ドラム日和

ドラム・音楽・楽器を中心にその他諸々書いています。

ドラム・バンド・音楽・機材そのた雑感をダラダラ書いています。
更新は不定期です。

楽器の違い

 少し前の事、ドラ孫が問い合わせてきました。
 「楽器ってどれも同じなの?」と。
 何言ってんだろ?と思って詳しく聞いてみました。


 スネアが欲しくなったらしく最近お小遣いを貯めつつもカタログやネットを見ているのが楽しいらしいです。


 そんなある日、某知恵袋を見ていたらスネア・ペダル(ドラ孫が去年買ってお気に入り)共にモデルによっての大きな違いは無いって書き込みを見つけて疑問に感じたらしい。


 僕は・・・
 まぁそう感じる人もいるでしょうし、そうは思わない人もいるでしょうって考えです。


 僕自身は違いは必ずあると考えています。
 スネア一つとってもヘッド・シェル・フープ・ラグ・スネアワイヤー・他もろもろのパーツに個性があって、その組み合わせで出せる音は無限に近いと思います。
 違ったキットを使って近い音は作り出せるでしょうが、近い個性は明らかに別の個性です。
 あと、好みの音を作りやすい機材は使いやすいです。 
 うるさい人は同じモデルでも音の違いに敏感だったりします。


 そこで思い出したんですが、その昔流行したドラムマシンのLinnのサンプル音が当時TOTOのJeff Porcaro氏の音だと聞き違いしたプロドラマーや音楽プログラマーがJeff本人に「使っているよ!」とか「良い音してるね!」と声を掛けてきたらしい。
 当の本人は心当たりのないその音を聴いて「似てるけど全然違う」と感じたエピソードを雑誌の記者に話したって記事を見ました。


 そんな所だと思います。


 ペダルも然りで、ペダルが変わってもプレイの質や音が変わらないというのも同じ事じゃないでしょうかね。
 あまりシビアな違いってバンド演奏などで他の音にまみれると聴き分けるが困難なのも事実ですし・・・。
 クラシックのスネア担当の人とかは分かるらしいですが。
 
 まぁ公の掲示板(な感じの場所)に書き込むんですから、何らかのデータや経験を基にしているんだとは思いますが、データと言えば質量の違うモノが空気に同じ波長の衝撃を与えるとは考えづらいです。


 ただ、ペダルが違っても器用に色々なフレーズを演奏できる達人もいるんですよね。


 ただね、達人じゃないから自分のパフォーマンスの一助になるであろう機材選択の助言を求めている訳ですよ。
 それを無下に「どれも変わらん!」って一刀両断するのは大人げないと思いませんかね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。