ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

スティックレビュー Pearl 110HLC

 久しぶりにスティックレビューします。


 今日は Pearl 110HLC です。




上のリンクは Pearl 楽器のオフィシャルサイトです。
下のリンクはサウンドハウスさんのページです。
 なぜ2種類のリンクか?というと、Pearlのスタンダードドラムスティックシリーズである110Hをベースにしたモデルなので、公式サイトにはベーシックな110Hが中心に扱われているからです。
 今回レビューする110HLCはベーシックモデルを少し長くしたモデルなので公式サイトで目立つ所に書かれている長さ398㎜というのが当てはまらず、数字を公開しているサウンドハウスさんのサイトも追加で載せました。


 材質:ヒッコリー
 太さ:14.5㎜
 長さ:408mm
 チップ:俵型


 110Hが若干短いと感じていたところに発売された長めのモデルでした。
 110HPearlロングセラーでありベーシックモデルだと実証する扱いやすさがあります。
 発売当初はJeff Porcaro モデルとして売られていましたが、後に Porcaroが別のメーカーへ鞍替えしたのでモデル名が消えて型番の110Hが残りました。
 世界標準とされている Vater Vicfirth 5Aとは若干趣が違いますが、日本の音楽シーンでの演奏には適していると思います。


 そんなベーシックモデルを少し長くしたHLCやグリップ部にテーパー(傾斜)をつけたHTCなどバラエティー豊富なアレンジモデルも存在します。


 で!110HLCですが、スティックワークの練習で使う機会が多いです。
 その時の体調(体力?加齢度?)やジャンルによってスティックを使い分けています。
 そんな自分にはニュートラルな存在のスティックが必要で、このスティックの叩き心地や音で自分の変化を見分けています。
  
 実際にドラムセットを叩いた印象は、出音が太いです。
 ある程度は音量も稼げますので、ポップスやロックには向いていると思います。


 跳ね返りは普通です・・・特に良いという事はないです。
 なのでダブルなどは誤魔化しやスティック頼りなショットは出来ません。
 叩き手の能力を素直に表現するスティックです。


 総じて「普通」で何かに特化していないところが安心できるスティックです。


 唯一難点というか・・・を挙げれば、生産時期もしくはロットによって表面のラッカーの厚さが違う事があります。
 我が家に数セットありまして、一番古いセットはラッカーが厚めで今でもテカテカが残っています。
 そして忘れた頃に何故か買い足すという謎のルーティンで増えた去年購入と今年になっての購入では少しずつラッカーが薄くなっています。
 一番新しいのはほぼナチュラルラッカーくらいの薄さになっています。
 表面仕上げの好き嫌いのある方は、色々なお店を探せば好みの仕上げが見つかるかも知れません・・・という事は通販は「賭け」になるかもです(^-^;
 そういうムラが難点でしょうね・・・選んで購入すれば問題ないですが。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。