ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

スネアのヘッドを買いました。

 ヘタったヘッドを買い替えました。
 今日の昼間に電話で在庫確認して取り置きしてもらって、仕事帰りに受け取ってきました。


 今回は初めて EVANS を使ってみる事にしました。
 以前からドラマー仲間に勧められていたメーカーだったので興味があったんですよね。
 今回すごく機能的なデザインのモデルを見つけたので使ってみる事にしました。



 B14EC1RDというモデルです。
 

珍しく箱入りでした(*^^*)
 箱の右肩にモデル名やサイズ、指向性などのラベルが貼られていました。
 面白いのはラベルに性能の指標が載っている事です。
 ※太いバーがこのモデルのレベルです。
 ATTACK(アタック音)、SUSTAUN(サスティーン:残響)、TONE(トーン:音程)、DURABILITY(デュラビリティ:耐久性)・・・全部ど真ん中な性能です。
 そしてロックやゴスペルにお勧め・・・って事のようです。
 

 LEVEL 360 シリーズになったんですね。
 メーカーの商品説明には一切記述がないですし、商品画像にもロゴがないです。
 まぁ音はチューニングで作るので音のコントロールは有っても無くても良いですが、それで楽に音が作れるなら助かります(^-^;
 

 リバースドットの名前通りドットがヘッドの裏側に貼りついています。
 REMOとはドットのデザインが違うので鳴らすのが楽しみです。
 

 外周の黒い輪に少し厚みがあり、ここで残響音のコントロールをしているようです。
 一見するとデザインにも感じますが、こういう部分に機能を持たせるセンスはスゴイですね。
 

 早速張り替えました(*^^*)
 チューニングもばっちりです!
 ヘッド表面が曇っていますが、これは細かな凸凹でコーテッドのような感触です。
 ブラシも使えそうです。


 見て触った感じではREMOのCSコーテッドにリングミュートを乗せかけた感じ(乗るまでは行かなそうです)で、アタックがキッチリ出る雰囲気です。
 ※REMO基準で申し訳ないです・・・REMOしか使った事がないので。
 音は太目に出そうです。


 次のスタジオで使ったらレビューしてみます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。