ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

スティックのいろいろ

 今日はスティックについて書いてみます。
 基本的な部分は以前にブログに書いた通りなので詳細は省きます・・・が、大まかな事だけ最初に書きます。



 ダメなスティックは・・・
 ・反りの強いスティック
 ・節があったり、木目が横若しくは斜めに横断しているスティック


 この2点に気を付けておけば「ダメ」は回避できます。


 スティック選択の基準は
 ・長さ
 ・径
 ・重さ
 ・材質
 ・バランス
 ・チップの形状と材質

 ↑ が基本的な選択基準です。


 <長さ>
 390mm~406mmくらいが多く販売されているようです。
 長いほど遠心力がかかるのでチップにパワーが乗りやすいです。
 短いほど取り回しが楽、長いほど小さいモーションで遠くまでショット出来る。
 好みやスタイルで選択しましょう。


 <径>
 13mm~16mmくらいが多く販売されています。
 材質が同じ場合太いほど重いです。
 太いほどパワーが乗り、耐久性がありますが取り回しが大変でしょう。
 細いとパワーは乗りませんが、コントロールしやすいです・・・反面パワーヒッターは耐久性に難がでます。


 <重さ>
 重いほどパワーが出ます。
 また、重さと音の太さが比例する傾向もあります。
 同じ長さと太さでも材質やバランスによって振った際に感じる重さは変わります。


 <材質>
 ・オーク材
  比較的重さがあり、しなる材質です。
  リムショットの多用でもしなりの効果で折れづらいです。
  ピッチは低めなモデルが多いです。
 ・ヒッコリー材
  現在最もオーソドックスな材質です。
  適度なしなりと軽さがあるので扱いやすいです。
  ピッチはバランス等々によりけりです。
 ・メイプル材
  軽くて硬い材質です。
  硬さゆえにしならずに折れやすい(他の材質と比較すると)傾向があります。
  ピッチは高めなモデルが多いです。
 ・その他
  アルミ製や樹脂製品などがあります。
  使用の可否は自分次第ですが、自分のオーソドックスなスティックが見つかる前の使用はお勧めしません。


 <バランス>
 先端寄りと中心寄りがあります。
 チップサイズやショルダー部分の長さの違いでバランスが変わりますが、同じモデルでも使われている木の部位によってバランスが違う物もあります(一緒くたに販売されています)。
 ショルダー部分の長さを調整し敢えてバランスを変えたモデル(PROMARK SelectBalance シリーズなど)もあります。
 先端寄りに重さがあるモデルはパワーが出しやすい傾向、中心寄りのモデルはコントロールしやすい傾向があります。


 <チップ形状と材質>
 コレは説明するよりもメーカーや楽器店のWebサイトを見てもらった方が早いです。
 チップサイズが大きい方がパワーが乗る傾向があります。
 色々な形がありますが、大切なのは自分のニュートラルなショットでHITした時のヘッドやシンバルとの接触面積です。
 実際にショットをしてみて、HITしたところでスティックを止めてどういう角度で当たっているかを確認すると分かり易いです。
 接触面積が大きいほど音が太く大きくなる傾向があります。
 俵型やAcorn型、ティアドロップ型などはHITする角度を変える事で音色をコントロールできます。


 ナイロンチップはピッチが高く、割れや欠けが起きづらいです。
 ピッチの高さゆえ音も硬いので好みが別れます。


 だいたい ↑ の要素でスティック選びをしています。
 その中で重さとバランスの選び方を紹介します。


 <重さ>

 スティック売り場にある「ハカリ」で重量を量ります。
 左右2本のスティックの重量を揃えたり、敢えてずらしたり・・・好みの組み合わせを探します。
 同じ重さが「良」とされる傾向がありますが、バックビートを叩く左手のスティックを敢えて重い物にする人もいます。
 僕も昔、左右の太さと長さを揃えた上で左手用にチップナシ(ショルダーが無く全部棒状)のスティックを使っていた時期があります。


 <バランス>

 棚の角など突き当てられる場所へグリップエンドを突き当てて、チップとショルダーの境目をハカリの計量皿に引っ掛ける感じで重さを量ります。
 バランスが揃っていると同じ、若しくは近い重量が出ます。


 結局のところ硬さ↔面積↔重量・・・この三つ巴で振り易さが決まります。
 その後にバランスなどのコントロールしやすさを考えた方が・・・最初の内は良いのかな・・・と思います。
 
 あと・・・素振りをした時に感じる重さと実際のショットで感じる重さは結構違うので、売り場にある試奏用のパッドなどで試打してから選ぶのがお勧めです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。