ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

ダイレクトドライブペダルの理由

 GibraltarHardware の6711DD-DB を使っています。


 初めて使ったペダルはスタジオ据え置きのベルトドライブでした。
 その後、時流もありチェーンドライブが主流となり僕もチェーンドライブのペダルを使っていました。


 ドラム中断からの復帰後に選んだのはベルトドライブでした。
 暫く使い込んでいましたが、ある時に動画サイトでGavin Harrison の演奏を見た時に全く知識に無いペダルを使っていました。
 AXIS の A-L です。


 カムを介さないシンプルな動きにスゴク興味が沸きました。
 早速楽器店で試奏させてもらいました。
 ペダルが下がるとバーがビーターホルダーリンクを引っ張ってビーターが前へ出る・・・カムとかベルトとかチェーンとか度外視したシンプルな動作に痺れました。


 そこからはダイレクトドライブペダルを調べまくり、試奏できるものは全部試してみました。
 楽器店、スタジオ、友人・知人・・・全てです。


 AXIS 以外に Pearl からも出ていましたし、古いところではLudwig の speed king も試しました。


 そんな中、見かけないペダルを見つけました。
 GibraltarHardware の 6711-DD-DB です。
 一発踏んだだけで「(僕の)足に合う!!」と感じました。
 フットボードの長さも踏んだ時の負荷のかかり方も高いレベルで理想通りでした。


 このビーターとの組み合わせで使っていますが、僕はメタル系ではありません。


 この頃使っていた Pearl の P-2000B は偏心カムや真円カムとか色々試した結果、踏んだ感覚をダイレクトに表現できる黄カム(ダイレクトドライブに近いフィーリングが宣伝文句です)にして使っていました。


 実際のダイレクトドライブはもっとリアルに感覚が伝わります。


 ダイレクトドライブはキチンと踏めばキチンと鳴るし、雑に踏んだり踏み方がダメだと鳴ってくれない正直者です。
 カムの加速や遠心力を一切使わないから当然と言えば当然です。
 あ、重たいビーターを使ったりビーターシャフトを長めにセットすると鳴りやすいですがコントロールが難しくなります。


 まぁ・・・それでも最近のドラムはシェルの厚さを抑えて鳴り易くしているので、鳴らす為の努力とかはほぼ無いですけどね。


 完全に一目惚れで衝動買いしました。
 見かけないメーカーだったのでペダルを前にしてネット検索すると日本に代理店が無い事が判明。
 たまたま見つけたのは試験的に並行輸入で入った物らしく、「逃したら次は無い!」と思いました(無い事は無いんですがね・・・今でも個人輸入で買えますし)。


 実際に使い始めたんですが、やはり古めの厚い胴のバスドラムは鳴らしづらかったです。
 どうすれば鳴るのか?の試行錯誤から始めました。
 フォームを徹底的に直しました。
 力を入れる部分と抜く部分も見直しました。
 靴も変えてみたし、裸足も試しました。
 ペダルのセッティングやパーツも変えました。


 結果インパクトの時に一番スピードが乗る踏み方にたどり着きました。
 カムが無い・・・その差は大きかったです。


 でもコツのような物を掴めば後は楽です。
 ブログの記事でビーター云々を書いたりしていますが、僕が選ぶビーターは鳴り方が変わるだけでビーターをもってして鳴るという事はありません・・・重いのは苦手なので。


 ダイレクトドライブは「軽い」「速い」と一般的に言われていますが、前提として鳴らせなければならないです。


 「軽い」「速い」を妄信して購入してから「鳴らない」と思って後悔している人は踏み方から見直す事をお勧めします。
 コツさえ掴めばカムを使ったペダルには無いレスポンスが手に入りますよ(^^)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。