ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

機材への回答

 機材への問い合わせが有ったので回答します。
 ※個別に回答するのは手間だしキリがないので書いておきます


 まずは 度々ブログに登場する スネア

 Pearl の MMX1440 ST/C ってモデルです。
 サイズは14インチ 深さ4インチで メイプル4プライ+レインフォースメントのシェルです。
 現在ヘッドはEVANSの EC1 を使っています


 Pearlのカタログには非掲載なモデルなので詳細を知りたいと問い合わせがありました。
 仕様はマスターズカスタムシリーズに準じていると思います。
 


 次はスプラッシュシンバル

 SABIAN の AAXシリーズのチャイナスプラッシュです。
 サイズは10インチです。
 コレもメーカーカタログ非掲載モデルです。
 確かAAシリーズにチャイナスプラッシュがあったと思いますが、似てるのかな・・・多分似た音だと思います。
 


 ペダルです。

 Gibraltar の 6711DD-DB ってモデルです。
 ダイレクトドライブのツインペダルです。
 G-グレードのフットボードです。
 ビーターをTAMAに変更しています。
 他はバネとベアリングをPearlのに変更しています。
 アチコチ弄ってます。


 ディスコンでカタログやWebサイトからは落ちたようです。
 上位シリーズの97XXにはダイレクトドライブがありません。
 また、新しいシリーズにもダイレクトドライブのラインナップが無いので撤退したんでしょうかね。


 
 珍しめな機材と言えば ↑ くらいだと思います。
 売っているトコの情報を求められても知らないんですよね。
 どれも新しいモデルではないので店頭に無ければ「無い」んだと思います。
 Gibraltar の ペダルについては 日本にGibraltarの代理店が無いので個人輸入や並行輸入で販売している所か海外の通販を使えば入手可能かも知れません。


 機材について言えるのは、とにかく「気に入り方が鬼」です。
 一旦気に入ったら同じ用途の他の製品には一切目が行かないです。
 壊れるまで使います。
 壊しても直して使います。
 直せなくなったら・・・泣く泣く諦めます。


 とは言え、新製品は気になるので楽器店などで見てきます。
 時には試奏させてもらったりします。
 でも買い替えとかな無いですね。
 特に ↑ の3点は超お気に入りなので、違う用途の製品を買い足すとかはあっても買い替えはありません。


 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 <<機材雑話>>
 ~自分の耳と感覚を信じましょう~


 機材について書いたので、機材選びについて書いてみます。
 過去に書いた内容と重複する部分があると思います。


 「スネアは種類に関係なく音が作れる」
 「スネアの音は種類に左右されない」


 って話は本当なのか?と以前聞かれました。
 ブログにも書きましたが、スネアはモデルによって音は違います。
 正直な話、この質問をされた時「何言ってんだろ?」と思いました。
 一流・超一流のドラマーが何台もスネアを持っていて仕事によって使い分けてるって考えれば分かりそうなもんです。
 エンドースメント契約していないメーカーのスネアを持っているドラマーもたくさんいます。


 本気で疑問に感じるのであれば音大や芸大の打楽器科の先生に聞くとか、工業大学の音響測定をやっている偉い人に聞けば良いです。
 若しくは波長・周波を研究している物理学者さんにでも・・・。


 
 「技術を鍛えればペダルを選ぶ必要は無い」
 要はペダルに大きな違いは無い・・・って本当なのか?って質問です。


 違いは「あります!」
 基本的な仕組みは大体のペダルが一緒です。
 でも、精度や材質が全然違います。
 踏みやすさだけとか一過的な使い勝手を考えると技術を鍛えれば大抵のペダルを扱えるでしょう。
 しかし、精度が悪かったり粗悪な材質(キチンとしたメーカー製品には無いと思います)で作られたペダルは故障率が高くなります。
 そして多分ですが、「違いは無い!」と言っている本人だって選んだペダルを使っているはずです。
 目隠しをして適当に指さしたモデルを買っている訳じゃないでしょう。


 細々とした調整機能の違いだったりの部分もありますが、その辺は自身の需要に依ります。
 ただ、フットボード自体の重さやカムの仕組み、チェーンドライブならギアの歯の数や厚さ、チェーンの精度で踏み込んだ重さが大きく違ってきます。
 ドラムって連続運動だったり反復運動な訳ですから、体力的な負担の影響は大きいです。
 踏み込みの重さだけでもプレーヤーの身体能力や体格によっては影響します。
 なので自分の感覚に合う・踏みやすいを感じるペダルとそうじゃ無いペダルは確実にあると思います。
 そこを無視してプレイできる人も存在するでしょうが、万人に当て嵌まると考えるのは「あまりに雑」です。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。