ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

改めてのレビュー:VIC-JPH5A


素材:ヒッコリー
チップ:ウッドチップ
サイズ:14.3×406mm
ピッチ:低め


 見つけた時の印象を以前のブログで軽くレビューしましたが、今回は普通にレビューしてみます。


 このスティックは 沼澤尚 氏シグネチャーモデル原型になった物です。
 沼澤尚 氏モデルのレビューは ↓ です。


 まぁ良くできたスティックです。
 ナイロンチップの VIC-TN/5N と全く違和感なく扱えます。
 チップがウッドとナイロンの違いがあるので、シンバルレガートの跳ね返りに違いはりますが、タムやスネアを叩く分にはバランスなどの違いを感じません。


 ナイロンとウッド両方のチップがあるモデル(Dave Weckl 氏シグネチャーモデルや デニチェンモデルなど)は出音以外でもチップの質の違いの影響を感じる事が多いです。


 それが・・・ない!・・・たまたまなのかは不明です。


 音はスティック自体のピッチが低めなので、このサイズのスティックにしては重い音がでます。
 14.3mm x 406mm サイズは一般的な男性が使うには細めの部類に入りますが、超ラウド系でもない限りはシッカリと鳴らせるバランスです。


 チップの形状が特殊なので一見してポップスやロック向きじゃない印象を受けますが、広めのジャンルに対応できるモデルです。


 あ、沼澤尚 氏を良く知らない方の為に・・・とスティックの出音の参考に動画を載せておきます。

臼井ミトンさんのライブから「胸がキュン」です・・・良い曲ですよ(^^)
メンバーは「臼井ミトン with 沼澤尚+中條卓」です。


 ~個人的な使用感~
 コレ良いです(毎回書いているような気がします・・・提灯記事ではありませんよ)。
 すごく取り回しが楽で強い音も弱い音も出しやすいバランスです。


 VIC-TN/5N VIC-JPH5A の両方を持っていれば硬めの音を出したい時はVIC-TN/5N、普通で良いとか柔らかめに叩きたい時は VIC-JPH5A と使い分けが出来ます。


 あまりに使いやすいので MJC4 オンリーだった所に ↑ の2セットを割り込ませて回しています。


 購入したい!って方への注意ですが、前回のレビューにも書いた通り個体差のムラが大きい(ホントに・・・「どうしたVicfirth?」ってくらいバラつきが大きいです)ので、選ぶ際にはしっかり見て・触って・振って・試し打ちして(出来る環境であれば)から選んでください。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。