ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

ドラム・バンド・音楽・機材そのた雑感をダラダラ書いています。
更新は不定期です。

先日のブログの補足です(^-^;


↑ のブログで言葉足らずなトコがあったようなので、補足のブログです。


 大袈裟って言葉のチョイスがね・・・。
 一つの言葉だけだとイメージする像がみんな違ったりしますよね(^-^;


 最初にアップダウン(ダウンアップ)についての補足です。
 効果としては速い音の並びを楽に叩けます・・・が一つ。
 も一つはアクセントとノーアクセントを交互に叩くフレーズがとても楽にできます。
 例えばハイハットで8ビートを刻む時に奇数になる音符を大きく偶数になる音符を小さめに・・・とか(もしくは、その逆)
  〇●〇●〇●〇● とか ●〇●〇●〇●〇 とか・・・です。


 で、読み返して「分かりづらかったなぁ・・・」と思う所はハイハットの例だと具体的にスティックを当てる位置を書いてしまっている所です。
 目処のつもりですが、読みようによっては「そこの場所」と誤解してしまうかも知れません。


 ホントは ↑ のアクセントがキッチリ叩けていると認識できるくらいの位置までスティックを当てる位置をずらす・・・という意図でした。
 アップ側をチップで叩くのは同じですが、ダウン側の時にスティックの根本に近い場所で叩く方が音のメリハリが分かり易いです。
 この練習を繰り返している内にダウン側の時の手首の動きが身体で覚えられ、同時に力加減も身につくので小さなモーションでも「大袈裟(練習の初期状態)」と同じ効果が得られるショットが出来るようになります。


 ダブルストロークについては「握り込み」がキモです。
 速いダブルストロークの連打(ロール的なヤツ)では殆ど握り込んでいません。
 握り込むと次のショットが遅くなり連続した音が出せません・・・。
 この時の握り込みは「スティックの押さえ」を意識する為です。
 前段で書いていますが、スティックを自然状態で弾ませると1打目よりも2打目の音が小さくなります。
 両方の音(音量)を揃える為には2打目をバウンドではなく意識的にショットして音量を稼ぐ必要があります。
 さりとて軸になっている指(親指と人差し指)を強めに押し付けると音量がでても音の間隔が短くなってしまいます。
 なので薬指や小指で軽くグリップ側を持ち上げると間隔が変わらずにショットの力加減を変える事が出来ます。


 これも握り込むのは最初だけで、徐々に握り込む力加減が分かってきて最終的に添えるだけな感覚になります。
 でも、ホントに添えるだけではなく微妙に当て方をコントロールしています。
 それは、ストロークの速さや音の強さに応じて変わる事なので一概な言葉では足りませんでした・・・・反省((+_+))
 その感覚を身に付ける為に握り込んだ時の音を感じてもらおうと書いてみました。


 ロール・・・コレは難しいですね。
 小さな音で「ザーッ」って鳴らす事もあれば、アートブレイキーのように切れ目なく大きな音で鳴らす事もあります。
 上手に出来ないと、音量にムラができたりコントロールが上手く行かないと切れ切れになったり・・・ポップスやロックではあまり使う事はないですが、キレイに叩けるとカッコいいんですよねぇ。


--------


 ストロークを教わった時の事・・・。
 僕が初めてまともに教わったのは、吹奏楽連盟主催の講習会でした。
 僕は吹奏楽部ではありませんでしたが、あの手この手で潜り込ませてもらいました。
 ショットの基礎として最初に教わった事は「スティックは跳ね返る」って事です。


 跳ね返りを利用するとチップを持ち上げなくても楽に連打できる・・・です。
 特に速い連打は意識的にチップを持ち上げるよりも跳ね返りを利用した方が楽です。
 同時にダブルストロークにも使える・・・でした。


 方法はスネアを普段のセッティングにセット。
 次にスティックを一旦握ったあとで人差し指と親指以外を離します・・・。
 人差し指と親指でスティックを保持して目の高さまで上げます。
 そのまま腕の力を抜くと手が真っ直ぐに落下します。
 スネアに当たる直前で手を止めるとスティックが振られてチップが打面を叩きます。
 そこでチップが跳ね返ります。
 ・・・・・
 跳ね返る感覚(「これくらい跳ね返る」とか「これくらいの音量が出る」とか)がつかめるまで繰り返し、掴めたら次に2打目を押さえて音量を揃える練習をします。
 ・・・これを延々数時間やります。
 (その時は)最終的に3打目まで音が揃えられるよう練習しました。
 「3打目!?」と思う人もいるでしょうが、5ストロークロールや7ストロークロールなどでは片手3連打が入ってきます。


 こういうクラシカルな基礎は出来るに越した事はありませんが、全く使わなくても困らない事が多いです(^-^;
 
 補足ですが、長文になりました。
 読んでいただいた方はお疲れさまでした。
 練習方法や特定の理論などは教える人・教室などによって違う事があります。
 ↑ は僕の経験からの方法ですが、時代が古いので今はもっと効率的な方法があるかも知れません・・・ご了承ください。
 質問・ツッコミ等々大歓迎ですので気軽にコメントやFacebook・Twitterなどで声を掛けてください。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。