ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

ドラム・バンド・音楽・機材そのた雑感をダラダラ書いています。
更新は不定期です。

個人練習の意味って・・・

 と思っている人は案外多いと思います。


 自宅でパッドや雑誌・板をタカタカ叩くって何の意味があるの?って。


 そう思いながらの練習ってツマンナイですよね。


 僕もドラムを始めた当時は思っていました。
 何だろ・・・学校の勉強のように感じていました。


 (勉強・基礎練習で)色々覚えたり知ったりするけど、社会生活(ドラム演奏)で役に立つの?なんて。
 実際にパッドや雑誌を叩いた感触ってドラムとは違っていましたからね・・・。


 でもね、実はとても大切な練習なんですよ。
 
 ドラムって反復運動と連鎖的な動作の組み合わせです。
 同じ動作を繰り返すことで、強く意識しなくても自然な動作として扱えるようになります・・・手癖のような感じになります。
 手癖が正確なドラミングならセットドラミングに余裕ができます。


 何よりキレイに音を並べる練習・正しいポイントに音を置く練習な訳ですから、リズムがキレイになります。
 ハイハットやライドシンバルの刻みがキレイで、スネアが正しいポイントで入るリズムはとても聴きやすいです・・・って事は他の楽器も合わせやすいです。


 実際、ドラムを再開した時に録った動画を見返すと、ハイハットの刻みがたどたどしくて見ていられないです(^-^;
 ドラムのみで録音・録画した自分のドラムを聴くと「え~・・・」てなる人!意外と多いと思います(僕もしょっちゅうなってます)。
 でもね、「え~・・・」で良いんですよ。
 気づけただけラッキーだし、そこで驚いたりガッカリしたり出来るって事は頭の中にある理想のリズムやドラミングが高いレベルだって事ですから。
 目標を見つけられただけ儲けモンです。


 あと・・・僕の場合、歳でしょうね・・・この年齢になるとスタジオでいきなり叩いて良いパフォーマンスが出来づらくなっています。
 普段のタカタカをサボると見事にノレない音の並びになります。
 指や手の使い方を身体に覚えさせる・忘れさせない為に必須だったりします。


 ただし!闇雲に叩いても悪い癖が付きやすいので基礎練習には必ずメトロノームを使用しましょう。
 ※音楽に合わせて叩くという手もありますが、それだと鳴っている音数が多すぎて自分が叩いている正確なタイミングが分かりづらいです。


 そして、必ず自分の音を聴く事。
 メトロノームを両耳で聴くと軽く耳を塞いだ状態になるので音のムラが聴き取りづらいです。
  
 あとは自分に合ったフレーズや楽譜で叩く・・・のみです。
 
 お!ドラムブログらしい事を書いたぞ!と自ら感心した今日でした(^^)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。