ドラム日和

ドラム・バンド・音楽・機材そのた雑感をダラダラ書いています。
更新は不定期です。

ドラミちゃん練習日

 今日は横浜ゲートウェイスタジオでドラミちゃんの練習でした。
 
 練習2日目です。
 
 今日はスティックの振り方からスタート!
 精一杯叩いていました。
 音が良くなりました。
 音が良くなって拙いながらも叩くビートにキレを感じる瞬間もありました。
 
 たった2日間、しかも間が空いた2日間、計4時間程度で音が出せるのは素晴らしいです。
 
「音」はとても大切で、「キレイな音」が出せると労せず通る音が出せます。
 
 まず「音」が出せなければダメ・・・それは管も弦も同じです。
  
 音出しは僕もドラムを始めた頃に教わった事で、吹奏楽で打楽器担当だった叔父の知り合いに叩き込まれた事でした。
 
 しかし教わる・教えるって難しくて、とっかかりを与えて あとは本人が場数をこなして積み重ねるしかないんです。
 しかし勘が良いのかスネアの音が「パン」から少しずつ変化して後半は「ダッ!」とか「ダン!」って鳴るようになりました。
 スネアのセンターをキレイな軌道で降りてきたスティックが無駄な力のかからない状態で叩いた音です。
 まだバラつきはありますが、数をこなせば確率が上がるでしょう。
 
 前回は練習の風景を撮った動画の成長をみて泣きそうになりましたが、今回は感心しきりです。
 
 油断すると簡単に劣る年頃の僕からは、その成長はあまりにも鮮やかで強烈な瞬間で刺激的です。
 
 そういうのを見ていると頑張る人になら出来る限りの事をしなきゃ!そして負けじと自分のハードルも上げなければと思う今日でした。