ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

録画機レビュー Zoom Q2n

 昨日購入した「録画機」Zoom Q2n について書いてみます。



 ↑ コレです。
 取説 もあります。


 バンド関係の録画に的を絞った(と思う)機能が売りのデジカムです。
 兄弟機の Zoom Q4n をレンタルしているリハーサルスタジオは結構あると思います。

 Q4n と同等の性能で一部の機能を省いて小型軽量化して価格まで下げて販売されているのがQ2nです。
 

 録画用にセットした状態です。
 スタンドは Q4n や Q3 と共通のマイクホルダー固定式のスタンドが使えます。

 マイクホルダーと比較すると小ささが分かると思います。
 とても軽いのでマイクホルダーやスタンドにセットしても重さで下がるとか曲がるとかは無いでしょう。


 この録画機の最も素晴らしい所が「音」です。
 オートゲイン(自動入力調整)機能もありますが、マニュアル調整も可能です。
 オートで記録すると最初に出た大きな音が歪んだりしますが、マニュアルならその心配は無いです。
 ドラムはスネアの音が歪みがちですが、その心配も無しです。


 そして Q4n・Q2n 共通ですが、レンズのF値が 2.0 と明るいのでライブでもスタジオでもキレイに記録できます。

 ↑ コレが今日撮って来た動画から切り出した画像ですが、素直な色と明るさでとても見やすい印象です。
 映像設定は720・30 で 1280x720サイズです。 


 ただし、難点もあります。
 小型なので液晶も小さいです。
 この部分は画角確認程度にしか使っていないので問題ないんですが、液晶の表示部の下に音量のピークメーターが付いているんです。
 マニュアルで入力のゲイン調整をする際にレンズ側から全く見えません(^-^;
 Q4n は液晶が回転するのでレンズ側に向けると見えるんですよね。


 なので、とりあえず記録して再生して確認・・を数度繰り返してセットしました。
 ちなみに今日は「4」くらいで歪まない音で録れました。


 バッテリーは単三電池2本で駆動可能です。
 アルカリ乾電池もしくはNi-MH(エネループなど)が使えます。
 今日はエネループ2本で2時間録りっぱなしで大丈夫でした。
 USBケーブル(端子はスマホと同じ)からの電源供給でも使えるので、スマホ向けの外部電源でも使えそうです。
 ※定格入力が DC5V / 1A なので急速充電など電流値が高い製品(1.5A や  2Aなど)は使わない方が吉です。

 今日は録画データをチェックのみしました。
 音はとても素直で偏りなく弱い音は弱く・強い音は強く・・・記録されていました。
 動画サイズが大きくなりすぎるので僕は使いませんが、リニアPCMのハイレゾ録音もできるようです・・・


 とても使い勝手の良いサイズと性能で1万5000円~で購入できるのは素晴らしいコスパです。
 家電メーカーの製品を1台買うなら4台~買えますよね・・・4カメで記録とかプロ並みな事もできます(^^)


 
-----------


 そして最近話題にしている左手ですが、少しずつ感覚が戻ってきています。
 やっぱコマメに練習しなきゃダメですね・・・反省です。
 日々精進です。


 今日も池の水を抜く番組を見ながらズーっと太ももで2本指ダブルしていました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。