリー」でも可です。
 8ビートを叩いているので、脳内の感覚は4ないし8もしくは16のサイクルで動いているはずですが、そこに3で区切ったカウントをぶち込んでみます。
 カウントが4以上になったり、8ビートが崩れたらNGです。


 ちなみにコレが出来たら変拍子に強くなる・・・・って事は多分無いです(^-^;
 ポリリズムかセカンドラインビートに強くなるかも・・・ってトコです。


 たまにはスコアをダウンロード提供してみます(試験的です)。
 スコア(PDFファイル)はココからダウンロードできます。

 パスワードを要求されますので「0101」を入力してください。
 開いたページのファイル名が「2018.11.25 -01.pdf」である事を確認してページ下方にある「このファイルをダウンロードする」をクリックするとダウンロードが始まります。
 ※ 違うファイル名が表示された場合はページを閉じて再度リンクからパスワードを入力してください。
ダウンロード期限は今日から一週間ですのでご注意あれ。


 PDFファイルなので、パソコン・プリンターをお持ちの方はプリントできます。
 お持ちじゃない方はUSBメモリーなどに入れてコンビニでプリントアウトできます。
 タブレットなど大きく表示できるツールがある方はそのまま表示できます。


 では、新しい一週間が始まりますね・・・ファイト!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。