ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

叩いて来ました・・・個人練習。

 今日も暑い一日でした。
 予定外の休暇で無駄に慌ててスタジオ練習してきました。
 

 

 今日は SAKAE の メイプルセットでした。
 

 

 久しぶりに持ち込んだツインペダル(^^)
 やっぱ足に合う!!
 あまり上手に出来ないブラスト奏法もいつも以上に出来たりで満足でした。


 で、ビーターをPearl の B-300F に変更しての初叩きです。
 TAMAのなんちゃって CB900AS と比較するとビーターシャフトとバスドラムのヘッドの距離が10mmくらい短くなる(ビーターがヘッド側へ倒れる)ので踏み心地が大きく変わりました。
 もう最初なんて全然感覚がズレちゃって思ったタイミングより大分遅れてバスドラムをヒットしていたりで大変でした。
 その後、ビーターとフットボードの角度を調整していつも通りの踏み込みに合わせましたが、思わぬ落とし穴でした(^-^;


 出音も凄く変わって、なんちゃってCB900ASは「バン!」って感じの音でしたが、B-300Fは「ドン!」「ドシッ!」って鳴りです(ドラマー側から聴いた音です)。


 どちらが良いか?は好みと用途(演奏する音楽に合うか?)の問題なので判断はつきませんが、B-300Fの方が汎用性が高いのは間違いないです。


 ただ、どちらのビーターも左右の出音に大きな違いが無いのが叩いていて面白かったです。


 結果的に「どっちを使うか迷う」って事になりました。
 アタックの瞬間が耳に残しやすいCB900AS。
 バスドラムらしい低音を出しやすいB-300F。
 ん~~~マジで迷います。


 そして肝心の練習ですが、スタジオへ入った時に渡辺美里さんのサマータイムブルースがランダム再生されていたので、取りあえず体ほぐしで美里さんのアルバムを叩いていたら面白くなっちゃって大半の時間 美里さんの曲を叩いていました(^-^;


 手も足もガンガン入れてかなり賑やかに叩いていましたが、ま~良くできた曲ばかりです。
 イヤモニで聴くと普段聴こえない音も聴こえてくるので、新鮮な感じで楽しく叩けました。


 それと画像3枚目を見るとわかりますが、ビーターを若干短めにセットしてみました。
 速いパッセージが得られる事は勿論ですが、センターを外す事でオープンショットの余韻を長めにできるんじゃないか?って期待を込めてのセッティングです。
 シャフトが短い分パワーは出づらいのが難点ですが、それは今後の課題にします。
 


 それにしても「暑かったぁ!!(怒)」


 ツインペダルって想像以上に重いんですよね・・・そりゃ金属の塊ですから重くて当然ですが。
 炎天下の徒歩からエアコンの効いたバス、そして再度外気にさらされて徒歩からホームでの待ち時間。
 弱冷房の電車から再び炎天下を徒歩。
 で、冷房の効いたスタジオへ・・・。
 温度差で結構やられます。
 その反対経路での帰宅・・・・帰宅後は倒れるくらい疲弊していました。
 世のドラマーさん達(電車・バス利用の人)でツインペダル持ち込む人って毎回こんなに苦労しているんでしょうね・・・尊敬します。
 しかし、毎回の疲弊はイヤなので次回はキャリーで持ち込みます。
 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。