ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

フォームがキレイなドラマー

 表題どおりです。


 個性的なフォームがダメという事は無いですが、やはりキレイなフォームで叩く人は見ていて気持ち良いです。


 最初は女性ドラマーで「川口千里 さんです」

 The Jan Holberg Project の 「AIM TO PLEASE」という曲です。
 脇が締まっていて無駄な動きが無くてとてもコンパクトなフォームで多点ドラムキットを自在に叩いています。
 音やグルーブの安定感はこの辺から来ているんでしょうね。
 この曲のグルーブはとても好きです(^^)
 タイトなのにキチンと人が叩いている味があります。
 スナップがとても柔らかくスティックがしっかりと振れている所が音の明確さに繋がっているんでしょう。


 若いですが、見習うべきところだらけな素晴らしいドラマーです。


 Dave Weckl は外せませんね。

 Dave Weckl with Oz Noy の 「Just Groove Me」です
 この人は余程遠いドラムキットやシンバルを叩く時以外は殆ど肩が動きません。
 スナップの使い方とフィンガーコントロールがとても上手でアクセントショットを叩く時、ノーマルなボリュームで叩く時、ピアニッシモで叩く時・・・身体~手首までがほぼ同じ動きです。
 さすが世界のトップドラマーならでは・・・・です。


 今日は時間の都合で二人だけ紹介しましたが、共通して言えるのは身体の芯がブレないって所でしょう。
 特に腰から背中~肩にかけての横ブレはほぼありません。
 横ブレが無いからスネア・シンバル・タム・フロアまでのストロークが安定して叩ける訳で、故に音やタイミングのムラも無くなる・・・理にかなったフォームですね。
 コレは見習うべきですね・・・・最近フォームの矯正が命題な僕は強く感じました。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。