ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

コピー VS オリジナル&カバー

 自分が演るなら・・・って事です。
 すでに「バンドやるならオリジナル」と公言している訳ですので、その理由などを書いてみようと思います。


 音楽演るなら断然「オリジナル」派です。
 楽器を操って好きな音楽を創作できるってすごく幸せで楽しいです。
 誰のモノでもない自分たちの曲を演奏できるのは演奏冥利に尽きます。


 カバーも楽しいです。
 まず作曲の手間が省ける(^-^;
 原曲に対して「どんなアプローチをするか?」コレはセンスが問われる所ですが、腕試しと思ってチャレンジできます。
 まぁ・・・やる以上は「原曲超え!」が目標ですよね。


 コピーは・・・・個人的にあまり好きではありません。
 何をどうやったってオリジナルが頂点ですからね。
 頂点を超えない限り自分たちのメッセージにはなり得ない(それでも自分たち言葉やメロディーではありませんが・・・)と考えているからです。
 それとコピーは「縛りが多い」のがイマイチな点でもあります。
 打楽器(ドラム)の演奏ってリズムとノリが崩れずに演奏できるパターンが結構多くありますが、その中で遊んでもコピーバンドの場合は「演奏しづらい」とか「原曲と違う」となる事が往々にしてあるんです。
 無個性で演るのが苦手なのでついつい演奏が硬くなったりします。
 (完全に個人の好みの問題ですね)


 この部分は音楽(バンド)に対する考え方が別れる所です。
 僕は人前で楽器を演奏する限りは有料無料を問わず自己主張であるべきと考えています。
 それは自分(達)の気持ち・言葉・音を「伝える」為の曲であり演奏である・・・が前提ですので、他人の言葉じゃ何の説得力も無いと考えています。


 反対に「ショー」として演じるという考え方もあります。
 それを見て・聴いてお客さんが満足してくれればOK。
 コチラも納得できる考えです。


 どちらを選ぶか?は演者さんの考えと気持ち次第です。
 
 あと、オリジナル曲は(作るのが)難しいと思っている人は、まずチャレンジする事が大切です。
 確かに難しいですが、何曲も何十曲も作ってその中から良い曲を採用すれば良いんです。
 数曲作って「良いのが出来ない」ってのは短絡的すぎですし、難しさをなめてます。
 オリジナル曲を演奏しているバンドや個人はそこを乗り越えて頑張っているんです。
 
 とは言え、好きなアーティストの曲を演奏したい!って気持ちが強くてコピーバンドをやっている人もたくさんおりますし、気持ちも分かるので特定の考え方に絞るのも何か違う気もしますが・・・・。
 
 そんな事を考えた今日でした・・・・。
 
 


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。