ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

音符のパズルで4連系を3連系にしてみる

 4連系・・・4/8/16ビートなど4つの音符で割れる(構成される)リズムです。
 3連系・・・シャッフルやブギー・スウィングなど3つの音符で割れるリズムです。



 親しいドラマーのドラ男氏もドラ孫も以前3連系がニガテでした。
 特に中抜きがニガテとの事だったのを思い出して、当時やった練習法を書いてみます。


 この二人ともダブルは出来ていました。
 なので、後は理解だけでした。


 基本形は ↓ をリピートするパターンからです。

 中抜きを叩くには最低でも8分音符の裏拍を叩けなければキレイにできません。


 で、基本形から音符を間引きます。

 赤枠の8分音符を省いてしまいます。
 変拍子にするのではなく、省いた分を詰めて4/4拍子は維持します。


 そうすると ↓ になります。

 単純に間引くとスネアのバックビートが増えます。


 見づらいのでハイハットは一旦忘れ(消し)ましょう。

 バスドラムとスネアだけのパターンにしてみました。
 このまま叩けば4/4拍子を無視すると中抜きパターンになっています。


 分かり易くすると・・・

 赤枠の中だけを叩くと「ドッドタッドドッドタッド」ってブギーのパターンになっています。
 

 赤枠の中の音数では ↑ と同じになります(テンポは違いますが)。
 最初の8ビートを120bpmで刻むと赤枠内の中抜き部分は160bpmのブギーを叩いているのと同じになります。
 テンポを少し落として90bpmの8ビートでスタートしてこのパターンを練習すると自然と120bpmのブギーやシャッフルのリズムが叩けている事になります。
 
 あとはハイハットを4つで刻むかシャッフルで刻むか・・・です。

 

 
 SimonPhillips 氏 は8ビートや16ビートの曲中に敢えて ↑ の中抜きパターンをぶち込んだりしています。
 
 件の二人は中を抜いて次を繋いでって動作を意識しすぎて無駄に力んだり気持ちが焦ったりして出来なかったようで、割とゆったりしたテンポのシャッフルでもニガテでした。
 
 実際に ↑ の練習をして、実際に叩けていても出来ている自覚は無かったです。
 なので、録画して実際の音を聴かせると「あっ!」って理解していました。
 一旦理解するとあとは慣れだけなので・・・自分達で頑張ったようです。
 
 ・・・って事で、リズムはパズルのように組み合わせで遊んだり変えたりできますよ!ってブログでした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。