ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

スティックレビュー:PROMARK F7AAG と遊びのコーナー

 楽器フェアでいただいたサンプル品(Active Gripシリーズ)の使い心地がとても良かったのでバランス違いの製品を使ってみました。


 楽器フェアのサンプル品がRBH535AW-AGR7AAG同等品)が握りやすいし振り易かったんですが、今一つパワー感に欠けていました。
 小音量な演奏なら威力抜群なんでしょうが、普通のポップスやロックで使うには余程振らなければ音量が稼げそうにありませんでした・・・しかし、そこまで振ると寿命が・・・。


 で、Rebound タイプ(ショルダーが長めでバランスが中央より@サンプル品)ではなく Forward タイプ(ショルダーが短めでバランスが少し先端より)を使ったらどうだろ?・・・と試してみました。
 モデルは F7AAG です。

 

 径: 13.5mm (7A)
 全長: 406mm
 チップ材質: Wood
 チップ形状: Acorn


 今回は Forward タイプです。
 持った感じ、振った感じ共に Rebound タイプと大きな違いは感じませんでした。
 肝心の出音は若干音の芯が出やすいかな?ってくらいの違いでしたが、取り回しなどが大きく違わないのでコッチの方が僕の出したい音に近い感じです。
 スティック自体のピッチは径の割に低いです・・・コーティングの影響でしょう。


 軽さが手伝ってシンバルのレガートは軽快な音がします。
 タム類の音は軽さなりですが、少しだけスナップを利かせて振ると抜けの良い音がします。
 スネアの音も軽めです。
 リムにかけて叩く音もシンバル同様軽快で「鳴る」と言うより「抜ける」音がします。
 コーティングのご利益かと思いますが、結構リムショットをしたんですが、ささくれや割れは一切ありませんでした。
 クラッシュシンバルを叩いた部分はコーティングが剥がれていました(当然です)。


 そして「売り」である Active Grip の効果で滑りについては全く不安がありませんでした。
 僕自身元々スティックが滑るって感じていなかったので実際に滑る経験をした人がどう感じるかは分かりませんが、コレで滑るならグローブつけるとか本気の滑り止めテープでも巻くしか無いかも・・・・ってくらい滑りません。
 ただ、細いので握り込んでしまう人は皮膚が傷む可能性は否めません・・・細さが気になる人は5A使いましょ(^^)
 ※音が軽いという表現をしていますが、スタジオにあったTAMA Artstar はキチンと鳴っていましたよ。

 <まとめ>
 大音量向きなスティックではありません。
 太いスティックや重いスティックでは振り回される人、反対に細いスティックは手から抜けそう・・・って方には持って来いのモデルです。
 取り回しが楽で速いパッセージにも十分対応してくれます・・・あとは僕の身体能力しだいです。
 今までスティックが滑る事を意識した事はありませんが、滑らない事を意識するだけで振る事とフィンガリングに集中できる事が分かりました。


 このサイズのスティックが好みの人へはお勧め度が高いです。
  
 Active Grip シリーズは Select Balance シリーズに滑りづらいコーティングを施したモデルなのでペア1本1本のバランスや重量の差を気にしなくて良いという利点があり、購入の際にとても助かるシリーズです。
 


-----------


 久しぶりに遊びのコーナー(コーナーだったか?は不明です)


 今回はドラムセットを使った遊びを2パターン紹介します。
 一つ目は所謂ハチロク・・・ブルースなどに使われる事が多いリズムパターンです。

 今回の遊びのツボはフットハイハット(足でハイハットを閉じるヤツ)の移動です。
 譜面ではレガートがハイハットになっていますが、トップシンバルで刻んでください。
 最初は1拍ごとに踏みます。
 2段目は3連8分の真ん中で踏みます(コレ僕が好きなヤツです)
 3段目は3連8分の3発目で踏みます。
 この遊びをマスターすると好きな所で8分音符でのオープン・クローズができるようになります(ハチロク限定ですが)。
 


 二つ目は16ビートで違った感じのアプローチが出来るパターンです。

 1段目と3段目は基本的な流れを掴むためのパターンです。
 左手をハイハット、右手をトップシンバルの16分音符を叩きます。
 スネアのバックビートは当然左手になります。
 1段目はバスドラムを1拍目と3拍目に入れます。
 出来るようになったら2段目のように左手のレガートを省いて右手で裏拍レガートをするパターンにします(バックビートは入れます)。
 3段目と4段目はバスドラムのパターンを変えただけです。


 コレをマスターすると16を刻んでいるように聴こえて尚且つ左手が自由になる・・・イコール変則的な場所にスネアを自由にぶち込めるようになるリズムパターンです。
 バスドラムのパターンも色々変えてみるとより遊べます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。