ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

クロスストリートライブ報告

 伊勢佐木町のイベントホール「クロスストリート」 でのライブ報告です。
 ドラマー目線、且つ僕の経験からの主観で書かせてもらいます。



 「ゆず」が命名した横浜市にあるイベントホールです。


 最初に書きますが、「ライブハウス」ではなく「イベントホール」です。
 呼び名の話では無く建物の用途(目的)にあった造りだという前提がある事を念頭に置く必要があります。


 なので、バンド演奏が前提な造りではありません
 ステージは様々な用途に使えるような造りになっていました。
 そして思ったよりも狭かったです。
 席数が50だとやはり狭いですよね。


 ・・・・写真が無いんですよね・・・撮ってる余裕がありませんでした(体調不良で)。


 で、ドラムセットですが・・・
 YAMAHAのセットでした。
 B.D. :18インチ
 T.T. : 12インチ+13インチ
 F.T. : 14インチ
 シンバルはH.H.+サイドシンバルx2 + トップシンバル


 ラウドな音が必要な音楽以外は色々なジャンルに使えそうなセットです。


 リハ前に注意を受けたんですが、「大音量」はN.G.なホールのようです。
 ご近所は商店街で、あまり大きな音量は営業に差し支えるようです。


 そんな感じな事も含めてドラム環境は決して良くありませんでした。
 ドラムキットにはもれなく強めのミュートがされています。
 バスドラムも詰め物が多すぎてヘッドのアタックしか聴こえない感じでした。
 シンバルもガムテープでミュートがぎっしり。


 マイクはバスドラムに1本とセンタートップに1本のみでした。


 ドラム用のモニターもハイハット側に設置されていますが、鳴ってたのかな??
 モニターが必要ないくらいの狭さなので、ほぼステージ上のアンプの生音とボーカルモニターへ帰ってきてるボーカルで十分な環境でした。


 ドラムキットとシンバルが「ガッチリ」ミュート & 建物が音が響く造りで狭い・・・。
 スネアの音作りが難しい所です。


 バスドラムは独立して拾ってくれるのでP.A.さん任せ。
 問題は上物のバランスなんですよね。


 スネアが出過ぎるとトップ(マイク)のレベルを下げられてタム類が聞こえなくなります。
 叩き方で・・・って手もありますが、狭さと響きで音が暴れやすいです。


 なので、ベーシックに好きな音色を作ってからスナッピーは張り気味にしてからフェルトミュートを乗せてバターサイドをミュートしてみました。


 消去法で考えての音作りです。


 ・音を固くすると響き過ぎて耳障りな音になります。(トップも下げられます)
 ・音が柔らかすぎるとスナッピーの響きが出過ぎて輪郭がハッキリしない音になります。
 ・・・・・その狭間で音を決めなければならないです。


 しかもリハの順番は最初(出番の逆順)なので、それまでに音を作らなければいけません。
 なので準備として、ベーシックな音作りは自宅でやってしまっていました。
 当日の環境でピッチを弄るのとミュートを選ぶだけの状態にしておきました。


 当日はドラムのセッティングを終えた後に「」でミュートと軽いチューニングのみをしてリハ(音決め)をしました。


 本番の映像では深さ4インチスネアならではのタイトな音でシッカリと胴鳴り(案外下の音が出ていました)もしていました・・・もちろんタム類も聞こえていましたよ。


 ドラムセットへのマイク環境がもう少し良ければ楽なんですけど・・・こういう事もありますね。


 そして肝心のライブですが、「無料」って事もあって多くの通りすがりの人が音を聴いて足を止めてくれていました。
 ホールまで入ってくれる人は案外まばらでしたが、見てくれた人は楽しんでくれていたようでした。


 「ゆず」が命名ってのがキモなようで、何人もが建物の写真を撮っていました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。