ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

サンプルスティックを試してきました。

 先日の楽器フェアにて PROMARK さんのブースからいただいたサンプル品のスティックを試してきました。

 ※ライティングの関係で写りが青いです。
 以前にレビューした FIREGRAIN R5Aを加えて3種類を比較レビューします。


 画の並びで最初は SELECT BALANCE の F5A(FBH565AW)です。
 コレは所謂 5A です。
 径: 14.4mm
 全長: 406mm
 チップ材質: Wood
 チップ形状: Acorn
 ピッチ:中間~やや高め


 ショルダーのテーパーが短めな FOWARD ですが、思ったよりパワー型って印象はありません。
 案外小回りが利く印象です。
 SELECT BALANCEシリーズの恩恵で、左右の重量差と前後のバランスが絶妙にマッチしています。
 通常の 5A と使っている方なら苦労なく使える感じです。
 その上で前後のバランス(テーパーの長さ)が選べるのでより扱いやすい製品を選択できるメリットがあります。


 次は ACTIVEGRIP の R7A (R7AAG)です。
 サンプル品に書かれている型番が RBH535AW-AG となっているので全く同じである確証はありませんが、サイズなどを見ると同じだと思います。
 径: 13.5mm (7A)
 全長: 406mm
 チップ材質: Wood
 チップ形状: Acorn
 ピッチ:やや高め


 表面処理のお陰なのか F5A と径の差が1mm弱もある感じがしません。
 しかしサイズは間違いなく 7A なので出音はややパワーに欠ける所があります。
 売りにしている ACTIVEGRIP の効果は素晴らしくて確かに滑りづらいです。
 速いパッセージや離れたキットを叩く為の高速移動でも指のグリップが最小限で済むので、常に手指のリラックス状態が保てます。


 以前にどこかのメーカーで滑らない事をテーマにしたスティックがありましたが、それは表面の感触が肌にややべたつく感じでした。
 このモデルはサラっとしているんですが、必要十分な滑り止め効果があります。
 前者は握り方によってはマメが出来やすかったり長時間の演奏で指の皮が傷む事がありましたが、このモデルはその心配はなさそうです。


 細いスティックだと手から抜けそう!って心配がある方は是非使ってみる事をお勧めします。
 画期的に手に馴染みます。


 最後は再度のレビューになりますが、FIREGRAIN R5A (R5AFG)です。
 コレはサンプル品じゃないです
 径: 14.4mm (5A)
 全長: 406mm
 チップ材質: Wood
 チップ形状: Acorn
 ピッチ:高め


 この3種類の中では最もパワーが出ます。
 公称値よりも握った感じが太く感じます・・・気のせいでしょうがね。
 Acorn型のチップは少し大きめなので太い音が出ますが、ロースト効果でピッチが高いので単に太い音だけじゃなく輪郭が明確な音が出せます。
 またまた、ロースト効果のせいで重さが通常の 5A より軽いので、太く感じても取り回しが楽です。
 耐久性はやはり素晴らしくて、画像の通り結構なパワーでリムショットをしてみたり試したんですが、複数回使っている FIREGRAIN R5A が最もダメージが小さいです。
 さすがです・・・。


 今日は PROMARK のスティック3種類のレビューでした。


 FIREGRAIN か ACTIVEGRIP の5Aと7Aの中間な太さでチップが小さめな俵型のモデルが出たら間違いなく定番なんですが・・・出ませんかね??PROMARKさん・・・。
 期待しつつ待ちましょう。


-----------


 <スタジオにて>
 ツインペダルのウォームアップが定着化しつつあります。

 ↑ のパターンなんですが、3拍目のゴーストノートと4拍目のバックビートの間のバスドラムの打数を増やす方法です。
 練習をしながら何となく行き着いた方法なんですが、踏み方やペダルの調整状態が分かり易いんですよね。
 セットして4~5分間はペダルや踏み方を調整しながらずーっと繰り返しています。
 上物をハイハットやライドシンバル~スプラッシュやサイドシンバルまで色々変えて上半身と下半身のバランスを見たりもしています。
 僕の悪い癖で上物の場所によって上体が崩れることが有るんですが、スグに分かります。


 ツインペダラーさんは試してみてね(^^)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。