ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

必殺ショット!

 たまには自分のプレイについて書いてみます。


 取り立てて個性的なドラマーでは無いです。
 しかし、1個だけ「必殺技」があります。


 それはスネアドラムへのショットなんですが、一緒に演ったメンバー曰く「衝撃波」との事。


 滅多に使わない叩き方で、音量はさほどでもないですが「骨に響く」らしいです。


 ちなみにその叩き方に名前はありません。


 僕も経験上「骨(頭蓋骨)に響くショット」を見た(聴いた)のは2人のドラマーだけです。
 最初は頭にガツンと響くショットを感じた人、次はその衝撃が現実だと目の当たりにした人のみです。


 最初の人は普段から「パーン」って弾けるようなドラミングをする人だったので、音量のせいだろうと考えていました。
 二人目の人は、その人以上の音量で叩く人をたくさん見た後で、生演奏を観ながら「耳よりも頭に響く!」と衝撃を受けました。


 それから僕は「どう叩いているんだろ?」と試行錯誤しまくりました。
 オープンリムショットなのは間違いないんですが、普通に叩くと普通のリムショットの音です。
 リムに浅く掛けたり深く掛けたり、ヘッド側にウェイトを載せたり・・・色々。


 長い期間をかけて(集中して研究していた訳ではないので長くなっちゃいました)、いつの間にかできるようになっていました。
 と言うのも、叩いている本人には響かないんですよね・・・どういう訳か。


 ある日、何種類かのアクセントショットを叩いた中で「今の音すごいね、耳の後ろの骨に響いたよ」と言われて「あ、コレなんだ」って分かったんです。


 叩き方は「素早いストローク」がキモで、スピードを活かしてリムにかけてスティックを十分撓らせて叩く・・・です。
 スティックの太さは関係ありません。


 但し、リムショットなのでダメなフープじゃ鳴らないし、シェルの鳴りも重要なのでやはりダメなシェル(変形していたり、仕様的に鳴りの限界が低いシェル)では鳴らせません。


 深さ4インチのマイスネアでも出せます。
 僕はメイプルシェルですが、僕が見た2人はメタルシェルだったのでシェルの素材は関係なさそうです。


 しかしスネア1台で色んな音が出せるんだ・・・と改めて考えると、もっと色んな音があるのかな?と興味を持ってしまうこの頃です。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。