ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

梅雨時期の機材保管~その2~

 今日は朝から雨でした。
 職場の玄関前でビル風に煽られてコンビニ傘が壊れてしまいました((+_+))
 帰宅時に雨が上がっていたので「セーフ」でしたが、風までも敵だったか・・・と思った今日でした。


 先日書いた梅雨時期の機材保管についてです。
 内容が重複するトコもありますが、ご容赦ください。


 カバンに入れっぱなしにしていたスティック群を収納しました。

 100均のDソーで販売されている衣類用のジッパー袋です。
 A3サイズと書かれている物で5枚入りでした。
 サイズは縦500mm x 横400mmです。
 スティックは余裕で入ります。
 取りあえず使いそうもない(最近使っていない)スティックを18セット入れても全然余裕です。
 ウチは居間とか寝床とか至る所にスティックがあります。
 他スティックバッグ(大)に入っている物、スティックバッグ(小)に入っている物もありますが、それらはそのままです(換気が十分と思うので)。
 で、袋に入れたスティックは出来る範囲で脱気しておけば十分です。
 心配ならカメラ用の乾燥剤を入れておくと良いです。


 シンバルも同様に・・・こちらは乾燥材を入れた方が良いです。
 収納前には十分清掃しましょう。
 手垢や汚れが付着したままだと錆やすいです。


 そして時々出てくる乾燥剤について書きます。
 乾燥すれば何でも良いという訳ではありません。
 乾燥しすぎはスティックのような木製品に悪影響が出やすいです。


 そしてシンバルに使用する乾燥剤は「シリカゲル」を使いましょう(メーカーは問いません)。
 素材が塩素カルシウムの製品もありますが、塩素カルシウムは水分と結合すると金属を腐食する性質があります・・・・つまり、錆びます



 ↑ こういうヤツで十分です。
 通販じゃなくてもご近所のカメラ屋さんや家電量販店で類似した物が販売されています。


 また、防錆紙も有効です。
 法人向けの大量販売が主で売値が高めですが、工具店などで小売りされていればラッキーです。
 ジッパー袋で使うならシンバル全体を覆う必要はありません。


 普段使う機材についてはこまめな清掃とメンテナンスがキモです。
 というのも、イチイチ乾燥剤の入った袋で管理するのは面倒くさいですよね。
 ペダル・スタンド・ドラムキットの金属部分などの主だった場所はメッキ処理されているので錆びづらいですが、傷や打痕・摩擦でメッキが剥がれた部分は気を付けましょう。
 演奏後に汚れや鉄粉を落として乾拭きしましょう。
 定期的にパーツクリーナーを使用してクリーニングし、摩擦部はグリスやオイルを塗布し、傷や打痕でメッキが剥がれた場所は錆止めを塗布すると良いです。
 ※傷や打痕部分はパーツクリーナーで清掃後に良く乾かして、タッチペン(自動車用など)でメッキ剥がれを埋める手もあります(メッキと同等の効果があるのでメンテナンスが楽になります)。


 いよいよ本格的な梅雨が来ます。
 しっかりお手入れして、夏に備えましょう。


 夏と言えば・・・・
 ドラミちゃんの毎年の楽しみが「夏フェス」です。
 ドラミちゃんはワンオクが大好物です。
 今からワクワクしているようです(*^^*)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。