ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

唸った!!

 NTTドコモのCMで高畑充希さんが歌う「紅」がホントに上手くて唸りました。
 ってか、上手過ぎて・・・ねぇ。
 ブレスの間とか発声の終わりの声の切れ方を聴くと粗っぽさがありますが、この曲は粗っぽいくらいが丁度よいですよね。
 それと同時にエコー(リバーブ)無し(生声)の歌声だという事がわかります。
 生声でこれだけ安定して声が出せるって、バンドボーカルの手本のようです。
 フルコーラス聴いてみたいです。



 最近最も唸ったのが ↓ です。

 SHOW-YA の HOWEVER (GLAY のカバー)です。
 GLAYの原曲は知っていました・・・というか聴いたことが有る程度の「知ってた」です。
 あまり入って来なかったんですよね。
 メロディーとかはすごく良くてカッコいいのは承知の上でしたが。
 ドラム仲間に教えてもらってSHOW-YAのカバーを見て「こういう曲だったんだ!」って一気に入ってきました。
 SHOW-YA がすごく分かり易くカバーしている事もありますが、歌の説得力がスゴく増したんですよね。(テルのファンの方とテルさん本人ごめんなさい・・・僕にとってって意味です)


 それにしても原曲のすばらしさは目を見張ります。


 バンドでもボーカルバンドの曲はボーカル + バックバンド な音になります。
 バンドらしいバンドの曲はボーカルの後ろで楽器隊がうるさくなりがちです。
 この曲はボーカルがシッカリとたっていて、楽器が出るところはキッチリ出ていて(出過ぎずに)ボーカルとバッキングのバランスがマッチしています。


 割とゆっくりなテンポながらも、お客さんを乗せてステージと客席との一体感が演出されています(この動画では)。
 ロックバンドにありがちな「乗せる=速い曲、もしくはビートの効いた曲」って絵図の欠片も無く乗せている所がスゴイですね。


 SHOW-YAのカバーではオリジナルには無い華やいだ感じや明るさが溢れていて(一応オリジナルPVも見てみましたよ・・・)すごく楽しい気持ちにさせてくれました。


 客前で演奏する時に、あんなに楽しんでリラックスした雰囲気で演奏できて、更にお客さんも楽しくノッてくれたら・・・素晴らしいですね(^^)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。