ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

梅雨入り。お手入れしましょう。

 関東地方は梅雨入りしました。
 木製・金属楽器ユーザーは気を遣う季節になりました。


 長期間の保存で一番ダメのは籠った湿気なので、時々楽器ケースなどを開けて換気をした方が良いです。


 お勧めなのは大型のジップロックにカメラレンズ用の除湿剤を封入しての保存です。
 ジップロックは食品用だけではなく衣類用もあるので
 さすがに大型楽器は無理ですが、スティックやシンバルなどを長期間保存する場合は使える手です。
 カメラレンズ用の除湿剤(乾燥剤)は乾燥しすぎないように作られているので、湿気をある程度残してくれます。
 木製の楽器は乾き過ぎると変形や割れの原因になるので、使えます。


 金属楽器は普通の乾燥剤で良いですが、錆止めを心掛けていれば気にする必要はないです。
 
 日常的な手入れは、使用後の清掃!に尽きます。
 湿気はホコリをくっつけたり、汚れを定着させたりしますから、シンバルは乾拭きをして、手指の跡などが目につくようならクリーナーで清掃しましょう。
 スティック類もグリップ部などを乾拭きしておくとキレイなコンディションで使えます。
 
 スネアはフープやラグなどを乾拭きしましょう。
 ペダルは乾拭き可能な部分は乾拭きを、可動部などホコリがたまりやすい部分はエアダスターでホコリを飛ばします。
 汚れがこびり付いたらパーツクリーナー(非浸透性のヤツ)で清掃してオイルもしくはグリスを塗布しておきましょう。
 
 ツインペダルのドライブシャフトの関節部にパーツクリーナーを多めに吹き込んで十分浸透したところにエアダスターをかけるとビックリするくらい汚れが取れますよ!
 ココも清掃後はオイルを入れておくと動きが良くなります。
 ペダルの可動部も同様のお手入れがお勧めです。
 
 梅雨時期に楽器のお手入れをするついでに普段できない(やっていない)メンテナンスもやってしまおう!って内容のブログでした。
 
 画像を残していないので今回は文字のみでの説明でした。
 要望があればメンテナンスの画像を撮ってアップします。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。