ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

密かな味方・・・Rods レビュー

 Rods・・・あまり知らないかも知れませんね。
 スティックのように使うんですが、先割れしているヤツです。
 


↑ こういうヤツです。


 使用する主なシーンはボリュームを落とした演奏をしたい時・・・が多いでしょうかね。
 スティックよりも芯の無い音がします。
 アタックも小さめで抜けの音はわずかしか出ません。
 ワイヤーブラシよりは音量が稼げます。


 スタジオ等々での使用回数は少ないです。
 サポートで入ったバンドが新曲を作る時にメンバーが作って来た曲をみんなにお披露目する際に合わせて叩きながらリズムパターンを考える時に便利です。
 例えばギタリストが弾きながら鼻歌でメロディーを伝える時も全然演奏の邪魔にならないんですよ。


 ・・・と言うのは一例で、すごく狭いライブハウスやカフェで演奏する際も必要以上に音量に気を遣わないでプレイできる便利品だったりもします。


 僕はそれ以外に自宅でダブルやトリプルなどのフィンガリングの感覚の練習で使っています。
 跳ね返りが良くて、静かなので重宝しています。


 で! レビューです。



長さ:406㎜
太さ:10.8㎜
材質はバーチ材です。


 軽くて跳ね返りがスゴク良いです。
 ドラムセットで使うと音の軽さに良くも悪くも驚きます。
 部屋で太ももを叩いても痛くないので(^^)便利です。
 長さが一般的なスティックと変わらないので振った感覚も近いです。
 同じサイズで束の1本1本が太いHOT RODSもあります。
 HOT RODSの方が若干音量が稼げます。


・・・・次は・・・・



長さ:381㎜
太さ:13.97㎜
素材はナイロンです。


 これも軽いです。
 竹製の物と比べても重量は変わりません。
 上のCOOL RODSとの違いは素材やサイズ以外に、先端の割れている部分の長さを調整できるところです。
 思い切り割れを長くしてブラシのような使い方もできます(ブラシほど広がりませんが)。


 今日はRODS(ロッズ)レビューでした。
 ↑ の2種類はどちらも今現在持っています。
 主な用途はどちらも変わりません。
 スティックバッグの隙間に余裕があれば持ち歩いています。
 出音が繊細なので下手くそに叩くと思った以上に下手くそに聴こえて泣けてきます(^-^;


 先割れしているとシンバルを叩いた時に折れるのでは?と思いますが、その心配はほぼ有りません。
 余程強く叩くとかシンバルのエッジを垂直にヒットするとかしない限りは折れたりしません。


 スネアを叩く時にオープンリムショットしたら・・・・そんな音が必要な時はスティックを使いますよね。


 使いどころを選ぶアイテムですが、ドラマーなら1セットくらいは持っていても良いと思います。


 レビューとプチおすすめでした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。