ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

バンド感

 昨日紹介した動画 ↓ 

 Stay Gold 


 浜田麻里さんはソロボーカリストです。
 常に一緒なのはコーラスの浜田絵里さん(妹)のみで、他のパートはプロミュージシャンで固めています。
 とは言え、ここ数年ライブのバックバンドメンバーは変わっていないようです。
 そのせいか、音の纏まりがとても素晴らしいです。


 紹介した Stay Gold ではギターとボーカルの見事な絡みが見られ、ツインギターのユニゾンも素晴らしいです。
 そして全部のパートが演奏を出し切っています。
 後半のシャウト部分も浜田麻里さんの「声の全てじゃん?」ってくらいの声量と声域をフルに使っています。
 ボーカルにこれだけ頑張られたらバックバンドも煽られますよね(^^)
 最後のアルペジオへの導入の仮終わりのアクセントでドラムの宮脇知史さんが立ち上がるのも分かります・・・それくらい力が入るボーカルの煽りでしたから。


 ※宮脇知史:44MAGNUMのドラマーでした。 以降はZIGGYやダイヤモンドユカイ氏他で叩いています。


 この演奏を見るとボーカル + バックバンドですが、音は完全にバンドサウンドになっています・・・それくらいの一体感があります。


 これはボーカルも含めたメンバー同士が刺激し合って演奏しているからだと思います。


 ボーカルバンドやボーカル + バックバンドはとかく「合わせる」事に気を取られて互いの刺激を忘れがちですが、リハではなく本番でもぶつかり合う気迫を持っての演奏がなせる業でしょうね。


 この動画を見て感じたのは、ボーカルがバックバンドに助けられている構図ではなく、ボーカルがバックバンドを喰う勢いで歌い、バックバンドも負けじと食い下がる演奏のぶつかり合いです。


 まさに気迫のこもった演奏だと思います。


 スゴイです・・・本当にスゴイです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。