ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

ツインペダルの練習

 たまにはドラムブログらしく、練習メニューを載せてみようと思います。
 今回はツインペダル(ツーバス)の練習です。
 足でのルーディメンツはすっ飛ばして(^-^; リズムへ組み込む練習パターンです。
 コレからツインペダルを使おう!って方は是非チャレンジしてみてください。


 今日は両手で8ビートを刻みながらのパターンです。
 資料は1小節(4拍)分なので、リピートして練習しましょう。


 1.

 3拍目に16分の4つ打ちを入れます。
 右足スタート(RLRL)、左足スタート(LRLR)のどちらからでも出来るようにするのが吉です(コレ以降のパターンも同様です)。


 2.

 「1.」でやった3拍目の4つ打ちを4拍目まで延ばしてみます。
  リピート後の1拍目のバスドラムにアクセントを付けると良いです。


 3.

 1拍目と3拍目に3つ打ちが入り、4拍目は4連打を入れてみます。


 4.

 16分音符の連打パターンです。
 この練習は長時間続ける事に意義があります。
 力んで叩くと長時間持ちません。
 いかに脱力して長時間叩き続けられるか?を鍛えます。


5.

 1拍目と3拍目に連打が入っています。
 1拍目は4連打、3拍目は6連打です。
 

 6. 

 3拍目にスネアのゴーストとバックビートの間に3発踏みます。
 この時に3発の音がキチンと前に出ているかを録音などで確認しましょう。


 7.

 コレは「6.」の応用的な使い方です。
 先日のBABA KINgのライブでの演奏曲「恋のダイヤル6700」のサビ部分で実際に叩いたパターンです(オリジナルはズーっと1発ずつです)。
 


 8.

 手と足のルーディメンツ兼フィルインに使えるパターンです。
 
 色々なテンポで練習しましょう。
 練習は録音(録画)をして確認しましょう。
 足は手と比較して使う事に慣れるのに時間がかかります。
 焦らずに確実に身についてから進むようにしましょう。
 
 珍しく練習ネタでした。
 


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。