ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

ドラム・バンド・音楽・機材そのた雑感をダラダラ書いています。
更新は不定期です。

ペダルレビュー : Pearl P2000-B

今日もレビューです。
今日はドラムペダルです。
今日はAmazonのリンクを貼っています。



Pearl の ELIMINATOR シリーズのベルトドライブペダルです。
 今は昔の・・・というか2006年のPearlカタログに載っているので12年前には発売されていたペダルになります・
 後継機の2100や2050へと続く礎になったモデルです。


 チェーンドライブとベルトドライブの2種類が存在していますが、ドライブ方式の違い以外はパワーシフター、インターチェンジャブル・カムなど同じ機能です。
 ※ベルトとチェーンの交換(変更)もできます。


 調整機能が満載でいじり甲斐のあるペダルなのは勿論ですが、カムまで変更できるのは販売当初は相当画期的な製品でした。


<<個人的使用感>>
 本当に便利!調整の幅が広く大きく使いやすさを追求したいドラマーさんには間違いなくお勧めです。
 ベルトドライブを選んだのは「軽さと速さ」です。
 チェーンへの交換もできますので、どちらか?という決定的な選択ではないんですが、初めてスタジオで使ったYAMAHAのペダル(FP-700かFP-720だったと思います)のベルトの感触が好きでベルトを選択しました。
 真円カムを使った時の素直で滑らかな挙動もすきですが、後半は黄カムでダイレクトドライブに近い動作で使用していました。
 ベルトドライブはパワーが伝わりづらいと言われがちですが、今のベルトは強くてしなやかなので寿命もパワーも全然問題なく使えます。


 Gibraltar6711DD-DBを使っている今でも所持しています。


 随分手をかけて調整したので手放せません。
 現在はビーターをPearlのB300F・ベアリングをNinjaへ変更しています。
 セッティングはフットボードをLIGHT(後ろ側)・バネは弱め・フットボードアングルは一番前側にしています。


 すごく軽く踏めて簡単にショットのスピードが出るセッティングです。
 そうなるとビーターの返り(戻り)が悪くなる印象ですが、アタックの反発とビーターの角度で調整しています。
 ビーターの完成度も高いのでしっかりと低音で鳴ってくれます。


 DEMONが大味で合わないと感じている人は試してみると良いです。
 後継機のP2050-CとかP2100-Cは多くの練習スタジオで据え置きペダルで採用されています。
 据え置きなので傷んでいる物も多いですが、ペダルの勉強と割り切って個人練習の時間内で色々なセッティングを試してみると面白いですよ。


 個人的なお勧めはベルトドライブです。
 チェーンよりも少し軽いですよ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。