ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

ドラム・バンド・音楽・機材そのた雑感をダラダラ書いています。
更新は不定期です。

ドラム保管方法

 取り立てて話題に上る事のないテーマですが、これから気温と湿度の高い季節が来ますので簡単な方法を書いてみます。


 すごく凝って丁重な保管をしている方もいるでしょうが、比較的手軽な方法を書いてみます。


 ドラムに関わる部品や機材は殆どが金属か木で出来ています。


 いずれも湿気に弱いものです。
 シンバルやスネアの外装などは一応錆びづらいコーティングをされている物も多くあります。


 金属類(シンバルやスタンド)はサビが大敵です。
 シンバルは使用後に最低でも乾拭きをして皮脂などが残らないようにしましょう。
 スタンド類やメタルスネアのシェルなどはメッキ部分は錆びづらい仕様になってますし、殆どのスタンドは外側の面にメッキ処理されているので大丈夫だと思いますが、傷や打痕・経年劣化でメッキがはがれている部分は皮脂などの汚れを乾拭きで落としてから錆止めをすると良いです。


 シンバルは毎回とは言いませんが、数回使用したらシンバルクリーナーで清掃しましょう。
 その際はコンパウンドが含まれている製品だとメーカーやシリーズのロゴまで削り落とす可能性があるのでクリーナーの注意書きやネット検索でレビューを参考に選びましょう。
 


 木製部品(スネアやタムのシェルやスティック)
 木は加工後も呼吸をしています。
 当然湿気も吸い込みます。
 「そんな事はない!」って書き込みも見かけますが、実際に湿度の低い地方(外国)と日本とでは同じモデルのスネアの鳴りが違うようです。
 かと言って過度に湿度を取りすぎると乾燥しすぎてしまいます。


 スタジオはエアコンが付いていますので問題ないと思いますが自宅でエアコンをあまり使用しない人は湿度に気を付けたいところです。
 部屋でもエアコンをガンガン使用する人は大丈夫でしょう。
 僕はエアコンを使いすぎると肩こりが酷いので使用頻度は少なめです。
 スネアの保管は大きなビニール製のごみ袋に入れて口を養生テープで止めて保管しています。
 その際にスネアと一緒にカメラのレンズ用のシリカゲルを入れています。
 カメラ用のシリカゲル(富士フィルム製のヤツ)は湿度を30%前後に保つ機能があるので乾燥しすぎないで使える便利品です。
 長い事使用予定の無いシンバル・スティックも同じように保管しています。


 とは言え頻繁に使う人は過度に気を遣わなくても大丈夫な事が多いです。
 ※スタジオやライブハウスではエアコンが付いていますからね。
  あと、持ち出したりすると自然と空気が入れ替わって籠った湿気が逃げますから。


 いずれにしても気を付けたいのは、使用後は必ず清掃をする事と自動車内など高温多湿場所に長時間保管しない事です。


 せっかく気に入って買った機材なら良いコンディションで長い付き合いをしたいですよね(^^)


 オマケ情報


 シンバルが割れた時の対処方法。
 一旦割れてしまったシンバルは元には戻りません。
 そのまま使うと割れが広がる一方です。
 ただ、割れを広げない方法はあります。
 割れの最も内側の部分にドリル(電動でもハンドでも可能:ホームセンターで購入可&2~3㎜径のドリル刃も一緒に用意してね)で丸い穴を開けます。
 ・・・それだけです。
 割れてしまったので音も元には戻りませんが、練習と割り切って使い続けたい方には役に立つ情報だと思います。


 ドラムヘッドが凹んだ時の対処法。
 強打した際にチップサイズでヘッドが凹んでしまう事があります。
 そんな場所の「見た目」のみの復活方法です。
 まず凹んだ部分に熱を加えます。
 例えば火のついたタバコのような熱いモノ(半田ごてでも良さそう)の先端をヘッドから2~3㎝くらいまで近づけます。
 数秒温めて今度は数秒離して・・・・を繰り返すと凹みが元に戻ります。
 近づけすぎたり、近い距離で長時間加熱し続けると穴が開く可能性がありますので、離したり近づけたりを繰り返して温度調整をします。
 これはホントに見た目のみが元に戻るだけで、音までは戻りません・・・悪しからず。


 プチ情報の日でした。
 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。