ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

コミュニティーは勉強になります

 Facebookのドラムコミュニティー。
 普段は自身のドラム動画が頻繁にアップされているんですが、たまにプレイの相談も投稿されます。
 ちなみに投稿された動画を見た限り殆どの人の演奏レベルがとても高いです。


 相談の内容はさまざまで、ある時は「変拍子の捉え方はどうすれば・・・」と少し難しい内容だったり。
 またある時は「シンコペーションの上達(練習)方法は?」という基礎的でありながら突き詰めると難しい内容まであります。


 非公開なコミュニティーなのでページの引用はできませんが、大雑把に書くと・・・。
 メンバー構成は多彩で、ドラマー・パーカッショニストなのは間違いなしですが、年齢・性別・国籍・キャリアもバラバラ。
 僕のようなアマチュアもいれば、現役バリバリのプロも多く打楽器講師からプロドラマー、クラシックの打楽器家まで在籍しています。
 日本人は少ないです・・・ざっと見た限りでは2人だけかな?


 で、相談投稿を読んで僕も考えます。
 自分はどうしてるだろう?
 誰かに伝えるにはどういう表現が分かりやすいだろう?


 基礎的な技術に対しての回答はホントに難しいです。
 「わかるだろ?」や「〇〇のルーディメンツ教則本をやればわかる」って回答はダメなんですよね。
 初心者さんに理解できるよう伝えられてこそ自分の理解度の深さだと思うんです。


 その質問に多くの人達が自分の経験や理論から回答を着けて行きます。


 一つの結果を出すにも人の数だけ・・・幾通りもの考え方や練習方法がある事を知りました。


 ↑ に書いたシンコペーションに対しても・・・・
・裏拍を理解する
・音を口(言葉)で表現して、それに対してドラムを当てはめる
・拍を極力微細化して感じて必要な場所でHITする
・シンコペーションの入っている曲に合わせて繰り返し叩いて身体で覚える
・シンコペーションもグルーヴの一部だから、とにかくグルーヴを感じる
・・・・・・・・・まだまだ沢山ありました。
 みんな考えて分かりやすい例えや表現で伝えようとします(プロ・アマ問わず)。
 ※乱暴だったり他人を誹謗中傷したりバカにするような表現をすると退会になります。


 いや~僕も考えました。
 実際シンコペーションは何気なく叩いていて、シンコペーションを上達しようって発想すら持っていなかったです。
 
 質問も勉強になるし、回答も勉強になります。
 
 ますますドラムを叩きたくなる場所を見つけました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。