ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

ドラム・バンド・音楽・機材そのた雑感をダラダラ書いています。
更新は不定期です。

日本の楽器店の閉塞感・・・楽器業界の閉塞感かも?

 今回は割と真面目な話です。


 バンドをやっている人、楽器を始めたい人、楽器をプレゼントしたい人。
 音楽、楽器が身近な現代で購買層は大分広くなっていると思います。
 自分も楽器やハードウェアの購入とか珍しい楽器が無いかな?って感じで楽器店や通販サイトを覗くことが多いです。


 これだけ世界が近い時代(ネットで簡単に世界中の情報が見知れる時代)になっているにも関わらず、所謂「定番商品」中心な品揃えなのは残念でしかありません。
 店舗販売であれば陳列スペースの都合などで「ある程度」販売商品を絞る必要性は有るでしょうが、通販専門店でも同じような品揃えなのはがっかりです。


 以前海外のドラムフェアの動画を見てすごく興味を持ったスティックがあって調べたところ日本では販売されていないモデルでした。
 そこで市内にある大手楽器チェーンへ行って取り寄せできないか訪ねた事がありました。
 結果から言うと「取り寄せは出来るが難しい」との回答でした。
 スティックのモデル自体は日本国内でも普通に販売されているVic Firthというメーカーのモデルでしたが、ダースどころかグロス(12ダース)単位でしか取り寄せできないとの事。
 試しに使いたいスティックをグロスで購入する人は多分いないでしょう。


 結局、海外の通販サイトで個人で購入するしか入手方法が無いようです。


 個人でわずかな送料を加算して購入できるものがメーカーが同じなのに販売店で取り寄せの手続きが大変て・・・定番以外は店舗利用しない方が買いやすいって事になりませんかね?


 国内の通販では実店舗よりも大抵の商品を安価に購入できる通販サイトもあり、僕も時々お世話になっています。
  
通販なりのリスクはありますが、概ね失敗はないです。
 
 その上、海外製品も購入も個人通販の方が融通が利くとなると販売店て・・・。


 情報とロジスティックが近くて速い時代になっているにも関わらず、国境やメーカー・販売店の壁が厚い矛盾が残念です。
 
  

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。