ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

どれくらい練習するの?

 昨日に引き続き初心者応援ブログです。
 「どれくらい練習したら上手くなりますか?」


 昨日のブログに似た内容になりますね。
 じゃあ「上手さ」って何だろ?・・・僕の方が考えてしまいました。


 いまだに「上手さ」は疑問だし宿題です・・・わかる方教えてください。
 もしくは「自分にとっての上手さ」「自分の考える上手さ」などある方はコメント欄やメール・Facebookなどあらゆる手段で聞かせてください。


 とは言え、本気で考えこんでいても話が進まないので僕が初心者だった頃にイメージした「上手さ」を利用してみました。


 小僧だった頃描いた「上手さ」は・・・
・ミスしない
・ズレない
・速く叩ける
・何となくキレがある


 そんな感じだったと思います。
 そこそこ叩ける人なら当たり前に出来ている事ですが、当時の僕は・・・(以下略)


 あ、ズレた上手さの解釈は置いておいて・・・
 本題の「どれくらい?」です。


 やればやる程上達する・・・事はないです。
 「適度」が最も大切です。
 一度に長時間の練習をしても効果は薄いです。


 大切なのは「復習」です。


 忘れる前に再度練習する・・・コレがキモです。


 初心者さんがチャレンジする事って殆どの事が未知の事です。
 時間が経つと木っ端微塵に忘れます。
 忘れる前に繰り返す事で身体と頭にしっかりと定着します。


 8ビートを何とか叩けるようになって何カ月もドラムを叩かないでいて、ある日叩こうとしても多分叩けません。
 しかし1週間後なら叩けるでしょう・・・3日後ならもっとどころか、もう少し上のレベルの事ができるかも・・・です。


 なので「どれくらい」を計るには時間の長さや期間ではなく、回数や間隔を考えるのが妥当かな・・・と思います。
 ドラムを始めたばかりの人は練習の間隔を、できれば毎週・・・無理なら隔週くらいのペースにすると良くなって行くと思います。


 明日は久しぶりにレビューを書きます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。