ドラム日和

ドラム・バンド・音楽・機材そのた雑感をダラダラ書いています。
更新は不定期です。

ドラマーはドラムキットに触れよう

珍しくまじめなドラムについてのブログです。
 
最近感じるんですよ。
ドラムを鳴らしていないドラマーが多いなぁ・・・って。
 
打楽器なので「鳴らす」事が最も良い音を奏でる事になります。
 
鳴らすといっても大音量で爆音を出す事ではないです。
 
スティックがヘッドを叩き、アタック音が出ると同時にシェルの中で反響と共鳴が起こってサスティーンが出て、トップ側とボトム側の両方から出る音が混じってドラムサウンドが出来ます。
 
サスティーン(響き)、アタック音、ボトムへ抜ける音・・・それらがキレイに出た時「鳴る」わけです。
 
 
最近はドラムキットの性能が高いのでヘッドを撫でるように叩いただけでも、それなりの音は出ます。
また、マイクや音響の性能も高くなっているので、同様に叩いてもそれなりの音に「加工」できたりします。
 
いくら器用に音を並べられても、手数を増やす事が出来ても音がダメじゃ一緒に演ってる他のメンバーに失礼です。
 
ここ数年注目されているモーラー奏法やプッシュプルにしても、鳴らせることが前提です。
 
動画サイトなどでトップドラマーと紹介されている有名どころのドラマーさんの動画を見ると強く叩いても弱く叩いても太鼓が鳴っているのが分かるでしょう。
 
木管も金管も弦も打楽器も基本は「楽器を鳴らす」です。
 
しかし・・・・
 
「鳴らす」には奏法と同じくらい太鼓類のチューニングやペダル他のセッティングがキチンと出来ていなければ難しいです。
 
そしてチューニングは場数を踏んで経験値をあげるしかないです。
トルク式のチューニングキーもありますが、全幅の信頼を置くにはヘッドとシェルの真円度や同軸度、ヘッドの厚みのムラの精度まで揃えなければ意味がない・・・と僕は考えています・・・実際ドラムテクニカルの人は殆ど使っていませんが。
指で押したり、外周側を叩いた音を聴いたりで感覚を養う事が大切です。
 
スタジオ据え置きのドラムセットでもチューニングをすれば良い音で鳴る可能性は大きいです。
浜松の某スタジオではスタジオが空いている時間を見計らってスタッフがチューニングしていたりします。
これはチューニングが狂ったまま(鳴らない状態)だと音量を出そうと力任せに叩くドラマーが多く、ヘッドの消耗が激しくなる事への対策だそうです。
 
ドラムセットが鳴らないなら原因があるわけです。
スタジオの場合はヘッドの消耗が一番に考えられます。
次はチューニングがダメな時です。
同じくらいに奏法がダメな時でしょう。 
 
その辺に疎いなぁ・・・と感じる方は、個人練習でスタジオを借りてチューニングをしてみると良いでしょう。
 
「どうすれば良い、もしくは好みの音が作れる?」
「普段の音とチューニング後の音って違う?」
 
などなど気づく事が多いと思います。
 
ただしチューニングは技術や知識が必要な作業なので、実施したからと言って誰でも良い音が作れる訳ではありません。
音を良くするには「場数」を踏むしかないです。
チューニング方法はYouTubeなどにたくさんアップされているので参考にするとよいでしょう。
色々な方法があるようで、どれも肯定も否定もする気が無いのでお勧めもありません。
 
その経験とデモ音源などのレコーディングやライブを重ねると「マイク乗りの良い音」も分かるようになります。
 
ギタリストやベーシストは音を作るためにエフェクターやイコライザーに詳しくなったりピックアップやブリッジを変更したりしています。
キーボードの人もエフェクターやイコライザーは勿論、シールドの種類や音源の勉強をしたりしています。
 
当然音を合わせる上でチューニングしてから演奏します。
 
ドラマーもチューニングくらいは勉強すべきですよね。