ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

スティックの握り方

 世間的(ドラムが世間一般の常識か?は置いておいて)に大別して2通りの握り方があります。
 1つはトラディショナルグリップ(レギュラーグリップ)と呼ばれるモノ。
 もう1つはマッチドグリップと呼ばれるモノです。


 トラディショナルグリップというのは「マーチング」などで多用されている左手の甲が下側になる持ち方です・・・ジャズのドラマーさんにも多いです。


 マッチドグリップは更に微細化されていて・・・。
 ・ジャーマングリップ(手の甲が上になる持ち方)
 ・フレンチグリップ(親指の爪が上になる持ち方)
 ・アメリカングリップ(↑ 2つの中間)
 ・・・・・です。


 ポップスやロックでセットドラミングをする人にはマッチドグリップが一般的のようです。
 トラディショナルグリップが一般的ではない理由は諸説あります。


 で、マッチドグリップを3通りの持ち方に分けましたが、厳密なルールや規定がある訳ではありません。
 アメリカングリップの幅が広い(手の甲や親指の爪の角度は個人差があります)ですからね・・・微妙に上じゃなかったらどうなの?ってなるし。


 まぁ・・・そんな感じで握り方が分かれています。


 では、握る位置は?
 僕の時代の教則本ではグリップエンド(根元=チップの反対側)から1/3くらいの位置を人差し指と親指で握り、残りの指は添える程度・・・と書かれていた気がします(^-^;
 確かにスティックが反発しやすい位置です。


 パワーヒッターの人はグリップエンドぎりぎりを握る人が多いです。
 メリットとしてはスティックの全長を使えるのでチップに遠心力がかけやすく大きな音が出しやすいです。
 デメリットはステックの反発を抑える持ち方になるので、速いパッセージやダブルやトリプルがしづらいです。
 ※例外的な人も稀にいます。


 速いパッセージやスティックワークを駆使する人は↑ の教則に近い位置を握る人が多いです。
 メリットはそのまんまです。
 デメリットはパワーが出しづらいです。


 先日ブログに書いた 川口千里さんはリズムを叩いている時はグリップ側を握って、速いフレーズを叩く時は短めの位置へ握りを移すそうです。


 昔の僕はグリップエンドぎりぎりを持っていました。
 ダブルとかは使わなかったですし、どうしてもって時は「フンッ!」って気合を入れて速いシングルを叩きこんでいました。
 今は1/4くらい・・・上に書いた中間くらいの位置を握っています。
 フレーズや速さで握る位置を変えたりはしません。
  
 どういう握り方で、どこを握るか?は目標にするスタイルで選択すると良いでしょう。


 ※上記の解説は目処や理論であって必ずしも実行してすぐに体感できるという訳ではありませんのでご理解ください。

 握り方について詳しく書かれているページを紹介します。

 ↑ のページはドラム・パーカッションについて総合的な解説などをしているサイトです。
 基礎練習のメニューなども楽譜付き(時には動画もアリ)で紹介されていますので、時間がある時にでも見てみる事をお勧めします(^^)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。