ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

久しぶりのスタジオ2連日

 ♪~♩~♫~~~
 中「こんなんでどうっすかね?」
 打「ん~違うのやってみて」
 中「じゃコレで」
 ♪~~♫~~
 打「おぉ!カッコいい!後半もう少し遊べる?」
 中「はいはい!やってみますね」
 ♫~♪~~♬♬~~
 打「アレ?さっきと違わない?」
 中「さっきどうでしたっけ??も1回やってみますね」
 ♪~♩~♫~~~
 打「最初に戻ってるじゃん!」
 打・中(爆笑)


 ・・・・こんな事を1時間ほどやって中島君は次のバンド練習へ・・・。
 作った曲のベースアレンジのパターンの手本をセッションがてら演ってもらっていました。
 いつもは全パートを自分で作っていますが、違う人はどう考えるんだろ?と思って音源とコードとリズムのみの譜面を送ったら音合わせで遊びながらやりましょう・・・と。
 アレンジの詰めでは無いので気楽にまったりと遊んでました。


 あと1時間個人練習で叩いて来ました。


 先日のツインペダルのウォームアップを撮って来ました。

 ↑ コレです。
 



 珍しく動画を載せてみました・・・短いですが。
 今日のウォームアップなので楽譜通りには叩いていませんが、キモは押さえています。


 他にもダブルアクションとかアップダウンとか色々・・・と思ったらアップダウンの映像(寄って撮ったヤツ)を見てみたら黒いスティック(PROMARKのACTIVEGRIP)を使っての演奏でスティックの後ろに映る僕のTシャツも黒・・・良く分からない映像でした(^-^;


 なのでアップダウン奏法が分かり易い映像を載せておきます。
 プロドラマーの村石雅行さんの演奏です。

 51秒から始まる1曲目のリズム部分でアップダウン奏法を使っています。
 手首の使い方が素晴らしく一流のプロならではなお手本なプレイです。
 ごろ寝さんがブログで疑問と書いていたアップダウンとダブルストロークの違いが良く分かるプレイで、見ていると手首のアップダウンは使っていますが指でスティックを返す事はまったくしていません。
 コレぞアップダウン奏法ってフォームです。
 ※村石雅行氏は芸大の打楽器科出身の知識も技術も折り紙付きの名手です。


 残りのプレイ動画は順次上げて行きます。
 興味のある方はまた遊びに来てください。


 予告ですが、次はペダルワークのダブルアクションにしようと思います。
 今週中にあげます(まだ編集していないので出来次第)。
 ダブルアクション~トリプル(3連打)を上げる予定です。


 

 今日は久しぶりに マイペダル(Gibraltar)を持参しました。
 最近チェーンドライブのレンタルペダルばかり使っていたのでカムを介さないダイレクト感を再認識しました。
 踏んでからショットまでの動作もダイレクトならヒットした感触もダイレクトなので僕には分かり易くて使いやすいペダルでした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。