ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

ドラム・バンド・音楽・機材そのた雑感をダラダラ書いています。
更新は不定期です。

新学期が始まりましたねぇ・・・

 朝の通勤電車の混雑が始まりました。


 昔から思っていたんですが、ナゼ同じ時間帯なんでしょうかね?


 私立に限りませんが小中学校・高校・大学・専門学校・おおよその企業の通学と通勤時間が割とガッチリかぶってますよね。


 どれかが時間をずらせば朝の混雑はだいぶ解消されると思うんですが・・・。
 例えば学生さんが30分前倒して社会人が30分遅く(逆でも良いですが)すると1時間のズレがだせると思うんですがねぇ。


 遠方からの通勤・通学の人が被るのは仕方ないですが、絶対数は減りますよね。


 都心では乗車率200%超えたりしているよりは少し早く(遅く)して通いやすくする方が疲労も含めて良いんじゃないかなぁ・・・。
 


 ・・・・・・・・今日のドラム日和・・・・・・
 今日は帰宅後にスプラッシュシンバルメンテナンスをしました。
 PAISTE PST 7シリーズ10インチです。

 見ての通り青いヤツです(表側だけ青いです)。
 音が少々重いんですよ・・・コレ。
 で!音を軽く(&明るく)なるように調整しました。
 簡単に言うと「削り」作業です。
 表側は色が着いているので削ると無残な姿になるのが目に見えているので、裏側を削りました。
 削ると言ってもヤスリゴリゴリするわけでは無くコンパウンドで擦り続ける地味な作業です。
 削りムラがあると変な倍音が出るので、少しずつ均一に削って行きます。
 研磨剤がコンパウンドなので目に見えて削れる訳ではありません・・・なのでテレビを見ながら時間をかけてじっくり・・・です。


 軽く叩いた感じではだいぶ抜けが良くなって太い倍音が減少しました。
 あとはスタジオで実際のドラムセットに組み込んで確認です。


 電動工具で削る手もありますが、固定が難しい事と、無理に押さえるとテーパーが狂うのでやりませんし、お勧めもしません。


 ウチのO-ZONEシンバル(SABIAN B8PRO) もこの方法で以前よりもトラッシーな音に変えてサイドシンバルと音の差別化をしています。


 しかし・・・シンバルは弄りに失敗するとほぼ完璧に修復不可能ですので、もしもチャレンジする方は完全自己責任で・・・です。


 それとシンバルは手を入れる場所と方法によって効果が変わりますので、もしも不要になったシンバルがあれば色々試してみると楽しいですよ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。