ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

ロッズを使おう!!

 ドラムの音って案外大きくて、音合わせをするバンドの構成によってはドラムの音を持て余す事があります。
 プロならアクリル製のパーティションで壁を作って音が周囲の楽器の邪魔にならないようにするって方法もありますが、アマチュア・インディーズでは・・・ないですね。


 スティックのコントロールで音量を抑えて叩く事もできますが、スタジオによって深胴のドラムセットが置いてあったりすると音がダメになったりします。


 人によりけりではありますが、「ドラムってそういう物」と割り切って普段通りの演奏をする人もいます。
 「スタイル」ですね。


 実は僕も音が気になる方なので、ドラムがうるさ過ぎると感じたら何かしらの手段をとります。


 そこで講じる手段の例は・・・・
1.ミュートをしまくる。
 スタジオ練習の時間を割いてタム類のチューニングを小音量向けに作り直すというのは現実的ではないですよね。
 なので「ある程度」音を作ってガムテ+ティッシュ他を使ってミュートをして音量と残響音を抑えるって方法があります。
 それはそれで時間を割かれるんですが、手段の一つとしてはアリだと思います。


2.スティックを変えてみる。
 普通に考えれば細くて短いスティックは音量が出づらい(小さい)ですから、普段と同じストロークをしても小さい音で演奏できるはずです。
 それでも余程太さに差がない限りは思ったほどの差は出ません。
 音が細くなるだけの事が多いです。
 それでも何とか・・・って方の為にVicfirthのスティックリスト ↓ です。

サイズや材質、チップ形状がリストになっているので目的があってのスティック探しには便利です。


3.スティックじゃない物に変えてみる。
 ワイヤーブラシやロッズを使ってプレイすると確実に音量が抑えられます。
 ただし、ワイヤーブラシの場合は曲によってはドラムのアレンジを変えなきゃならないくらい出音が変わるので要注意です。
 ロッズは音がだいぶ軽くなりますが、スティックに似たフィーリングで扱えるのでお勧めです(僕もロッズを使う機会が多いです)。


 で!ロッズとは・・・
 木製だったり樹脂製の棒(直径1mm前後)を束ねたものです。

僕が使っているロッズ2種類です。
比較の為にPearl110HLCを並べてみました。


まず黒いヤツですが、REGAL TIP530R です。

長さ:381mm 
太さ:13.97mm
材質は樹脂製です。
Amazonでは3,300円~で販売されています。
スティックと比較すると少々価格が・・・。

先端です・・・束ですねぇ。


この製品の良い点は束ねているゴム製の輪の位置を変更できるところです。

↑ の輪が2本ついています。
先端側のゴムを移動させる事が多いです。
根本方向へずらすと先端がバラけてブラシに近い音になります。
先端方向へずらすと束がまとまって強めの音が出せます(あまり先端に寄せ過ぎると外れる事があるので要注意です)。


バラけてもワイヤーブラシ程キレイには広がりません。
 

グリップも樹脂製(プラ?)ですが滑る事は無いです。


もう1本は Pro-Mark の C-RODS です。

長さ:406mm 太さ:10.8mm
素材はバーチです。
価格はAmazonで3,500円~ですがSOUND HOUSEさんで2,100円~でありました。
もっと安く売っている所もあるかもです。


コレはゴム輪が無いので束の調整ができません。

先端です・・・木ですね・・・。


この製品の良い所は途中にある束ねている部分が広い所です。

この感じなのでリムをかけても大丈夫です。
あ、思い切り引っ叩いたらダメですよ・・・多分何かが起きます。
 

グリップエンドにキャップが付いています。

 巻いてあるのがビニールのような素材なので滑り止めとエンド側を纏める役目でしょう。
 あと、円筒ではないんですよ・・・六角柱です・・・スゴイ昔TAMAで六角柱のスティックがありましたね・・・。


 コレはゴム輪による音の調整ができないので「コレ1本」て割り切った使い方が出来ます。
 調整したければホームセンターなどでゴム製のO-リング(オーリング)を購入して取り付けると可能です。
 ちなみにO-リングの型番は AS-205、S-11.2、AS-111(ANP-9) のどれかで合うはずです     
 検証していませんが直径から察した型番です。
 ※O-リングの型番はJIS規格で決まっているのでメーカーに左右されません
 1個40円くらいです。


 ロッズ2種類の違い
 530R(黒い方)はスティック程ではないですが音量が稼げて音も太いです(2種類の比較では)。
 しなりも大きい(振っただけでしなります)のでカッチリしたタイミングでショットをするには練習が必要です。


 C-Rods(バーチ)は音が軽いです。
 ショット以外でしなる事がほぼ無いので、スティックに近いタイム感で叩けます。
 グリップが六角柱なので握りづらそうに感じるかも知れませんが、そうでもないです。


 価格的に手が出しづらい場合はAmazonで安価な製品が売られているので試してみると良いかもです。

MAXTONEASWC-WA(ロッズ)ですが、C-RODSにとても似ています。
 材質がバンブー(竹)なので少ししなるかと思います。
 価格が手ごろで評判も良いようなのでお試しで使ってみるにはちょうど良い感じだと思います。
 探せば楽器店にもあるかも・・・です。


 ロッズの使い方は ↓ を見てください。

宇多田ヒカルさんのライブ映像です。
ドラマーの John Blackwell がロッズで演奏しています。


 ロッズ、その他の使い方・・・
 僕は自宅で時々太ももパタパタしています。
 全然痛くないし、跳ね返りが良いので指でコントロールする感覚が掴みやすいです。


 スタジオでスネアワーク(基礎練習)をする際に時々使っています。
 音量が抑えられ、且つ音が細いので粗が見つけやすいです・・・。


 それくらいかなぁ・・・・。


 でも、色々な音楽にチャレンジしたいドラマーさんはマレット・ワイヤーブラシと共に揃えておきたいツールです。
 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。