ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

サポートを長く続けるコツ

 今決まっているサポートを最後にする予定なので、サポートで武者修行とか考えている人にアドバイス・・・って程ではありませんがコツというか気構えを書いてみます。


 まずは、「断らない」から始めたら良いです。
 一生のバンドを組むわけでは無いので、あまり重く考えずに「ライブまで」とか「録音まで」って期間を区切って受けると良いです。
 無期限とかは実質サポートとは言えないので、そういう形は受けないのが吉です。


 そして、「受けた話は絶対に降りない」です。
 壊滅的に人間関係がダメになったとか、倫理上ダメな人達だとか、急な傷病は別にして「やり遂げる」・・・コレが最も大事です。


 「曲が難しい」「得意なジャンルと違う」「音を出してみて自信が無くなった」「メンバーと音が合わない」「やった事が無い音楽だ」・・・・降りる理由・・自分への言い訳なんて数えきれない程あります。
 所詮趣味娯楽の世界ですから降りるも諦めるのも簡単ですし誰も責めないでしょう。
 でも、一度でも諦めたり降りたら必ず「クセ」になります。
 結果「負け犬根性」が染みついたドラマーになってしまいます。
 サポートを続けるのは降りクセが着いた人には無理です。
 降り癖がつくと曲やバンドを選ぶようになるし、簡単に降りる人にはサポートを頼む人なんていません。
 結果、自分の得意な事しか叩かないドラマーになり武者修行になんてなりません。


 出来ない事があったら個人練習で克服すればよいし、分からない音楽だったらメンバーに正直に話してヒントや助けをもらえば良いです。
 サポートを頼む方だって完璧なドラマーとは思っていないはずです。


 あ!一つ忘れていましたが、自分の得意ジャンルに限定したサポートさんもいるので、そういう人は別の話です。


 以上の2点が「コツ」で僕が続けてきた事です。
 サポートを依頼された際、スタジオまでの距離が異常に遠いとか音合わせやライブのスケジュールなど時間的な制約で無理とかじゃない限り受けていました。
 コピー曲のリンク(動画サイトなど)が貼られている事が多いですが、大抵は返事してから見ています(曲を知らないで受けています)。
 お陰で知らない曲ばかりを叩く事も多々あります。
 知っている曲でさえ、普段聴く際にドラムを中心に聴く事もないので、コピーの為に聴いて初めて「こんなドラムだったんだ!」って事も多々あります。
 未知の曲ばかりなので殆ど難しいです・・・簡単に叩いた曲はほぼありません。


 若い頃も同じでスタジオの社長が勝手にOKして話が来るので、僕に断りを入れる間はありませんでした。


 最初は出来なくて雰囲気が悪くなったり、厳しい年配のプレーヤーから叱咤されながら叩いた事も多いです。


 それでも僕は降りませんでした。
 初めてのジャンルで曲想や雰囲気が分からない時はメンバーに教えてもらいながらでも叩いて来ました・・・降りません・断りません・・・もう完全に「意地」の世界です。
 自分で選んで好きで叩いているドラムです。
 誰かの頼まれたり続ける義務がある訳でもないです。
 行くも引くも決めるのは自分です。
 好きで続けている事に意地が無ければ単なる「ノリ」の話です。
 僕は「ノリ」でドラムをやっているつもりはない(ライフワークです)ので降りる事・無理だと投げ出す事は考えた事が無いです・・・ってか想像もしてないです。
 ・・・と、マイナスな事先行で書いていますが、新しい事にチャレンジって面白いですよね(それがモチベーションだったりします)。
 
 それと、1つのバンドに必要以上に思い入れを持つのは避けた方が良いです。
 知り合いのバンドとかなら別ですが、サポートが終われば正規のドラマーが決まるかも知れません。
 音楽的にも考え方が違う人達と接していると考えて付き合うのがベターです。
 意見がぶつかるのも面倒くさいですし、サポートのせいで関係がこじれるのは勿体ないです。
 結局そのバンドの音を決めるのはメンバーなので、必要以上に意見を推すのは避けた方が良いです・・・揉めると音楽そのものがイヤになる事もありますからね。


 もっと技術的な何かを期待したかもしれませんが、それは武者修行で掴んでください。


 今週は夜勤務なので・・・・寝ます。
 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。