ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

ドラム・バンド・音楽・機材そのた雑感をダラダラ書いています。
更新は不定期です。

スタジオ個人練習の方法

 ドラムを始めて間もない方へスタジオの使い方(主に個人練習)のお話です。


 練習スタジオは初心者の人には意外と敷居の高い場所だったりします。
 スゴク上級者が集まっている印象を持ってしまったり、古い感じのスタジオは少し暗くてコワイ雰囲気だったり・・・。
 で、個人でスタジオ練習に入りづらかったりして使い方が分からない・・・って人の為にスタジオ練習の仕方を書いてみます。


1.スタジオで何をするかを明確にする
 慣れていないと浮足立って集中できないまま時間が過ぎたりしますので、どんな練習をするのかをキチンと決めましょう・・・何なら練習スケジュールを書いても良いです。
 曲を叩くのか?
 スネアワークや4Way?
 チューニングや機材のセッティングやチューニング(練習含)など・・・?
 ・・・・だいたいスタジオで個人練習をするとしたらこの辺りで、混ぜたり一本に絞ったりな感じだと思います。


2.機材や道具の準備


 ・スティック
 ・メトロノーム
 ・チューニングキー  ・・・この3点は最低限持って行きましょう。

 ・ペダル
 ・スネア
 ・シンバル  ・・・フルセットを持ち込まない限りはこの辺りまでくらいでしょう。

 ・ミキサー  ・・・自分用のモノの扱いなどのトレーニングなど
 ~~ 以外の物では・・・~~
 ・タオル : 汗対策です
 ・ミュージックプレーヤー : 曲を流す練習には必要
 ・イヤフォン(ヘッドフォン) : 曲やクリックを耳中で聴きたい人は必要
 ・イヤーマフ(耳栓) : ドラムの生音の音量を抑えて聴けます(難聴予防)
 ・ドリンク類 : 飲みたい方は・・・道中で購入もできますね
 ・レコーダー : 録音・録画する人は必要
 ・お金  : スタジオ代や交通費など(^-^;
 それらを入れるバッグ(ケース)も必要です。


 ※通常の練習スタジオには標準的なドラムの4点セットが用意されています。
  スネア・ペダルも用意されてるので、スティックさえ有れば練習できる環境になっています。

3.スタジオの予約
 準備が整った(目処がたった)らスタジオへ練習の予約を入れます。
 個人練習に関しては予約時間に制限(当日とか前日から・・・など)を設けているスタジオが多いので、確認の上で予約を入れます。
 練習の時間数については自分のスタミナや集中力・練習メニューを計算して決めると良いです。
 僕は大抵2時間使いますが、1時間だけやっていく人もいます・・・それ以上の人もいるでしょう。
 スタジオによって会員とビジター(一般:フリー)の人とで料金に差があるスタジオがあります。
 会員になる為に登録料金が必要なスタジオもあります。
 以降の利用見込みを考えて会員になるかの可否を決めましょう。
 ※練習当日に会員登録しても会員価格が適用されるスタジオが多いです。


4.スタジオ到着(*^^*)
 スタジオへは練習開始時間の5~10分前には到着するようにしましょう。
 スタジオへ入った時にフロントで予約名(自分の名前)と練習開始時間を伝えて使用スタジオの確認をします。
 時間になったらスタジオへ入って練習・・・です。
 入れ替えなどで、前の利用者が時間になっても出てこない場合はスタッフへ伝えて対応してもらいましょう(時間経過に気づかない人も稀にいます)。


5.練習終了
 多くのスタジオは5分前終了(もしくは退出)を呼び掛けています。
 これは練習終了後にスタッフがスタジオの状態を確認したり清掃したりする時間を取る為ですので協力しましょう。
 練習が終わった後は自分の機材の片付けと、移動や変更した物を元に戻します。
 ゴミはゴミ箱へ処分してから退出しましょう。


6.スタジオ退出
 フロントで料金の精算をして退出します。


7.その他注意
 スタジオのスタッフへの挨拶や気遣いは忘れずに・・・今後の付き合いもありますので、お互いに良い印象を持った方が良い環境づくりに繋がります。
 基本的な事ですが、スタジオの設備や機材は乱暴に扱わない。
 もしも機材が壊れた時(シンバル割れやヘッドの破れなど)があった時はスタッフに報告しましょう・・・余程悪質な破損じゃない限り費用の請求は無いです)。


 ・・・・・まぁ、こんな所でしょうかね。


 アチコチのスタジオを使うと会員証がたくさん増えます。
 会員登録が無料な所もたくさんありますので費用節約なら会費無料なスタジオを探しましょう。
 会員登録に身分証や住所の分かるものが必要なスタジオもありますので、登録する際は事前に確認しておきましょう。
 バンド練習も同じような流れです。


 今回は練習内容については全く触れない内容でした(^^;
 文字にすると長いですが、大した事は書いていませんので気軽にスタジオへ足を運んで叩きまくってください。
 

↑ この時はスティック・ペダル・スネア・スプラッシュシンバルとシンバル用のアタッチメントを持ち込みました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。