ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

未来の音

 曲を作っています。
 それは以前からなんですが、今でもチョットした時間を見つけてはチョコチョコとMIDIに残しています。


 作りかけのままのドラム練習曲・・・続きが見えないのでそのままになっていますが、新しい物を増やしている最中です。


 ウチでは所詮MIDIで作っているだけなので、バンドアレンジしたらどうなるだろ?なんて想像しながらも続けています。


 音の組み立て・組み合わせはほぼ無限です。
 凄く複雑なコードもあれば、スケールの種類も山ほどあります。
 その中で何を選び、組み立てて行くか?ってワクワクします。


 先日のブログにも書きましたが、〇〇っぽさは避けたいので(かと言って避け過ぎて破綻しちゃ元も子もないですが)ホント悩みます。


 昔聞いた話ですが、小林亜星さんだっけな?
 曲を作っていて「どこかで聴いた・・・」と思ったら、それが「どこか?」すら考えずにボツにしたそうです。
 オリジナルってそういう物だと思います。


 大好きで止まない Sting 氏は、音の並びや重なりがどういう心理変化をもたらすか?を勉強した上で作曲しているそうです。


 と大御所を出したところで僕が作る曲は所謂普通のアマチュア音楽です。


 でもね、「どうなるかな?」と未来の出音を想像していると楽しくて仕方なくなります。
 多分、未来の音を想像する力は音楽を作る場に必要なんだと思います。


 アレンジをとっても、「この人にこういうフレーズを投げたらどうなるだろ?」って想像しつつも実際に投げられる人・・・ココまでは普通のバンマス。


 投げ返して来た音が予想・想像と違った時に「少し変えようか?」とか「違うんだよな・・・」と出るのは未来の音が想像できない人。
 自分の理想に当てはめる・・・それじゃ誰が演奏しても同じ音にしかならないし、そもそも自分の理想自体が過去に得た情報に沿うように作られているからです。


 そこで「じゃその音を活かすためにどうしよう?」と考えられる人は更に未来を想像しながら音を作れる人だと思います。


 さりとて、全くビジョンがなく丸投げ的にパート任せにするのも危険がいっぱいです(^-^;
 なので各パートには数パターン用意してもらうのが吉なんでしょうね。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


<< 余談 >>
 楽譜の事。
 先日のライブで一緒したベースのハルさんに「楽譜読むんだね?」と。
 全曲譜面を起こして練習中(3回・・・あ、初回は譜面を書く時間も無かったので記憶だけだった・・・ので2回の練習と本番)は読みながら叩いていました。
 「あれだけキッチリ書いて読むドラマーも珍しい」との言葉をいただきました。
 ハルさん自身、「読譜が苦手」と言っていた通りで耳コピーとコードをガイドに弾くタイプのベーシストです。


 あ、キッチリ書くと言っても、最近は手書きはしていません。
 PCで楽譜を起こしています。



 ↑ コレを使っています。
 実際に書き込んだ音符をWindows内蔵のMIDI音源を使って鳴らす事が出来るので、書いた音符が正しいか?の判断まで出来る優れものです。
 PDF出力もしてくれるのでプリントも楽です。


 ってソフトの話は置いておいて・・・・。


 僕が楽譜を読めるようになったきっかけは、先輩ドラマーの影響でした。
 高校生の頃、僕のいたバンドが所属していたバンドサークルと付き合いのあったハコバンのドラマーさん・・・この人です。
 主にキャバレーなどで演奏していた人で、いつもキチっとした身なりで颯爽と歩く大人の人でした。
 
 ある夏の日、市内の大型小売店のイベントで初めて生演奏を見た時に衝撃を受けるほどカッコよく上手いドラミングをしていました。
 何とか、何でも良いから教えてもらおうと直談判したら「楽譜が読めるようになってから来なさい」と・・・。
 中学時代、音楽が「2」だった僕が楽譜なんて読める訳がないし、勉強の方法も知らない小僧だったので出身中学の音楽の先生に「ドラム譜を教えてくれ!」と頼み込んでリズム音符の読み方と譜面記号を教わりに通いました。
 
 何とか「タン、タタ、ンタタタ・・・」とか読めるようになって再度教えてくれるよう談判に行きました。
 
 「言葉で教える事はない」と楽譜だけ渡されました。
 スティックコントロールのような基礎練習用の楽譜では無く普通に曲の譜面でした。
 ドラム譜とマスター譜・・・。
 
 ひたすら音符を叩きました。
  
 何度かそんなやり取りをしている内に、スタジオで教わる事もなく、言葉の説明を聞く事もないままその人は東京へ行ってしまいました。
 
 あとから聞いた話で、その人は音大の打楽器科を出たバリバリの理論派で、東京へ出たのもハコバンの世界では有名な事務所に引き抜かれたらしいです。
 
 その時に得た知識が今役に立っています。
 
 最も・・・ライブ当日はヒドイ頭痛を抑える為、多めに飲んだ鎮痛剤が効いていて譜面を読む余裕もないくらい「ボーっ」としていました(^-^;
 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。