ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

春、ドラムを始めた人へ

  先日のブログの続編です。


  前回は 「スティックを買う」 と 「スタジオの個人練習(のさわり)」を書きました。


  「で、スティックを買った後は何をしたら良いの?」について書いてみます。


  スティックと同時に揃える事をお勧めした「メトロノーム」これが活躍しはじめます。
 

 愛機 KORG の TM-50です。
 外観と機能が全く一緒の製品がYAMAHAブランドからも発売されています(^-^;
 手前のイヤフォンは基礎練習では使いません・・・偶々一緒に写っている画像しかありませんでした(過去ブログの使い回しです(^-^;)


  最初はメトロノームに合わせて1つ打ち(1度のショットで1回だけ叩く@普通の打ち方)を 練習します。


 前段階としてスティックの握り方や振り方がありますが・・・・検索して動画で学んでください(^-^;
 というのも、指の形や柔らかさ、手首の柔軟性等々個人差が影響する部分なので、文章や例えば僕の手の画像などで何かのスタイルをお勧めするのは乱暴だと思いますので・・・。


 最初は4分音符を叩きましょう。
 ♩ ← これが4分音符です。4/4拍子の楽譜なら1小節に4つ音が入ります。
 メトロノームは60から始めて120くらいまでで良いでしょう。
 クリック音が「ピッ ピッ ピッ ピッ」・・・・・・
 コレに合わせる訳ですが、すごくゆっくりに感じるでしょう。
 この音に全く重なるように叩きます。
 叩く対象は練習パッドでも太ももでも雑誌でもスネアでも良いです。


 手順は・・・・利き手が右の場合。
 最初は右手のみ
 次は左手のみ
 次は右左交互
 次は左右交互
 テンポが遅いとズレやすいです。
 でもね、最初はズレるんですよ・・・日常に無い動作ですから当たり前です。
 根気よく続けてください。
 続けて行く内に意識しなくても音が合うようになります。


 この練習の肝は、キチンと等間隔で打てるようになる。
 テンポが遅い場合次のショットまでの「間」をシッカリ感じなければズレます。
 「間」を学ぶ練習です。
 打楽器はクリックの場所にショットする事が求められますし、そこに意識が集中しがちです。
 でも実はショットとショットの間隔(間)を出来る限り正確に意識する事でズレが格段に減らせます。
 「ショット(打つ)意識」と「間(打たない)意識」の両方があればスゴク良いリズムになるでしょう(僕も修行中です)。
  
 コレ・・・・案外難しいんですよ。
 速いテンポで叩ける人も遅いのは苦手だったりします。
 しかし、ホントの基礎の基礎なのでやっておいて損はないです。


 スティック購入後の第一弾はココまで。


 -----------------
 テンポ豆知識


 中学校(小学校かも?)の音楽で習ったと思いますが、忘れちゃっている人の為に書いておきます。


 メトロノームのテンポ 60。
 楽譜には「♩=60」とか書かれます。
 1分間に60拍の速度ですよって事です。
 つまりメトロノームは1秒に1回鳴る=60回鳴ったら1分・・・って事です。
 なのでテンポ120(♩=120)は1分間に120回、0.5秒に1回鳴るって事です。


 ・・・・お!またドラムブログらしい事を書いたぞ!!とチト満足な今日でした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。