ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

中島君とセッション

 
 さっき気づいたんですが、ムラゴンでブログを始めて1年が経ちました。
 だからと言って特別何かがある訳では無いですが、続けられたんだなぁ・・・としみじみ・・・とはしませんが「案外続くモンだね」と考えていました。


 今日はゲートウェイスタジオ(懐かしい響きですね)町田店で叩いて来ました。



 中島君とジャムセッションで遊んできたんですが、スタジオへは僕一人で入りました。
 チャット(グループトーク)機能を使ってのセッションです。
 Wi-fiを使ってノートPC経由で音のやり取りをしての音合わせです。


 Send側:スタジオのオフマイク→卓→PC→Wi-fi
 return側:Wi-fi→PC→卓→イヤモニ


 中島君は自宅でベースとPCを繋いでヘッドフォンモニターです。


 途中、急にイヤモニの音がスカスカになったのでイヤーチップを交換。

 ↑ が長い事・・・半年くらいかな・・・音を伝えてくれたイヤーチップです。

 イヤモニは SHURESE215 を使っています。
 コレは余計な音(音域)が出過ぎないのでお気に入りです。
 聴きやすい音(ドンシャリとかボーカルが出過ぎとか)のイヤフォンは耳が疲れるので、これが丁度よいんです・・・僕には。
 315とか425も試聴しましたが、モニター用ではなくリスニング用に聴こえたのでパスしました。


 で、今日のスタジオへはスティックのみ持参。
 ペダルは Pearl の P-3002D をレンタルしました。

 久しぶりにレンタルするペダルです。
 調整が楽なのですぐに狙いに近い感じに調整できました。
 あとダイレクトドライブがレンタル出来るのは大助かりです。


 このペダルの売りは ↑ の調整機能と同じくらい優秀なドライブシャフト(DS-300A)です。

 コレは一般的なツインペダルのシャフトと比較すると段違いにレスポンスが良いです。
 ほぼ2バス(ツインペダルではなく)のフィーリングに近い速さと軽さ(抵抗の無さ)を実現しています。
 ウチのペダルの感覚で踏むと左足が若干喰い気味になります(^-^;
 普通のドライブシャフトの左足はカムの重さで踏み始めに若干の抵抗があるんですが、このシャフトはその重さが限りなく無いので「ストン!」と踏み込めてしまうんです。


 コレに慣れると他のは使えない・・・と言われる理由が分かります。


 今日の音合わせは「リズムパターンで遊ぶ」を主題にしました。
 ドラムパートは8ビートを叩きながらバスドラのパターンにバケラッタを混ぜ込んだり、色々なリズムパターン(8と16ビート系)で右手のみ16分の裏を叩き続けるパターン(左手や両足は普段通りに叩く・・・・感じが変わって面白いです)とか・・・。


 少しずつでも中断以前に戻れ、追い越せ!を目標に叩いています。
 最近やっと4割くらいまで復活しています・・・反射神経が中々戻りません・・・戻るのかな??


 で、スタジオを出ると町田お祭りでした。

 祭りは良いですね・・・情緒があって大好きです。


 
 祭り見物がてら町田をブラブラして帰宅しました。
 活気のある街ですね。
 面白かったです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。