ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

打楽器を鳴らす・・・

 打楽器と言わず楽器全般に言える事ですが、楽器は鳴らしてナンボです。


 それは大きな音を出すという事ではありません。


 では「鳴らす」とは?
 その楽器の持っているポテンシャルにできる限り近づけた音を出す・・・と考えています。


 例えば、吹奏楽部の大太鼓(バスドラム)をマレットではなくスティックで叩いてみると本来の音とは全然違う音がします。
 「ド~ン!」または「ドン!」と鳴るはずが「ダン!」とか「バン!」・・・少し譲って「ド!」って音がします。
 これは大太鼓(バスドラム)本来の鳴りが損なわれている音です。


 コレは間違った機材で演奏って事です・・・あまりやらないでしょうが・・・。
 


 また、ドラムヘッドをユルユルにして叩いても「バン!」とか「ガン!」って音しかしません・・・コレも本来の鳴りではありません。


 タム類にしてもチューニングが出来ていないと「ぼょ~ん」とか「どわわわ~ん」みたいな変な残響がしたり、全然響かない音になったりします。


 コッチはチューニングがダメだったりイマイチだったりな例です。


 あと的確な言葉での表現はできませんが、「音が汚い」って事が時々あります。
 多いのが歪んでしまっている例です。
 余程でない限りタムは「バン!」とか「ビタン!」とは鳴りません。
  
 コレはショットが強すぎる(楽器やヘッドのポテンシャルに対して)時に多いです。
 いや・・・強すぎると言うか・・・ショットと言うより力任せな殴打的な叩き方の時ですね。
 音は大きく出ますが、通りません。


 そして「ヘッドの音しかしない」・・・つまりチップを振らずに置いちゃってる叩き方です。
 厳密には幾分かは胴の音もしますが、「違うドラムセットでもヘッドが同じなら出せるよね~」って音です。


 読んでの通り楽器が鳴る」とは程遠い音です。
 


 じゃ「鳴る」とは何ぞや?
 ↑ の「悪い例」の逆説全部を継ぎ足すと「鳴り」ます。
 ・適切なスティックやマレットなどで叩く。
 ・適切なチューニングをしてヘッドのアタックや響きもシェルの振動も伝わる音を作る。
 ・力任せではなくリラックスして手ではなくチップで叩く感覚でショットする。
 ・打面を叩く事をターゲットにしないで、打面を叩いた音(衝撃)をボトムヘッドにぶつける感覚でショットする。

 コレで「その楽器」のポテンシャルを引き出せるはずです。
 引き出せればドラマーの「勝ち」です。
 それが出来なければ楽器の「勝ち」(何かが足りない)です。


 楽器をキチンと鳴らせば力を入れなくても自然と通る音が出るし、その音はマイクの乗りも良いです。


 僕流のチューニングの基礎知識ですが・・・。
 まずトップで欲しいアタック音のピッチを出します。
 次にボトムをトップと同じ高さにチューニングします。
 この時が最も残響が長いです(ファンダメンタルトーンと言います)。
 そこからボトム側を欲しいサスティーン方向へチューニングします。
 「トーン⤴」にしたいのか「トーン⤵」で好みが別れます。


 タムにしろスネアにしろチューニングレンジ(出せる音の幅)は結構広いので○○インチはトップ側がAとかFとかって神経質に音程で採る必要もありません。


 ・・・・ってか音程で採る人もいるようですが、ボーカルさんが変われば調も変わるのに決め打ちしちゃって良いんでしょうかね??
 その都度作っているんでしょうか??(興味津々です)


 チューニングの方法については諸説あるので、どれが正解という事はありません。
 「こうじゃなきゃダメ!」って事も無いです。
 実際ドラムテックさんによって音の作り方は違っていたりします。
 なので「出したい音」さえ作れれば理屈はどうでも良いとも言えます。


 良い音で鳴らすってどの楽器にも、ジャンルを問わず必要なことですからフォームやルーディメンツと同列で考えましょう。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。